独立行政法人国民生活センター

検索メニュー

×閉じる

現在の位置:トップページ > 注目情報 > 発表情報 > 今月の商品テスト実施状況(2008年10月分)

ここから本文
[2008年12月4日:公表]

今月の商品テスト実施状況(2008年10月分)

 2008年10月の商品テストは、PIO-NET(全国消費生活情報ネットワーク・システム)に寄せられた苦情相談等の中から、製品事故や品質・表示などの問題による消費者被害の発生や拡大を防止するために4件実施した。これらの中で「子どもを守れるのか!!防犯ブザーの故障が多発!」「木製ベッドから発生する化学物質等」については、資料を作成し消費者に広く情報提供を行った。

 商品テストの累計実施件数は52件となった。

商品テスト実施状況

商品テスト実施件数
(( )内は実施件数のうち消費生活センター等の依頼による件数)
商品分類 食料品 住居品 光熱水品 被服品 保健衛生品 教養娯楽品 車両・乗り物 土地・建物・設備
商品テスト実施件数 0 (0) 2 (0) 0 (0) 1 (1) 1 (1) 0 (0) 0 (0) 0 (0) 4 (2)
当月までの累計件数 2 (0) 27 (23) 0 (0) 4 (4) 5 (4) 8 (7) 5 (4) 1 (0) 52 (42)

テスト結果の概要

商品名:子どもを守れるのか!!防犯ブザーの故障が多発!(記者公表)

経緯及びテスト依頼内容

(財)全国防犯協会連合会の優良防犯ブザーのうち8銘柄について、落下衝撃でブザーが鳴らなくなったりしないかテストを行った。

テスト結果の概要

購入時点でブザーが鳴らない等の初期故障はなかったが、1mの高さから6回落下させるまでに、全銘柄ともブザーが鳴らなくなる等の故障が生じた。

商品名:木製ベッドから発生する化学物質等(記者公表)

経緯及びテスト依頼内容

比較的安価な(50,000円以下)組立て式木製ベッド(引き出し付、マットレスなし)7銘柄について、室内空気中のホルムアルデヒド等の濃度が高くないか、表示に問題がないかテストを行った。

テスト結果の概要

設置1日後に、3銘柄のホルムアルデヒド濃度が室内濃度指針値を超え、3日後も大きく減少することはなかった。うち1銘柄は指針値の7倍以上で推移した。

商品名:傘

経緯及びテスト依頼内容

購入した傘から強烈な異臭がする。そのにおいで頭痛と舌のしびれを感じた。においの原因を調べてほしい。

テスト結果の概要

苦情品から薬品のようなにおいが感じられたが、様々な成分が混合していたため、におい成分を特定することは困難であった。しかし、検出された揮発性有機化合物はトルエン、ノナナールなどで、高濃度になると目や鼻などの粘膜に対して刺激性がある物質である。

商品名:蚊取線香と線香皿

経緯及びテスト依頼内容

購入した蚊取線香を今まで通りに線香皿に入れて使用したところ、線香皿に敷いていたじゅうたんがくっつき畳が焦げた。焦げた原因を調べてほしい。

テスト結果の概要

再現テストでは、じゅうたんが溶けたり焦げたりすることはなかった。しかし、線香皿の蓋の黒い付着物が炭化していたことから、例えば、線香皿から炎が噴き出すような急激な燃焼があったものと考えられる。線香皿の中の可燃物は、蚊取線香と蓋に付着したヤニしかないことから、炭化する前のヤニが熱で溶けて垂れ落ち、蚊取線香の火が燃え移ったことも考えられる。