[本文へ] 消費生活・消費者問題に関する事例や対処方法を紹介しています。

現在の位置 : トップページ > 注目情報 > 発表情報 > 今月の商品テスト実施状況(2009年2月分)

[2009年4月9日:公表]

今月の商品テスト実施状況(2009年2月分)

 2009年2月の商品テストは、PIO-NET(全国消費生活情報ネットワーク・システム)に寄せられた苦情相談等の中から、製品事故や品質・表示などの問題による消費者被害の発生や拡大を防止するために9件実施した。これらの中で「電気アイロンによる子どものやけど事故を減らすために」「注意!圧力鍋の蓋が飛んでやけど」については、資料を作成し消費者に広く情報提供を行った。

 商品テストの累計実施件数は75件となった。


商品テスト実施状況

商品テスト実施件数
(( )内は実施件数のうち消費生活センター等の依頼による件数)
商品分類 食料品 住居品 光熱水品 被服品 保健衛生品 教養娯楽品 車両・乗り物 土地・建物・設備
商品テスト実施件数 0 (0) 3 (2) 1 (1) 0 (0) 2 (2) 2 (2) 1 (1) 0 (0) 9 (8)
当月までの累計件数 5 (2) 35 (28) 1 (1) 5 (4) 9 (8) 11 (10) 8 (5) 1 (0) 75 (58)

テスト結果の概要

電気アイロンによる子どものやけど事故を減らすために(報道発表)

経緯及びテスト依頼内容

子どものやけど事故を減らすために、使用後のアイロンがどのくらいの時間までやけどをする状態なのか、また、やけど防止の対策としてどのような構造や表示などが考えられるのかを調べた。

テスト結果の概要

アイロンの電源を切った後、45℃まで下がるのにコードレスが74〜103分、コード式でも39〜68分かかり、長い時間冷めないこともやけど事故の要因と考えられる。スタンド付の銘柄の中には、高温になるかけ面の露出を小さくし触れにくくしたものもある。使用後、アイロンのかけ面をスタンドに固定し、転倒しても高温となったかけ面が露出しないようロック機能を備えたものもある。コードレスは収納ケース付があり、使用後にアイロンに被せたケースの表面は比較的低い温度なのでやけど防止に有効と考えられる。

注意!圧力鍋の蓋が飛んでやけど(報道発表)

経緯及びテスト依頼内容

調理後、圧力鍋の蓋が音とともに飛び、中身が飛散して60歳代の女性が顔に1カ月以上のやけどを負う事故が発生したため、事故の原因を調べた。

テスト結果の概要

事故品は内圧が高いときに蓋が開かないようにする蓋ロックレバーの引っかかりが浅いため、取っ手に力を加えると蓋が開いてしまう構造であった。また、内圧が高いことを示すロックピンが短く作動状態を確認しにくい構造でもあった。なお、2007年4月製の事故同型品には、以上の問題点は確認されなかった。

商品名:ミキサー

経緯及びテスト依頼内容

お茶を砕こうとミル付ミキサーの部品を交換しようとしたときに、安全装置があるにもかかわらず急に刃が回り出し、左手親指、人差し指、中指を切った。刃が回り出した原因を調べてほしい。

テスト結果の概要

今回の事故は、カッター(刃)が露出した状態となる台座のみを装着しスイッチを入れたことが直接の原因である。台座に「カッターや、回転部を露出したまま運転しないでください。」と警告表示があるものの、「ボトルを取り付けないと動作しない安全設計」という箱の記載は、台座の上のボトル(容器)を外せば安全と誤認させかねない表示であった。また、苦情品が参考品のように容器と台座が一体となった構造など、カッターが露出した状態で作動しない構造であれば、今回の事故は防止できたと考えられる。

商品名:ガソリン

経緯及びテスト依頼内容

セルフ給油所でハイオクガソリンを自動車に入れたところ、エンジンのかかりが悪くなった。別の給油所でガソリンを入れると問題がない。ガソリンの品質に問題がないか調べてほしい。

テスト結果の概要

「揮発油等の品質の確保等に関する法律」に準じた品質試験(10項目)の結果、苦情品は1項目が規格を若干外れていたが、給油前の自動車に入っていたガソリンとの混合物と考えられることから、セルフ給油所のガソリンの品質に問題があったかは不明である。なお、別途同セルフ給油所から購入したガソリンは全ての項目で規格を満たしており問題なかった。

商品名:スキンローション

経緯及びテスト依頼内容

通販でスキンローションを購入した。顔や全身に毎日使ったところ、数日後に手の湿疹やかゆみが改善された。効果が目覚しいので医薬品成分のステロイドが含まれていないか調べてほしい。

テスト結果の概要

苦情品について、液体の医薬品等に配合されることのある吉草酸ベタメタゾン、酢酸ヒドロコルチゾン、ジプロピオン酸ベタメタゾン、デキサメタゾン、ヒドロコルチゾン、フルオシノニド、プロピオン酸クロベタゾールの7種のステロイド成分が含まれていないかを調べたところ、ステロイド成分は検出されなかった。

商品名:かみそり

経緯及びテスト依頼内容

かみそりの替刃カートリッジを交換して2回目の使用時に顔の4個所が切れた。刃を支えるカートリッジのプラスチック部分が破損したために、刃がむき出しになり切れたものと思われる。プラスチック部分が破損した原因を調べてほしい。

テスト結果の概要

テストした結果、苦情品のような破損は再現しなかった。今回の事故は、何らかの影響で替刃カートリッジのプラスチック部分に亀裂が生じ、ひげそり中の継続的な力によってその亀裂が成長し、破損に至ったものと考えられる。なお、事故は替刃カートリッジを交換して2回目の使用で起こっていることから、苦情品は未使用の段階で既に亀裂などの不具合があった可能性も考えられる。

商品名:携帯電話機用ACアダプター、テーブルタップ

経緯及びテスト依頼内容

携帯電話機を充電するために、ACアダプターをテーブルタップ(6口)に差し込んだら、火花が出てACアダプターの金属部の根元とテーブルタップの差込口が焦げた。焦げた原因を調べてほしい。

テスト結果の概要

苦情品(ACアダプター、テーブルタップ)の動作確認の結果、異常がみられず、支障なく使用可能であった。また、苦情品(ACアダプター)の差込刃に短絡痕が見られること、短絡の再現テストを行ったときの変色の状況が苦情品と類似していることから、苦情品が焦げた原因はACアダプターの差込刃が何らかの導電性のある異物で短絡したためと考えられる。

商品名:ペットフード

経緯及びテスト依頼内容

今回初めて購入したペットフードを飼い犬に食べさせたところ、激しい下痢と嘔吐で3週間入院した。商品に問題がないか調べてほしい。

テスト結果の概要

犬の体調不良の原因として考えられるペットフードの衛生性(一般細菌数、大腸菌等)、油脂の劣化(過酸化物価等)を中心に調べたが、特に問題となる点はみられなかった。

商品名:自転車用補助椅子

経緯及びテスト依頼内容

自転車の信号待ちの後に発進したところ、荷台がなくても取り付けられる自転車用補助椅子が突然外れ、子供が椅子ごと転落し頭を打った。危険なので自転車用補助椅子が自転車から外れた原因を調べてほしい。

テスト結果の概要

苦情品が脱落した原因は、自転車に固定する金具が破断したためである。金具の断面積が小さいことによる強度不足や、ワッシャを使用せずにナットのみで固定したことにより徐々に破断に至ったと考えられる。



発表情報トップページへ

ページトップへ