[本文へ] 消費生活・消費者問題に関する事例や対処方法を紹介しています。

現在の位置 : トップページ > 注目情報 > 発表情報 > 防水加工の電気カーペットが“水ぬれ”で発火

[2009年2月19日:公表]

防水加工の電気カーペットが“水ぬれ”で発火

 購入して間もない電気カーペットから発火し、床が焦げたとの情報が寄せられた。電気カーペットの発火事故は火災に繋がる危険があるため、事故原因等を調べた。


事故事例

 居間で使用していた防水加工の電気カーペットから出火し、上敷きのじゅうたんや床を焦がした。この電気カーペットは、1年前の冬に、室内で犬を飼っているが大丈夫かと販売店に相談して購入した。ところが購入後すぐに発煙し、販売店を通じて同じ商品の新品と交換されたものである。その後使用していなかったが、最近寒かったので使っていた。早朝にコントローラーから30cmほど炎が上がった。すぐ気がついたので火災には至らなかった。

(事故発生年月:2009年1月 50歳代 女性 給与生活者 静岡県)



事故の調査概要

 メーカーの報告によると、今回の発火の原因は、カーペットに汚水がかかる環境で使用していたため、コントローラーに汚水がかかったことによると思われるとのことであった。当該事故品はコネクター部がはずせる構造のため、そこに水分が入り込んだことによる。

 メーカーはこの時点でカーペットにかかった汚水の分析まではしていないが、事故品のカーペット全体から尿の臭いがしていたことを確認している。したがって、犬が飼い主の知らぬ間に粗相をした可能性があった(メーカーは改めて原因の詳細を調査中)。



問題点

  1. (1)“防水加工”でもコントローラーは防水ではなかった
  2. (2)“防水”という言葉に対するメーカーと消費者のイメージに乖離がある
  3. (3)販売店が正確な知識を有していなかった
  4. (4)原因究明と消費者への啓発は重要


業界への要望

  1. (1)まず、コントローラーにも防水機能を持たせるような製品開発を望む
  2. (2)取扱説明書やコントローラーにコントローラーは防水ではない旨を明記してほしい
  3. (3)販売店も正確な知識を持って消費者へ接してほしい
  4. (4)メーカーは原因究明と消費者へのアドバイスを積極的に行ってほしい


消費者への注意

 防水をうたった製品でもコントローラーは水ぬれ禁止である。取扱説明書をよく読んで使用すること。特に、犬や猫を室内で飼っている場合や台所で使用する場合は、水分をこぼしたりする場合が多いので気をつける。



情報提供先

内閣府 国民生活局 総務課 国民生活情報室
経済産業省 商務流通グループ 製品安全課




本件連絡先 商品テスト部危害情報室
ご相談は、お住まいの自治体の消費生活センター等にお問い合わせください。

※[PDF形式]で作成した文書を開くにはAdobe Readerが必要となります。PDF形式の閲覧方法について


発表情報トップページへ

ページトップへ