[本文へ] 消費生活・消費者問題に関する事例や対処方法を紹介しています。

現在の位置 : トップページ > 注目情報 > 発表情報 > 今月の原因究明テスト実施状況(2007年6月分)

[2007年8月2日:公表]

今月の原因究明テスト実施状況(2007年6月分)

 2007(平成19)年6月の原因究明テストの受入件数は4件であった。受け入れの4件は、国民生活センター各部から依頼のもの1件、消費生活センター及び行政機関から依頼のもの3件であった。商品分類別の内訳は、光熱水品1件、教養娯楽品2件、車両・乗り物1件である。今年度の受入件数の累計は10件となった。

 テストを実施し回答した件数は5件であった。実施・回答した5件は、国民生活センター各部から依頼のもの1件、消費生活センター及び行政機関から依頼のもの4件であった。商品分類別の内訳は保健衛生品1件、教養娯楽品2件、車両・乗り物2件である。今年度の実施件数の累計は11件となった。


テスト受入状況

テスト受入件数(( )内は年度累計件数)
商品分類 食料品 住居品 光熱水品 被服品 保健衛生品 教養娯楽品 車両・乗り物 土地・建物・設備
国民生活センター 0 (0) 0 (0) 1 (1) 0 (0) 0 (0) 0 (0) 0 (1) 0 (0) 1 (2)
消費生活センターおよび行政機関 0 (0) 0 (1) 0 (0) 0 (0) 0 (0) 2 (6) 1 (1) 0 (0) 3 (8)
その他 0 (0) 0 (0) 0 (0) 0 (0) 0 (0) 0 (0) 0 (0) 0 (0) 0 (0)
0 (0) 0 (1) 1 (1) 0 (0) 0 (0) 2 (6) 1 (2) 0 (0) 4 (10)

テスト受入商品等

商品名:アルカリ乾電池(単1形)

経緯及びテスト依頼内容

懐中電灯に使用していたアルカリ乾電池(単1形)から液が漏れ、腕に直径1cm程度の軽度のやけどをした。アルカリ乾電池に問題がないか調べてほしい。

商品名:歯固め

経緯及びテスト依頼内容

液体入り歯固めの塩素の臭いが強くて使用できない。商品に問題がないか調べてほしい。

商品名:犬用キャリーバッグ

経緯及びテスト依頼内容

犬用キャリーバッグを購入し、車内で使用していたら臭いがひどく具合が悪くなった。臭いの原因を調べてほしい。

商品名:小型自動車

経緯及びテスト依頼内容

ブレーキが利きづらく1カ月点検で点検してもらったが、その後も時々利きが悪いときがあった。まだ、購入して1年も経たないが走行中にブレーキが利かず事故を起こした。ブレーキに問題がないか調べてほしい。



テスト実施状況

テスト実施件数(( )内は年度累計件数)
商品分類 食料品 住居品 光熱
水品
被服品 保健
衛生品
教養
娯楽品
車両・
乗り物
土地・
建物・
設備
国民生活センター 0 (0) 0 (0) 0 (0) 0 (0) 0 (0) 0 (0) 1 (1) 0 (0) 1 (1)
消費生活センターおよび行政機関 0 (0) 0 (3) 0 (1) 0 (0) 1 (2) 2 (3) 1 (1) 0 (0) 4 (10)
その他 0 (0) 0 (0) 0 (0) 0 (0) 0 (0) 0 (0) 0 (0) 0 (0) 0 (0)
0 (0) 0 (3) 0 (1) 0 (0) 1 (2) 2 (3) 2 (2) 0 (0) 5 (11)

テスト結果の概要

受入月:2007年3月
商品名:温浴効果をうたった岩石

経緯及びテスト依頼内容

入浴時にラジウム温泉気分が味わえるという高額な岩石ボールを購入した。微量の放射線が出ているとうたっているので、使用上問題がないか調べてほしい。

テスト結果の概要

苦情品を分解し、放射線を調べた結果、中に入っていた4つのボールのうち、灰色ボールが放射線源であることが分かったため、これを蛍光X線解析装置および、X線回折装置で調べたところ、セリウム、ランタン、ネオジウムを主成分とするリン酸塩(モナザイト)であると考えられた。また、苦情品に密着した状態で、1日30分間365日、浴槽につかると仮定した被ばく量は、国際放射線防護委員会から勧告されている被ばく線量の限度を下回った。実際に使用する場合は、苦情品からの距離がもう少し遠くなり、水によっても放射線が遮蔽される可能性があるため、問題となる放射線量ではないと考えられる。

受入月:2007年4月
商品名:バドミントンラケット

経緯及びテスト依頼内容

高校生の男子が部活で毎日使用していたバドミントンラケットが、グリップから抜けて飛んだ。怪我はなかったが危険なのでグリップが外れた原因を調べてほしい。

テスト結果の概要

苦情同型品は強度に問題が見られなかったことから、苦情品が同様の強度を有していたとすると、通常の使用でシャフトが抜けることは考えにくい。苦情品の破損状況から、事故以前にシャフトに何らかの強い力が加わり、グリップの破断や亀裂が発生し、この状態で使用したためシャフトが抜け止めピンごと脱落したと考えられる。

受入月:2007年4月
商品名:注入式ガスライター

経緯及びテスト依頼内容

注入式ガスライターでタバコに火を点けたところ、その炎で顔に大やけどをした。ライターに問題がないか調べてほしい。

テスト結果の概要

苦情品の炎の高さは17mm、苦情同型品(10個)も18〜26mmとSG基準(75mm以下)内であった。また、繰り返し点火試験やライター本体の温度を高めにしても炎が大きくなることもなく、特に問題はみられなかった。

受入月:2007年2月
商品名:自転車用ライト

経緯及びテスト依頼内容

100円ショップで購入した乾電池と自転車用ライトを自転車に取り付けて走行していたところ、ライトが破損し顔に小さな傷を負った。ライトの中の乾電池が破裂していた。破裂した原因を調べてほしい。

テスト結果の概要

過放電などによる破裂の可能性、または自転車用ライトの組み立て精度のバラつきから、電池ボックスの負極電極板スプリングが電池の負極端子の中心に接触せず、自転車走行中の振動により負極側で電極間短絡が起こった可能性も考えられる。このことは、負極端子に無数のスプリングとの線状の擦れキズがあったことからも伺える。過放電や電極間短絡が起こると電池の安全弁が作動し破裂には至らないが、事故時は何らかの影響で安全弁の作動前に破裂が起こってしまったものと推定される。

受入月:2007年5月
商品名:電動自転車

経緯及びテスト依頼内容

電動自転車を使用していたところ、突然ハンドルの右グリップが外れたため、転倒し怪我をした。修理したが再び右グリップが外れて転倒した。グリップが外れた原因を調べてほしい。

テスト結果の概要

テストした結果、右グリップ(オートバイのアクセル同様回転する構造)はスイッチ部の固定ネジを通す個所が破損していたため、JIS規格の規定値以下で容易に外れやすくなっていた。相談者が使用中に2度グリップが外れ転倒した原因は、右グリップスイッチ部の固定ネジを通す個所が破損し、外れやすくなっていたためと考えられる。一方、左グリップ(一般的なもの)はJIS規格の規定値で引っ張っても外れることはなかった。なお、右グリップスイッチ部の留めネジを通す部分が破損した原因は不明である。



発表情報トップページへ

ページトップへ