[本文へ] 消費生活・消費者問題に関する事例や対処方法を紹介しています。

現在の位置 : トップページ > 注目情報 > 発表情報 > 注意!圧力鍋の蓋が飛んでやけど

[2009年2月19日:公表]

注意!圧力鍋の蓋が飛んでやけど

 調理後、圧力鍋の蓋が音とともに飛び、中身が飛散して60歳代の女性が顔に1ヵ月以上のやけどを負う事故が発生した。事故の原因を調査した結果、構造上の問題が認められたことから、事故の再発を防止するため情報提供する。


事故事例

 「圧力鍋に2人用のシチューの材料を入れ、ガス台にかけた。圧力がかかった後、数分後火を止めた。しばらくして蓋を開けようとしたが、開かなかったので流し台に鍋を運び、上から水をかけたところ大きな音とともに鍋の蓋が飛んで中身が飛散し、顔に1ヵ月以上のやけどを負った。」

(事故発生年月:2008年11月、受傷者:60歳代 女性、南関東)



事故品の概要

 圧力鍋は、消費生活用製品安全法の特定製品であり、事故品にもPSCマークの表示があった。事故品は直径16cmのアルミ製の圧力鍋で、取っ手を円周方向に回すと蓋が外れる構造で、気密性を保つため蓋の内側にはパッキンが取付けられていた(写真1)。

事故品の概要

銘柄名・型式
アルミ圧力鍋16cm・NK-AL16
満水容量
2.2L
製造販売元
株式会社カクセー
〒959-1277
新潟県燕市物流センター2丁目15番地
0120−637271
製造
2004年11月
その他
MADE IN CHINA
PSCマーク・SGマーク

写真1.事故品の外観等
a)事故品の外観
事故品の外観の写真

b)鍋底の刻印(製造年月)
2004年11月と読める鍋底の刻印の写真。

テスト結果

  1. (1)事故品は内圧が高いときに蓋が開かないようにする蓋ロックレバーの引っかかりが浅いため、取っ手に力を加えると蓋が開いてしまう構造である。
  2. (2)内圧が高いことを示すロックピンが短く作動状態を確認しにくい構造である。
    (なお、2007年4月製の事故同型品には、以上の問題点は確認されなかった。)


消費者へのアドバイス

 PIO-NET(全国消費生活情報ネットワーク・システム)には、事故品と同じ型式の圧力鍋の危害・危険事例はないものの(2009年1月末現在)、(株)カクセーの2004年11月と鍋底に刻印された圧力鍋(NK-AL16)は、テスト結果のとおり、蓋ロックピンや蓋ロックレバーの構造に問題があるため、内圧が高いことがわかりにくく、また、内圧が高い状態で蓋を開けようとすると蓋が外れて中身が飛散し、やけどを負うおそれがあるので使用を見合わせること。



事業者の対応

 事業者から以下の対応を行うと回答があった。

 「2004年11月製造ロットは構造上に問題があり、また事故品だけでなく、ロット全数に問題がある様な内容ですが、当社は国の基準による検査を受け合格したのちに輸入をしております。この検査は6ヶ月毎に受けて合格しております。入荷の際は毎回SG認定検査を受け合格しております。さらに全数検品をし、安全基準に適合したものにSGシールを付して販売しております。当社には事故品と同じ型式の圧力鍋の事故事例がないことから、構造上の問題があったのは事故品のみで、他のものに関しては正常品と認識しております。安全に使用して頂くためにホームページ上に「安全な圧力鍋使用方法」を掲載しております。安全な使用方法に従ってご使用いただければ安心してご使用できます。このように説明するとともに注意喚起を致します。

 この件についての問い合わせに関しては、メール、フリーコールで対応致します。

ホームページアドレス
http://www.kakusee.co.jp
メールアドレス
kakusee@tsubame.or.jp
フリーコール
0120−63−7271

 受付時間:平日(月曜日〜金曜日)午前9時〜午後5時」



情報提供先

内閣府 国民生活局 総務課国民生活情報室
経済産業省 商務流通グループ 消費経済政策課
経済産業省 商務流通グループ 製品安全課



動画

※大きな音がします。視聴に際して、ご注意ください。




本件連絡先 商品テスト部
電話 042-758-3165

※[PDF形式]で作成した文書を開くにはAdobe Readerが必要となります。PDF形式の閲覧方法について


発表情報トップページへ

ページトップへ