[本文へ] 消費生活・消費者問題に関する事例や対処方法を紹介しています。

現在の位置 : トップページ > 注目情報 > 発表情報 > 今月の原因究明テスト実施状況(2008年2月分)

[2008年4月10日:公表]

今月の原因究明テスト実施状況(2008年2月分)

 2008(平成20)年2月の原因究明テストの受入件数は7件であった。受け入れの7件は、すべて消費生活センター及び行政機関から依頼のものであった。商品分類別の内訳は、住居品4件、教養娯楽品3件である。今年度の受入件数の累計は54件となった。

 テストを実施し回答した件数は6件であった。実施・回答した6件は、国民生活センター各部から依頼のもの1件、消費生活センター及び行政機関から依頼のもの5件であった。商品分類別の内訳は、住居品2件、教養娯楽品3件、土地・建物・設備1件である。今年度の実施件数の累計は52件となった。


テスト受入状況

テスト受入件数(( )内は年度累計件数)
商品分類 食料品 住居品 光熱
水品
被服品 保健
衛生品
教養
娯楽品
車両・
乗り物
土地・
建物・
設備
国民生活センター 0 (1) 0 (4) 0 (1) 0 (0) 0 (1) 0 (2) 0 (2) 0 (0) 0 (11)
消費生活センターおよび行政機関 0 (0) 4 (21) 0 (0) 0 (0) 0 (2) 3 (15) 0 (4) 0 (1) 7 (43)
その他 0 (0) 0 (0) 0 (0) 0 (0) 0 (0) 0 (0) 0 (0) 0 (0) 0 (0)
0 (1) 4 (25) 0 (1) 0 (0) 0 (3) 3 (17) 0 (6) 0 (1) 7 (54)

テスト受入商品等

商品名:電気ジャーポット

経緯及びテスト依頼内容

4年前に購入した電気ジャーポットの蒸気孔が劣化し、中のお湯に粉が浮いている。害がないかどうか調べてほしい。

商品名:土鍋

経緯及びテスト依頼内容

土鍋の縁から白い泡が吹き出て黒くなる。今までに土鍋を使用して、このような現象になったのは初めてである。鉛等が溶け出したりしてないか調べてほしい。

商品名:二段ベッド

経緯及びテスト依頼内容

組み立て式のスチール製二段ベッドのはしごを登った途端、はしごを本体に引っ掛ける爪の部分が折れ、子供が落下した。軽い打撲で済んだが、商品に問題がないか調べてほしい。

商品名:椅子兼用の折りたたみ式踏み台

経緯及びテスト依頼内容

台所で椅子兼用の折りたたみ式踏み台に乗ったところ、折りたたまれて落下し怪我をした。商品に問題がないか調べてほしい。

商品名:携帯電話機

経緯及びテスト依頼内容

5カ月前に購入した携帯電話機の充電ができなくなり、修理に出したところ、基板の腐食が原因で保証対象外と言われた。腐食した原因を調べてほしい。

商品名:携帯電話機

経緯及びテスト依頼内容

携帯電話機を就寝前に机の上に置き充電していたところ、明け方、焦げ臭いにおいで目が覚めたら充電していた携帯電話機周辺が発煙していた。水をかけ消火したが、電池パックは破裂し、携帯電話機周辺のもの(置き時計やカメラ等)が溶けたり焦げたりした。携帯電話機に問題がなかったか調べてほしい。

商品名:カッターマット

経緯及びテスト依頼内容

100円ショップで購入したカッターマットの袋を開けたところ、臭いがきつく、頭痛がした。臭いの原因を調べてほしい。



テスト実施状況

テスト実施件数(( )内は年度累計件数)
商品分類 食料品 住居品 光熱
水品
被服品 保健
衛生品
教養
娯楽品
車両・
乗り物
土地・
建物・
設備
国民生活センター 0 (1) 1 (3) 0 (1) 0 (0) 0 (1) 0 (1) 0 (2) 0 (0) 1 (9)
消費生活センターおよび行政機関 0 (0) 1 (16) 0 (2) 0 (0) 0 (4) 3 (15) 0 (5) 1 (1) 5 (43)
その他 0 (0) 0 (0) 0 (0) 0 (0) 0 (0) 0 (0) 0 (0) 0 (0) 0 (0)
0 (1) 2 (19) 0 (3) 0 (0) 0 (5) 3 (16) 0 (7) 1 (1) 6 (52)

