[本文へ] 消費生活・消費者問題に関する事例や対処方法を紹介しています。

現在の位置 : トップページ > 注目情報 > 発表情報 > 犬・猫用ペットフードの安全性に関する相談

[2009年5月14日:公表]

犬・猫用ペットフードの安全性に関する相談

 最近はペットが家族の一員となり、ペットフードの安全性についての国民的関心は高い。昨年「愛がん動物用飼料の安全性の確保に関する法律」(※1)が制定され、今年6月より施行される。それにより、犬・猫用のペットフードに関しては、国が基準・規格を定め、表示義務や検査体制の整備を行う。PIO-NET(全国消費生活情報ネットワーク・システム)にも、「ペットフードを食べてペットの具合が悪くなった」、「腐敗していた」、「異物が混入していた」等、毎年多くの苦情が寄せられている。そこで、犬・猫用ペットフードの安全・衛生及び品質に関する消費生活相談の傾向をまとめた。

(※1)参考「愛がん動物用飼料の安全性の確保に関する法律」に関連する情報
環境省 自然環境局 総務課 動物愛護管理室
農林水産省 消費・安全局 畜水産安全管理課

相談等

犬・猫用ペットフードの相談件数

 PIO-NETには、2004年度から2008年度の間に犬・猫用ペットフードの安全・衛生及び品質に関する相談が552件寄せられている。犬・猫用以外のものを含めたペットフード全体の相談は947件、そのうち安全・衛生及び品質に関する相談は613件であり、9割を犬・猫用が占めることになる(2009年4月30日までの登録)。

相談事例

【事例1】
 キャットフードを食べた飼い猫が、3匹とも食べた直後に嘔吐し始めた。急いで獣医に診てもらい入院したが、1匹は死んだ。獣医は、3匹とも一緒に嘔吐し始め、また、同じ症状なら、直前に食べたキャットフードが原因の可能性があるという。

(相談年月:2007年9月)

【事例2】
 アメリカ製のドッグフードを5、6年前から食べさせていた犬が腎臓結石になった。メラミンが混入していたのではないかと不安である。

(相談年月:2008年10月)



相談事例に見られるペットフードの問題点

  1. (1)飼い主はペットフードの品質に関心が高く、人間の食品と同じくらいの安全性を 求めている
  2. (2)安全性や品質については法律である程度確保されるが、個人が相談したり調査を依頼できる体制はこれからの課題
  3. (3)ペットフードがペットの体質に合っていなかったり、与え方が正しくないと体調不良を引き起こす


消費者へのアドバイス

  1. (1)かかりつけの獣医師を持って普段からペットの健康管理をしよう
  2. (2)ペットフードでペットの具合が悪くなったおそれがあるときは、獣医師に診てもらうこと
  3. (3)困ったときは最寄りの消費生活センターへ相談を


情報提供先

内閣府 国民生活局 総務課 国民生活情報室
環境省 自然環境局 総務課 動物愛護管理室
農林水産省 消費・安全局 畜水産安全管理課
社団法人日本獣医師会
一般社団法人ペットフード協会




本件連絡先 相談部危害情報室
ご相談は、お住まいの自治体の消費生活センター等にお問い合わせください。

※[PDF形式]で作成した文書を開くにはAdobe Readerが必要となります。PDF形式の閲覧方法について


発表情報トップページへ

ページトップへ