[本文へ] 消費生活・消費者問題に関する事例や対処方法を紹介しています。

現在の位置 : トップページ > 注目情報 > 発表情報 > オーブン機能付電子レンジのカラ焼き等により小鳥が死亡−対策を講じた上で出荷するようメーカーに要望−

[2008年5月8日:公表]

オーブン機能付電子レンジのカラ焼き等により小鳥が死亡
−対策を講じた上で出荷するようメーカーに要望−

 オーブン機能付電子レンジとは、電子レンジにオーブンレンジ機能の付いたタイプの調理用電気製品であり、広く一般に販売されている。

 PIO-NETに「新しく購入したオーブン機能付電子レンジを使用したところ、飼っていたインコ2羽が死亡した」との苦情が寄せられた。この他、同様の苦情が1件発生している。小鳥の死亡原因の特定は難しいが、苦情の状況等からカラ焼き時または初回使用時に何らかの有害なガスが発生した可能性が考えられる。

 カラ焼きは、オーブン機能付電子レンジを初めて使用する際に庫内に付着している油を焼き切ったり、脱臭させるために行うものであり、消費者にカラ焼きを行うよう取扱説明書に記載しているメーカーが多い。

 古来、小鳥は毒ガス検知として用いられることが多く、人間を“先導”してきた。人間に悪影響を与えないということが明らかにされていないにもかかわらず、カラ焼きを消費者に行うよう求めているメーカーの姿勢は問題である。消費者に危険を負担させるのではなく、メーカー側でカラ焼きを行った上で出荷すれば、消費者が使用する際に何らかの有害なガスが発生する可能性は低くなると考えられる。

 国民生活センターが代表的な複数のメーカーにヒアリングしたところ、消費者にカラ焼きを行うよう求めているメーカーが多数を占める一方、不要としているメーカーがあることなどがわかった。そこで、事故の未然防止・拡大防止のため、メーカー側で対策を講じた上で出荷するよう、業界への要望を行う。


寄せられた苦情の概要

 2007年12月下旬、新しくオーブン機能付電子レンジを購入した。カラ焼き後、1日置いてから初めてオーブン機能を使用したところ、飼っていたインコ2羽が死んだ。インコが死んだ原因もはっきりせず、怖くてオーブン機能付電子レンジを使用できない。



メーカーへのヒアリング結果

 当センターがオーブン機能付電子レンジを販売している代表的な複数のメーカーにヒアリングしたところ、(1)メーカー側で対策を講じているため、消費者のカラ焼きは不要とするメーカー、(2)工場でカラ焼きを行った上で出荷しているが、再度消費者にカラ焼きを求めているメーカー、(3)工場ではカラ焼きを行わず、消費者にカラ焼きを求めているメーカーがあり、メーカーにより大きな違いが見受けられた。



問題点

 消費者基本法第5条には、事業者は消費者の安全を確保することが責務として規定されており、メーカーが可能な限り安全な状態で消費者に商品を供給することは当然であるが、カラ焼きに着目してヒアリングした結果ではメーカー間に大きな違いが見られた。

 苦情の状況等からカラ焼き時または初回使用時に何らかの有害なガスが発生した可能性が考えられる以上、カラ焼きを消費者に行うよう求めているメーカーの姿勢には問題がある。メーカーにおいては、小鳥が死亡した原因が何だったのか、それは人間、特に乳幼児に悪影響を与える可能性はないのか等を調査し、安全性を向上させるべきである。



消費者へのアドバイス

 カラ焼き時など、調理を行う際には換気を良くし、小鳥などの小動物は別の部屋に移すこと。




本件連絡先 商品テスト部危害情報室
ご相談は、お住まいの自治体の消費生活センター等にお問い合わせください。

※[PDF形式]で作成した文書を開くにはAdobe Readerが必要となります。PDF形式の閲覧方法について


発表情報トップページへ

ページトップへ