テスト結果の概要

受入月:2008年1月
商品名:土鍋

経緯及びテスト依頼内容

土鍋の縁部分と側面から黒い液状のものが出てきて、食品と思えない味がした。鉛等が含有していないか調べてほしい。

テスト結果の概要

苦情品に認められた黒い付着物は、鉛やカドミウムが溶出したものではなく、土鍋の中に入っていた液体があふれ出て焦げ付いたものである可能性が高いと考えられた。なお、陶磁器の容器は、食品衛生法において、新品時、鉛とカドミウムの溶出基準を満たしていなければならないが、苦情品について、この方法に準じ溶出試験を行ったところ、鉛とカドミウムは検出されなかった。

受入月:2008年1月
商品名:土鍋

経緯及びテスト依頼内容

調理中土鍋の縁から黒ずんだ液が出てきて、食品と思えない味がしたとのこと。鉛等が溶け出したりしていないか調べてほしい。

テスト結果の概要

苦情品に認められた茶色い付着物は、使用していた麺つゆ等の食品に由来するものと考えられ、鉛やカドミウムが溶出したものではなかった。なお、陶磁器の容器は、食品衛生法において、新品時、鉛とカドミウムの溶出基準を満たしていなければならないが、苦情品について、この方法に準じ溶出試験を行ったところ、鉛とカドミウムは検出されなかった。

受入月:2007年12月
商品名:携帯電話機

経緯及びテスト依頼内容

携帯電話機の電波状態がよくなかったので、修理を依頼したところ、心当たりがなかったが水濡れによる基板腐食と判断された。腐食した原因を調べてほしい。

テスト結果の概要

観察の結果、左スピーカー付近に付着物が見られたこと、およびスピーカーのあるディスプレイ部内部に液体が乾燥したと思われる跡が偏在していたことから、左スピーカーから内部に液体が侵入し、何らかの不具合が生じて、電波状態が悪化したものと考えられる。なお、水濡れ判定シールが反応していなかったのは、液体が侵入した跡が水濡れ判定シールから離れていたためと考えられる。また、依頼内容である基板腐食についてはメーカーが相談者に提供した写真と同一箇所で液体が乾燥した跡が確認され、これをメーカーは、基板腐食と表現したものと考えられる。

受入月:2008年1月
商品名:携帯電話機

経緯及びテスト依頼内容

携帯電話機の液晶画面が映らなくなり、修理を依頼したところ、中が腐食しているので修理不能と言われた。腐食させるような使用はしていないので、腐食した原因を調べてほしい。

テスト結果の概要

観察の結果、ディスプレイ部、ディスプレイ支持部の内部に液体が乾燥した跡および基板や部品の金属腐食が確認された。ディスプレイ部後面カバーの穴が液体の浸入口のひとつと考えられるが、ディスプレイ部内の広範囲に液体が乾燥した跡が見られたことから、ディスプレイ部のその他の箇所からの浸入も考えられる。

受入月:2008年2月
商品名:携帯電話機

経緯及びテスト依頼内容

5カ月前に購入した携帯電話機の充電ができなくなり、修理に出したところ、基板の腐食が原因で保証対象外と言われた。腐食した原因を調べてほしい。

テスト結果の概要

充電ができなくなった原因は、充電端子・外部機器端子等から内部に侵入した液体もしくは内部結露などによって、基板や部品に金属の腐食が発生したためと考えられる。

受入月:2007年10月
商品名:セラミック活水装置

経緯及びテスト依頼内容

水道管に取り付けるタイプのセラミック活水装置を利用していたら、水道水に悪臭が発生するようになった。原因を調べてほしい。

テスト結果の概要

相談者宅の水道水は、採水時に塩素臭が感じられ、残留塩素濃度を測定したところ、比較的高かった。異臭は残留塩素に起因するものと考えられたが、水質については問題がみられなかった。苦情品に水道水を流し、通水する前後の水について、におい、残留塩素の変化をみたが、通水後に明らかににおいが強くなるということはなく、残留塩素濃度もほとんど変わらなかった。以上の結果から、苦情品と異臭の関連性は考えられなかった。なお、カタログに記載されている商品のトリハロメタンの除去効果について、その根拠とされるデータを確認したところ、その効果を認めうるものではなかった。



発表情報トップページへ

ページトップへ