[本文へ] 消費生活・消費者問題に関する事例や対処方法を紹介しています。

現在の位置 : トップページ > 注目情報 > 発表情報 > 踏み台の安全性

[2007年5月9日:公表]

踏み台の安全性

目的

 国民生活センター危害情報システムには、踏み台や足場台でけがをした事例が2001年度以降で79件寄せられていた。そこで、家庭で用いられる踏み台と足場台について、強度等に問題がないか調べるとともに、事故の再発防止のため、事故事例を参考に想定される日常的な使用方法に よって本体が変形したり手や指を挟むおそれがないか、形状・機構や材質の違いにより安全性に違いがないか調べ、消費者へ情報提供することとした。



結果

  • 高齢者の事故が目立つが、一方で幼児や児童がけがをした事例もあった
  • 天板や踏ざんに荷重を加えたとき、形状・機構や材質の違いにより基本的強度に大きな差異はなかったが、支柱端部の曲げ試験で支柱の変形が大きい ものが2銘柄あった
  • 天板の外側に荷重が集中すると大きく変形するものが2銘柄あった
  • 可動部で手や指を挟むおそれのあるものが目立った
  • 脚部が滑りやすいものがあった
  • 本体の表示が不十分なものがあった


消費者へのアドバイス

  • 天板の端部に立ったり、身を乗り出して作業をするような使い方をしない
  • 幼児の手の届かない場所に保管し、幼児には使用させないこと
  • 最大使用荷重を超えるような使用、滑りやすい場所や傾斜した場所での使用をしないよう注意
  • 高齢者の事故が目立つので慎重に使用する必要がある


業界への要望

  • 基準適合品の強度と同等以上の品質を確保するよう要望する
  • より安全性に配慮した製品作りを行うよう要望する


要望先

軽金属製品協会



情報提供先

内閣府 国民生活局 消費者調整課
経済産業省 商務情報政策局 消費経済政策課



業界の意見 −たしかな目 2007年8月号、2007年10月号より−

「軽金属製品協会」、「長谷川工業」、「ピカコーポレイション」

「軽金属製品協会」より (2007年8月号)

(1)TEST2「天板の外側に荷重をかけると?」について
1)モニターテストにより「前傾姿勢の時はつま先側に体重の63%、後傾姿勢の時はかかと側に71%の荷重が加わり」と分布荷重であることを確認しながら、天板の外側だけに集中荷重をかける試験を行っていることに大きな疑問があります。
分布荷重と集中荷重では力の働き方が全く異なります。すなわち、「想定される日常的な使用方法によって」とする所期の目的と乖離した、起こりえない荷重のかかり方の試験になっています。
2)荷重の天板へのモニターテストを床面で行っていますが、実際には天板は50cm以上の高さがあり、心理的に前傾・後傾の実態は異なると思われます。この点も、「想定される日常的な使用方法」から離れてしまっているのではないでしょうか。
3)本テスト結果により一部製品に「大きく変形」との判定を行っていますが、その評価基準が不明確です。
(2)TEST5「表示はどうなっているの?」について
 本体表示に「幼児に使用させないこと」の記載がないことを取り上げていますが、本体表示はスペースも限られており、消費者団体からは「沢山書かれていると却ってわかりにくいので本当に大切なことに絞って表示してほしい」との意見も寄せられています。実際の製品に表示を追加した上でモニター調査を行って「表示項目が増えて見づらくなっても、この項目を表示すべき」との意見が多数であれば考慮すべきと考えますが、「幼児には使用させないこと」は、より常識に近い項目で、本体に表示すべき優先度は低いと思われ、当協会会員各社では取扱説明書にて「お子様や取扱説明書・警告ラベルの内容が理解できない人には、使わせないでください」との注意喚起を行っております。
 この点について「たしかな目」では触れられていません。

軽金属製品協会 はしご脚立部会

「長谷川工業」より (2007年8月号)

 弊社としての意見に関しましては、軽金属製品協会の意見と同見解であります。

長谷川工業(株) 商品開発部 部長 三川 達巳

「ピカコーポレイション」より (2007年8月号)

