[本文へ] 消費生活・消費者問題に関する事例や対処方法を紹介しています。

現在の位置 : トップページ > 注目情報 > 発表情報 > 絶対に目を離さないで!!浴槽用浮き輪で乳幼児の溺死も!

[2007年10月26日:更新]
[2007年9月21日:更新]
[2007年7月5日:公表]

絶対に目を離さないで!!浴槽用浮き輪で乳幼児の溺死も!

 小児科医より国民生活センターに、浴槽用浮き輪で乳幼児の溺水事故が起きている、との情報提供があった。これを受けて危害情報室では、同種事故の調査と製品の検証を行った。


浴槽用浮き輪とは

 浴槽にすっぽり入る大きさのほぼ四角い浮き輪の真ん中にパンツ型のシート部分がついており、そこに足を通して座った状態で浮くことができる浮き輪。お風呂用浮き輪やバスフロートなどいろいろな呼称がされているが、ここでは「浴槽用浮き輪」と呼ぶ。



風呂での浮き輪による事故

 危害情報システムには、同種の事例が2件寄せられた。なお、医学学会等では、浴槽用浮き輪による溺水事故が9例報告されており、中には死亡した重大な例もあることが今回の調査でわかった。



浴槽用浮き輪による転覆事故の検証

 乳幼児のダミー人形を用いた検証では、浮き輪のパンツ部にしっかり乗せ、静かに浮かんでいれば、転覆・転落することはなかった。しかし、乳幼児の身体がしっかりシート部に納まっていないで身を乗り出したような場合や、浴槽の水量が不足気味で乳幼児の足が底につくような場合には、重心が高くなり、後ろにバランスを崩すと転覆・転落する可能性があることが分かった。



消費者への注意

 事故は保護者がほんの少し目を離したすきに起きている。乳幼児を浮き輪に入れたまま一人で浴槽に入れておいてそばを離れたり、親の洗髪等により目を離して使用したりすることは極めて危険であり、死亡事故につながる可能性がある。

 この商品を乳幼児に用いることは避けるべきと考える。どうしても使う場合は、保護者は絶対に目を離してはいけない。



業界への要望

 安全のために考案された構造と思われるものがかえって致命的な要因となっている。商品には裏面に注意表示があるが、その内容は一般的なものであり、浴槽における転覆、溺水の危険性は伝わらない。これらの製品についてSTマークの更新を行わないとの通知が社団法人日本玩具協会から既に出されているが、現在でも市場にはSTマーク付の商品が流通されており、これらの製品に対する危険性が消費者には伝わっていない。

 以上の点に鑑み、当センターとしては、関係団体および事業者自らが、当該製品の根本的な見直しと消費者への注意喚起を早急に行うことを要望する。



要望先

社団法人 日本玩具協会
日本空気入ビニール製品工業組合



情報提供先

内閣府国民生活局消費者調整課
経済産業省製品安全課製品事故対策室
総務省消防庁救急企画室
社団法人 日本医師会
日本プラスチック玩具工業協同組合
日本チェーンストア協会
日本百貨店協会



関連情報

絶対に目を離さないで!!浴槽用浮き輪で乳幼児の溺死も!(続報)」(2007年9月21日公表)



動画




本件連絡先 相談調査部危害情報室
ご相談は、お住まいの自治体の消費生活センター等にお問い合わせください。

※[PDF形式]で作成した文書を開くにはAdobe Readerが必要となります。PDF形式の閲覧方法について


発表情報トップページへ

ページトップへ