独立行政法人国民生活センター

検索メニュー

×閉じる

現在の位置:トップページ > 注目情報 > 発表情報 > 今月の原因究明テスト実施状況(2006年12月分)

ここから本文
[2007年2月7日:公表]

今月の原因究明テスト実施状況(2006年12月分)

 2006(平成18)年12月の原因究明テストの受入件数は4件であった。受け入れの4件は、国民生活センター各部から依頼のもの2件、消費生活センター及び行政機関から依頼のもの2件であった。商品分類別の内訳は、保健衛生品1件、教養娯楽品2件、車両・乗り物1件である。今年度の受入件数の累計は34件となった。

 テストを実施し回答した件数は2件であった。実施・回答した2件は、消費生活センター及び行政機関から依頼のものであった。商品分類別の内訳は、車両・乗り物2件である。今年度の実施件数の累計は44件となった。

テスト受入状況

テスト受入件数(( )内は年度累計件数)
商品分類 食料品 住居品 光熱水品 被服品 保健衛生品 教養娯楽品 車両・乗り物 土地・建物・設備
国民生活センター 0 (1) 0 (1) 0 (0) 0 (0) 1 (2) 1 (3) 0 (0) 0 (0) 2 (7)
消費生活センターおよび行政機関 0 (3) 0 (11) 0 (0) 0 (0) 0 (2) 1 (3) 1 (8) 0 (0) 2 (27)
その他 0 (0) 0 (0) 0 (0) 0 (0) 0 (0) 0 (0) 0 (0) 0 (0) 0 (0)
0 (4) 0 (12) 0 (0) 0 (0) 1 (4) 2 (6) 1 (8) 0 (0) 4 (34)

テスト受入商品等

商品名:ケミカルへナ・ブラック

経緯及びテスト依頼内容

以前市販の染毛剤でかぶれを起こしたことがあり、染毛剤は使用することができなかった。かぶれを起こさないと思ってヘナ配合白髪染めを購入、使用したが湿疹、痛みが生じた。染毛剤に含まれる染料が使用されていないか調べてほしい。

商品名:粘土

経緯及びテスト依頼内容

購入した粘土を初めて使用したところ、粉が舞い、2時間ほど咳が止まらなかった。吸い込んで肺に入る危険性がないか調べてほしい。

商品名:ペットフード

経緯及びテスト依頼内容

缶詰のペットフードを3匹の犬に与えたところ、3匹とも20〜30分後下痢を起こしたので与えるのをやめた。その後、再び同じペットフードを与えたところ、また下痢を起こした。商品に問題がないか調べてほしい。

商品名:自転車

経緯及びテスト依頼内容

長くなだらかな下り坂をブレーキをかけずに走行中、急に前輪の動きが鈍くなり、右にハンドルを取られた後、右に自転車ごと転倒し、左手首上骨折や全身打撲など全治2か月の怪我をした。転倒に至った原因を調べてほしい。

テスト実施状況

テスト実施件数(( )内は年度累計件数)
商品分類 食料品 住居品 光熱水品 被服品 保健衛生品 教養娯楽品 車両・乗り物 土地・建物・設備
国民生活センター 0 (1) 0 (1) 0 (0) 0 (0) 0 (1) 0 (2) 0 (0) 0 (0) 0 (5)
消費生活センターおよび行政機関 0 (4) 0 (16) 0 (0) 0 (3) 0 (2) 0 (3) 2 (11) 0 (0) 2 (39)
その他 0 (0) 0 (0) 0 (0) 0 (0) 0 (0) 0 (0) 0 (0) 0 (0) 0 (0)
0 (5) 0 (17) 0 (0) 0 (3) 0 (3) 0 (5) 2 (11) 0 (0) 2 (44)

テスト結果の概要

受入月:2006年11月
商品名:幼児用自転車

経緯及びテスト依頼内容

3年前に購入したペダルが取り外しできる幼児用自転車を使用中、ペダルを止める爪が折れて転倒し、手足にかすり傷を負った。危険なので折れた原因を調べてほしい。

テスト結果の概要

苦情品の破損部の破断面調査などの結果、今回の破断は、長期間の使用により金属ピン表面に錆や汚れの付着や傷が見られたこと、また、この状態でのペダル固定板の脱着の繰り返しや、使用時にペダル固定板の金属ピンに負荷が加わったことなどにより、この部分に金属疲労が発生したために起きたものと考えられる。

受入月:2006年12月
商品名:自転車

経緯及びテスト依頼内容

長くなだらかな下り坂をブレーキをかけずに走行中、急に前輪の動きが鈍くなり、右にハンドルを取られた後、右に自転車ごと転倒し、左手首上骨折や全身打撲など全治2か月の怪我をした。転倒に至った原因を調べてほしい。

テスト結果の概要

苦情品を観察した結果、前車輪と周辺の他の部品が接触した痕跡はなく、前ホークの左右の足に黒い接触痕があった。また、苦情品の前車輪は、右側のスポークが全周にわたり走行時の回転方向とは逆の向きに変形し、スポークの切れやハブのつばの破損が発生していた。以上より、転倒に至った原因は、何らかの異物が前車輪と前ホークの右側との間に挟まったことによって前輪が急減速したことによると考えられる。