[本文へ] 消費生活・消費者問題に関する事例や対処方法を紹介しています。

現在の位置 : トップページ > 注目情報 > 発表情報 > 店舗のトイレで幼児が手洗い時にやけど−貯湯式電気温水器から高温の湯が!−

[2009年1月8日:公表]

店舗のトイレで幼児が手洗い時にやけど
−貯湯式(ちょとうしき)電気温水器から高温の湯が!−

事故事例

 両親に連れられてワインの専門店に買い物に来ていた2歳11ヶ月の男児がトイレを使用した。父親が男児を抱きかかえて混合水栓のレバーを上げたところ、手を差し出していた男児が「イタイ!」と叫んだため、父親が確かめると高温の湯が出ていた。男児は両手に2度のやけどを負った。混合水栓のレバーには、どちら側に回せば湯が出るのかの表示がなかった。トイレの洗面台からこのような高温の湯が出るのは危険だ。

(事故発生年月:2008年12月、受傷者:2歳11ヶ月 男児、東京都)


  1.  製造者:TOTO株式会社
  2.  製品名:湯ぽっと12(小型電気温水器)
  3.  型式:RE12SA(N)

 事故同型品は1995年〜2002年まで販売を行い、計8万8,000台が出荷されたが、このうちどれぐらいが公衆出入場所に設置されているのかは不明である。なお、現在は設定温度が60℃若しくは85℃のいずれかを選べる製品を製造・販売し、85℃のみの製品は製造中止になっている。



問題点

  1. (1)事故後、メーカーは、事故が起きた電気温水器に設定温度を42℃に変更する部品を取り付け、表示が消えていた湯水混合水栓を取り替えた。 しかし、メーカーは、
     1.公衆出入場所に住宅用の電気温水器が使われていた
     2.混合水栓の表示が消えているなど、施設管理上の不備があった
     3.保護者が湯温を確認しなかったなど、不注意が見受けられる
    ことから、製品側には問題がないと判断し、現在、事故同型品を使用している施設等への対応策を取ろうとしていないこと。
  2. (2)当該店舗は、客や従業員から高温の湯が出るという指摘を受け、トイレ入り口および洗面台近くに、高温の湯が出る旨の注意書きを貼付していたが、製品を交換するなどの抜本的な対策を講じなかったことはもとより、メーカーへの問い合わせ等すらしていなかったこと。
  3. (3)事故品と同タイプの貯湯式電気温水器を製造・販売しているメーカー数社に確認したところ、設置場所、設定温度、使用している水栓等の実態は把握していないこと。


事業者への要望

メーカーに望むこと

 メーカーは、公衆出入場所には高温の湯が出ないタイプの製品の設置を、関係事業者に徹底するべきである。

 また、製品の取扱説明書には湯温への注意等が記載されていることが一般的だが、本件事故を受けて、メーカーは公衆出入場所の管理事業者に対し、改めて貯湯式電気温水器の安全点検を呼びかけるべきである。

公衆出入場所の管理事業者に望むこと

 事故同型品に限らず、貯湯式電気温水器を使用している公衆出入場所の管理事業者は下記の点について対応すべきである。

  • 給湯設備のタイプを確認すること。
  • 貯湯式電気温水器を使用している施設では設定温度を確認し、危険のない温度にすること。設定温度を下げられない場合、メーカーや施工業者に相談すること。
  • 湯水混合水栓のタイプによっては高温が出る場合があるので、やけど防止のため、高温が出ないようなタイプの水栓に換えること。


消費者へのアドバイス

湯が出る給水設備は便利であるが、湯温に注意して使用すること。




本件連絡先 商品テスト部危害情報室
ご相談は、お住まいの自治体の消費生活センター等にお問い合わせください。

※[PDF形式]で作成した文書を開くにはAdobe Readerが必要となります。PDF形式の閲覧方法について


発表情報トップページへ

ページトップへ