(1)TEST2「天板の外側に荷重をかけると?」について
 「踏み台を購入して使用したところ、天板が沈んで転倒し右足首、ひざ、右手首をけがした」を事故事例として、最大使用荷重の100kgを天板の外側に集中荷重として5分間加えると大きく変形したとある。しかし、事前のモニター調査では「日常的な使用方法」によって「前傾姿勢の時はつま先側に体重の63%、後傾姿勢の時はかかと側に71%の荷重が加わり」と分布荷重が加わることを確認しているにもかかわらず、約7:3の分布荷重ではなく71kgの約1.4倍の集中荷重だけを加えています。また、荷重を加える時間も5分間と異常に長く、試験のような位置では人は立つことは出来ないでしょう。
 したがって、この試験は「日常的な使用方法」による試験とはいえないのは明らかです。
(2)TEST5「表示はどうなっているの?」について
 本体表示のことだけしか取り上げていないのは不合理である。
 当社では、取扱説明書を添付して注意喚起を行っています。取扱説明書の中から優先度の高いものを本体表示としています。

(株)ピカコーポレイション 技術本部 技術本部長 中庄 谷博

「軽金属製品協会」、「長谷川工業」、「ピカコーポレイション」への商品テスト部の見解

(1)TEST2「天板の外側に荷重をかけると?」について
 モニターテストでは、天板を模した測定器上で、取扱説明書のとおり足裏全体を天板に接し、乗り出さない程度に前後方向に姿勢を変えて荷重分布を調べました。一方、日常の使用の中では、取扱説明書で禁止されている「天板の端に立ったり、つま先立ちや片足で立つ」など天板の外側に荷重が集中する使用も想定されます。そのため、今回はこのような使用も考慮して、天板の外側に最大使用荷重と同じ荷重を5分間加え、天板とその取り付け部分に変形等がないか確認しました。また、「大きく変形」の判定は、目視で確認できるほどの変形を生じ、他商品と比較しても大きな違いがあるものに適用しました。
 当センターに寄せられた事故情報のほかにも、他機関には「踏み台の天板の上に乗って掃除をしていたところ、天板の樹脂部が破損し、アルミ部分も変形し、バランスを崩し転倒して落下した」という事故事例も寄せられていることから、日常での様々な使用状況においても天板等は変形することなく安全に使用できることが望ましいと考えます。実際、今回テストした中にも変形が小さい商品がありました。
 モニターテストにおいて、天板の高さを考慮すべきとのご意見については、今後のテスト実施の際の参考にさせていただきます。
(2)TEST5「表示はどうなっているの?」について
 踏み台や足場台は商品の性質上、取扱説明書の記載内容を理解した者以外が使用するケースも想定されます。そこで、今回は本体の表示に着目しました。ご指摘のとおり、15商品中11商品の取扱説明書に「幼児に使用させないこと」という旨の記載がありました。
 踏み台や足場台に関する事故の中には、本来はこれらの商品を使用しない幼児がけがをした事例がありました。より一層の安全性向上の観点から、使用しないときは幼児の手が届かない場所に保管するなど、危険性を認識できない幼児には使用させないよう、取扱説明書のみならず何らかの方法で消費者へ注意喚起を行っていただければと思います。

「ライフハイトアーゲー日本支店」

「ライフハイトアーゲー日本支店」より (2007年8月号)

 私どもライフハイトアーゲー社はドイツの機器安全法に基づき、安全の高い商品作りを実施致しております。その裏づけとして、ドイツでは長い歴史のある、「ティフ ラインランド」によって検査され、脚立、踏み台につきましては、年間1回ドイツ機器安全法による 工場の立ち入り検査が実施され、具体的には製品の品質管理工程、製造環境、試験・測定機器の保守なぞが検査の対象となっております。

 ドイツ国、生産品のため、ドイツの「ティフ ラインランド」によるドイツ機器安全法によって、厳しい検査を受け、その検査により「安全性の認証を受け」安全性確認済みの「GSマークシール」を各商品に添付いたしております。

 日本は日本の法律によってJIS、SG規格がありますが、われわれはドイツ製品なのでドイツ機器安全法に基づき生産し、ティフ ラインランドの安全認証をとって、販売している事をご理解賜りたいと思います。

