[本文へ] 消費生活・消費者問題に関する事例や対処方法を紹介しています。

現在の位置 : トップページ > 注目情報 > 発表情報 > 今月の商品テスト実施状況(2008年8月分)

[2008年10月9日:公表]

今月の商品テスト実施状況(2008年8月分)

 2008(平成20)年8月の商品テストは、PIO-NET(全国消費生活情報ネットワーク・システム)に寄せられた苦情相談等の中から、製品事故や品質・表示などの問題による消費者被害の発生や拡大を防止するために8件実施した。これらの中で「関節に良いとされる成分を含む『健康食品』」「『磁気活水器』のトリハロメタン等の除去効果について」は、資料を作成し消費者に広く情報提供を行った。

 商品テストの累計実施件数は42件となった。


商品テスト実施状況

商品テスト実施件数
(( )内は実施件数のうち消費生活センター等の依頼による件数)
商品分類 食料品 住居品 光熱水品 被服品 保健衛生品 教養娯楽品 車両・乗り物 土地・建物・設備
商品テスト実施件数 1 (0) 5 (4) 0 (0) 0 (0) 0 (0) 2 (2) 0 (0) 0 (0) 8 (6)
当月までの累計件数 1 (0) 22 (21) 0 (0) 3 (3) 4 (3) 8 (7) 3 (2) 1 (0) 42 (36)

テスト結果の概要

商品名:関節に良いとされる成分を含む「健康食品」(記者公表)

経緯及びテスト依頼内容

関節に良いとされる、コンドロイチン硫酸及びグルコサミンを含む「健康食品」について、成分の含有量や胃の中での溶けやすさ、表示の調査等のテストを行った。

テスト結果の概要

コンドロイチン硫酸量が表示されていた銘柄は、表示量に比べて実際の含有量が大幅に少なかった。また、表示されていない陸生哺乳動物由来の原材料を含む可能性が高くJAS法上問題があると考えられる銘柄、胃の中で溶けにくいと考えられる銘柄等もあった。

商品名:「磁気活水器」のトリハロメタン等の除去効果について(記者公表)

経緯及びテスト依頼内容

トリハロメタン等の除去に関してインターネット通信販売の広告等でうたっている蛇口取付型(3銘柄)と元管型(水道管に直に取り付けるタイプ:3銘柄)を対象にこれらの除去性能等を調べた。

テスト結果の概要

トリハロメタンや残留塩素の除去性能を調べた結果、いずれも効果がなく消費者の誤認を招く表示であった。

商品名:卓上ガスコンロ

経緯及びテスト依頼内容

卓上ガスコンロの五徳を、初めて洗浄しようと裏返したときに、縁で左親指を2針縫うけがをした。縁の仕上げ等に問題がないか調べてほしい。

テスト結果の概要

苦情品の五徳は汁受けと一体になっている構造であった。苦情品の汁受けの縁には突起(バリ)があり、 玩具安全基準ST-2002の中の「鋭い金属製およびガラス製縁部」の試験方法により、汁受けの縁の鋭さを調べたところ、「鋭い縁部」と判定される個所があった。使用中に怪我をする可能性があり、縁の仕上げに問題があった。

商品名:折りたたみ式物干し器

経緯及びテスト依頼内容

10年程前に購入した折りたたみ式物干し器を、完全に開かずに立たせておいたところ、1歳半の幼児が倒し、その際に幼児とともに転倒、折りたたむところで右手人差し指が挟まり、皮一枚を残して切断しかかった。折りたたみ式物干し器の構造に問題がないか調べてほしい。

テスト結果の概要

苦情品は主に金属製のパイプが18個所で交差して容易に折りたたまれる構造で、幼児でも転倒できるものと考えられる。また、幼児が手指を挟んだと思われる部位に、模擬指を挟んで折りたたむように転倒させると、その衝撃で局所的に力が加わり大きな凹変形を生じたことから、苦情品は構造に問題があると考えられる。

商品名:はしご(脚立兼用)

経緯及びテスト依頼内容

雪下ろしをしようと、4カ月前に購入したはしごで屋根に登ろうとした時、はしごが折れ転落し、圧迫骨折した。商品に問題がないか調べてほしい。

テスト結果の概要

苦情品の支柱は事故時に一気に破断(延性破壊)したものと推測されるが、破断部には事故以前からの亀裂や疲労痕等は認められなかったこと、苦情同型品と板厚及び材質、硬度にほとんど差異はないこと、苦情同型品による支柱の強度テストでは十分な強度を有していたことから、苦情品の支柱の強度に問題があったとは考えにくい。

商品名:防犯ブザー

経緯及びテスト依頼内容

小学生が使用している防犯ブザーで音が鳴らないなどの故障が数多く発生している。故障の原因を調べてほしい。

テスト結果の概要

苦情品(10個)は、いずれもアラームが鳴らなかった。苦情品は、(財)全国防犯協会連合会 優良防犯ブザー推奨品であった。苦情同型品で落下強度試験を行ったところ、落下でアラームが鳴らなくなり、推奨基準を満たしていなかった。故障原因は、配線のハンダ付け不良や基板とコイルとの固定が不十分なため、落下等の衝撃により断線が生じたためと考えられる。

商品名:室内用すべり台

経緯及びテスト依頼内容

2歳の男児が室内用すべり台のスロープ部分中央部を直角に折りたたんだ状態で、その上に乗って遊んでいたところ、はずみでスロープ部分がまっすぐに戻り、左手人差し指の爪先が挟まり指先を切断した。すべり台の構造に問題がないか調べてほしい。

テスト結果の概要

苦情品はすべり台をまっすぐに固定する爪が磨耗し、子供でも容易に折りたためる状態となっていた。折りたたみ時に生じるすき間に指を挟むと50kgf以上の力が加わり、危険なことから構造上問題であった。なお、苦情同型品には、苦情品には装着されていない折りたたみを防止する「安全ロック」が追加装着されていた。

商品名:ドッグフード

経緯及びテスト依頼内容

ドッグフードを飼い犬3頭に与えていたら、3頭とも非常に体調が悪くなり、低カリウム症を起こした。獣医からドッグフードが原因ではないかといわれたので調べてほしい。

テスト結果の概要

苦情品からは、メラミンとシアヌル酸、グリチルリチン等、腎不全や低カリウム症など犬の体調不良を引き起こすと考えられる成分は検出されなかった。また、使用されている添加物(プロピレングリコールやソルビン酸など)は、食品衛生法または飼料安全法で指定されたものであり、安全性や毒性試験の評価結果と比較しても、犬の体調を崩させるようなものではないと考えられる。



発表情報トップページへ

ページトップへ