[本文へ] 消費生活・消費者問題に関する事例や対処方法を紹介しています。

現在の位置 : トップページ > 注目情報 > 発表情報 > ペット購入時のトラブルの実態と問題点−安心してペットを「買う」ためには−

[2007年6月6日:公表]

ペット購入時のトラブルの実態と問題点−安心してペットを「買う」ためには−

実施の理由

 ペット、特に消費者にとって身近な存在である犬猫の飼育数を見てみると、犬は約1,209万頭、猫は約960万頭と多くの犬猫が飼育されている。

 ペットの販売を行なっている動物取扱業者の数も増えており、販売を取り扱う事業者は2006年現在で15,000社を超える。

 一方で消費者トラブルを起す事業者も多いことから、「動物の愛護及び管理に関する法律」が2005年6月に改正され、2006年6月に施行された。この改正により事業者は一定の説明責任等を課されるようになったが、ペット購入に関する消費者トラブルは全国の消費者相談窓口に毎年1,500件以上寄せられている。

 そこで、ペット購入に係るトラブルの実態と問題点について整理・分析し、情報提供することとする。



PIO-NETからみたペットに関する相談の概要

 PIO-NETに寄せられたペット購入に関する相談件数は2001年度から2006年度までで8,914件となっている。ここ数年は年間1,500件を超える相談が寄せられている。



相談事例からみた問題点

販売方法に関するトラブル

  • セールストーク
  • 通信販売

約款に関するトラブル

  • 約款の説明不足
  • 事業者の責任を免除する約款
  • 指定動物病院制を採用する約款

血統書の問題

クレーム処理



消費者へのアドバイス

(1)あわてて契約しない
(2)事業者選びは慎重に
(3)契約する時にはよく確認すること
(4)ペットの具合が悪くなったら動物病院に連れて行き、事業者にも連絡する
(5)消費生活センター等の公的な相談機関に相談すること




本件連絡先 相談調査部
ご相談は、お住まいの自治体の消費生活センター等にお問い合わせください。

※[PDF形式]で作成した文書を開くにはAdobe Readerが必要となります。PDF形式の閲覧方法について


発表情報トップページへ

ページトップへ