 日本の消費者の方々にご理解いただく為、詳しい取扱説明書をつけておりますが、小さな子供さんの使用禁止事項なぞ、再度ご忠告に基づき、取扱説明書に注意事項は早急に改善してまいりたいと思っています。

 各メーカーとも安全性を高める努力は、充分されていると思いますが、今回の検査によってご指摘された部分は十分配慮し生かしていくように努力したいと思っています。

 せっかく検査をいただいた中で、このメーカーのこの部分は、充分安全性を配慮されたもの作りがされていると、評価できる分野もあったのではないかと思われます。その部分を正確に評価していただく事がメーカーの「安全性をより一層高める」要因になると思います。ご検討をお願いいたします。

ライフハイトアーゲー日本支店 統括責任者 鳥居 義昭

「ライフハイトアーゲー日本支店」への商品テスト部の見解

 今回いただいたご意見は、今後のテスト実施の際の参考にさせていただきます。

「アイリスオーヤマ」より (2007年8月号)

 弊社製「樹脂製踏み台」につきまして2点不具合のご指摘をいただきました事につきまして今後の改善も含め弊社の見解を述べさせていただきます。

(1)「支柱端具(弊社呼び名:脚ゴム)の外れやすさについて」
 嵌め合いのセッティングを見直し、より固定強度を向上させるよう改良を実施致します。
(2)「本体の表示の不備について」
 現状商品POPに「耐荷重(100kg)」と「使用上の注意(幼児についても記載)」については表記させていただいておりました。
 今後といたしましてはスペース的に刻印は難しい為、本体への注意シールという形で表示の見直しを実施致します。

 以上、弊社と致しましてもお客様により安全にご使用いただけるよう改善を実施して参ります。

アイリスオーヤマ(株) 品質管理部品質管理1課 マネージャー 八尋 保志

「アルインコ」

「アルインコ」より (2007年10月号)

 今回のテストにおきまして、商品No.13の当社製品PXGV型足場台の側面ヒンジ部分に幼児が指を挟む可能性が有るすき間の存在をご指摘いただいております。本製品のヒンジ部分に構成するこのすき間を確保する構造の設計主旨は「開脚状態のヒンジ部分に指を挟みにくい空間(すき間)を構成する」ことを目的としており、ご指摘の危険内容と正反対の効果を得ることであります。

 ご指摘の危険性はヒンジ部分が開脚状態からさらに回転して本テストの商品No.2またはNo.5のように指等を挟むハサミ現象を生じる場合に警鐘すべきものと考えますが、本製品のヒンジ部分は一定の空間を確保した開脚状態が最終回転形態であり、この状態からさらに回転してハサミ現象を発生することは本製品構造では有り得ない構造であることをご理解いただきたく思います。

アルインコ(株) 生産本部 海外生産部 部長代理 藤本 祐司

「アルインコ」への商品テスト部の見解

 今回のテストでは、乳幼児用ハイチェアのSG認定基準にある「乳幼児の手足の届く範囲に5mm以上13mm未満の傷害を与えるおそれがあるすき間がないこと。」という外観、構造及び寸法に関する基準などを参考にして、幼児の指を想定した直径5mmの丸棒を用い、厚みのない板状の可動部に生じるすき間などを調べました。当該ヒンジ部分には丸棒が入るすき間を確認しておりますが、そのすき間の目的が指を挟みにくい空間を構成することであるなら、指が挟まれない程度の大きなすき間にすることが望ましいと考えます。




本件連絡先 商品テスト部
電話 042-758-3165

[報告書概要] 踏み台の安全性(概要)[PDF形式](597KB)
[報告書本文] 踏み台の安全性[PDF形式](735KB)
※「たしかな目」6月号の商品テストで「踏み台の安全性」を掲載しました。これに対する業界の意見を8月号で紹介しましたが、その後新たな意見が寄せられましたので紹介します。

※[PDF形式]で作成した文書を開くにはAdobe Readerが必要となります。PDF形式の閲覧方法について


発表情報トップページへ

ページトップへ