独立行政法人国民生活センター

検索メニュー

×閉じる

現在の位置:トップページ > 注目情報 > 発表情報 > 今月の原因究明テスト実施状況(2006年10月分)

ここから本文
[2006年12月7日:公表]

今月の原因究明テスト実施状況(2006年10月分)

 2006(平成18)年10月の原因究明テストの受入件数は3件であった。受け入れの3件は、すべて消費生活センター及び行政機関から依頼のものであった。商品分類別の内訳は、住居品1件、車両・乗り物2件である。今年度の受入件数の累計は27件となった。

 テストを実施し回答した件数は9件であった。実施・回答した9件は、国民生活センター各部から依頼のもの1件、消費生活センター及び行政機関から依頼のもの8件であった。商品分類別の内訳は、住居品5件、保健衛生品2件、車両・乗り物2件である。今年度の実施件数の累計は34件となった。

テスト受入状況

テスト受入件数(( )内は年度累計件数)
商品分類 食料品 住居品 光熱水品 被服品 保健衛生品 教養娯楽品 車両・乗り物 土地・建物・設備
国民生活センター 0 (1) 0 (1) 0 (0) 0 (0) 0 (1) 0 (2) 0 (0) 0 (0) 0 (5)
消費生活センターおよび行政機関 0 (2) 1 (10) 0 (0) 0 (0) 0 (2) 0 (2) 2 (6) 0 (0) 3 (22)
その他 0 (0) 0 (0) 0 (0) 0 (0) 0 (0) 0 (0) 0 (0) 0 (0) 0 (0)
0 (3) 1 (11) 0 (0) 0 (0) 0 (3) 0 (4) 2 (6) 0 (0) 3 (27)

テスト受入商品等

商品名:電動自転車

経緯及びテスト依頼内容

使用者が購入した後に一部を組み立てる電動自転車が、数か月で2回パンクした。修理して使用したところ、走行中にペダルがロックし、グリップを強く握った途端グリップが抜け倒れそうになり足首を痛めた。危険なのでペダルがロックした原因とグリップの強度を調べてほしい。

商品名:折りたたみ自転車

経緯及びテスト依頼内容

購入したばかりの折りたたみ自転車で走行中、下り坂で左ブレーキが効かず転倒し大怪我をした。ブレーキに問題がないかどうかを調べてほしい。

商品名:電気ストーブ

経緯及びテスト依頼内容

寒い間、臭いがすると思いながら常に電気ストーブを足元で使用していた。原因不明の手足がしびれる症状が出て通院中である。電気ストーブから化学物質が発生していないか調べてほしい。

テスト実施状況

テスト実施件数(( )内は年度累計件数)
商品分類 食料品 住居品 光熱水品 被服品 保健衛生品 教養娯楽品 車両・乗り物 土地・建物・設備
国民生活センター 0 (1) 0 (0) 0 (0) 0 (0) 1 (1) 0 (1) 0 (0) 0 (0) 1 (3)
消費生活センターおよび行政機関 0 (3) 5 (14) 0 (0) 0 (3) 1 (2) 0 (2) 2 (7) 0 (0) 8 (31)
その他 0 (0) 0 (0) 0 (0) 0 (0) 0 (0) 0 (0) 0 (0) 0 (0) 0 (0)
0 (4) 5 (14) 0 (0) 0 (3) 2 (3) 0 (3) 2 (7) 0 (0) 9 (34)

テスト結果の概要

受入月:2006年5月
商品名:フライパンの取っ手(着脱式)

経緯及びテスト依頼内容

着脱式の取っ手がついたフライパンを使用中に、取っ手のつなぎ部分が緩んで外れフライパンがガステーブルに落ちた。危険なので緩んで落ちた原因を調べてほしい。

テスト結果の概要

取っ手が外れてフライパンが落ちた原因は、取っ手本体が熱により変形して、操作レバーがスムーズに可動しなくなったことと、取っ手を取り外すスライドボタンの操作力が小さくなったため操作レバーが中途半端な状態となり外れやすくなったことなどが考えられる。

受入月:2006年8月
商品名:片手鍋

経緯及びテスト依頼内容

片手鍋を使用していたところ、大きな音とともに鍋底外側の表面材が剥がれた。怪我はなかったが、危険なので調べてほしい。

テスト結果の概要

鍋底表面材の剥落は、表面材内側の鉄溶射膜部が錆びたために起こったものと考えられる。しかし、鉄溶射膜部の錆が新品時からあったものか使用過程で生じたものかは不明である。

受入月:2006年7月
商品名:洗濯用合成洗剤

経緯及びテスト依頼内容

新しい洗剤を使い始めたら、乾いた洗濯物から白い粉が落ちるようになり、子供がかぶれるようになった。白い粉が何であるのかを調べてほしい。

テスト結果の概要

苦情品(洗剤)の溶け残り分と相談者から提供された洗濯により発生した白い粉は、成分分析の結果、主成分はゼオライトであることが推定された。ゼオライトは、水軟化剤として洗濯用合成洗剤に配合されるもので、それが溶け残って洗濯物に付着したものと考えられる。

受入月:2006年4月
商品名:電球型蛍光ランプ

経緯及びテスト依頼内容

100円ショップで購入した電球型蛍光ランプが取り付けて3〜4日後に突然破裂した。危険なので原因を調べてほしい。

テスト結果の概要

事故は、内部のコンデンサーの破裂によるものと推測されるが、破裂の原因は特定できなかった。また、苦情同型品を用いた連続点灯試験や断熱材を使用するなどの条件下での点灯試験において、破裂事故は再現しなかった。一方、苦情同型品については、かしめのずれや歪み、はんだのかけらのような異物の混入など、加工精度の製造上の問題点が見つかった。特に、異物の混入は、回路上で端子間ショートなどの事故を招く可能性が考えられる。

受入月:2006年7月
商品名:催涙スプレー

経緯及びテスト依頼内容

キーホルダー型催涙スプレーを取り付けたバッグを持ち、散歩に行こうとしたところ、傍らにいた人が咳き込み、喉の痛みを訴え、病院に搬送された。自然に漏れるなど商品に問題がないか調べてほしい。

テスト結果の概要

苦情品の内容物が漏れたのは、噴射ノズルがロック状態にもかかわらず、何らかの理由でノズル部が押され、微量の内容物が噴射されたためと考えられる。苦情品と同時期に購入したものについても、苦情品ほどではないものの内容物の漏れた跡が見られたことから、同じような事故が起こっていた可能性がある。噴射ノズルのロック構造に問題があったといえる。

受入月:2006年6月
商品名:ポータブルトイレ

経緯及びテスト依頼内容

1か月前に介護用として購入した木製の椅子型のポータブルトイレから尿が漏れる。漏れる原因を調べてほしい。

テスト結果の概要

便座に一定量の重りをのせた際の便座裏とポット(排泄物を受ける部分)の間の隙間が、水の通り道になることが分かった。また、ポットの上部に尿が当たれば便座裏へ尿がはねかえり、さらにその尿が便座裏を伝ってポット受け(ポットを引っ掛ける部分)に少量たまる場合もあることが確認された。今回は使用の状況によって尿がポット受けにたまり、トイレの左右、前後の動きなどがきっかけになり、下に漏れ出したと推定される。

受入月:2006年8月
商品名:スプレー缶入酸素

経緯及びテスト依頼内容

スプレー缶入酸素を購入し、海外の高山で使用したが効果がなかった。酸素が表示通りに入っているか調べてほしい。

テスト結果の概要

苦情同型品について、充填された気体の酸素濃度と充填された気体の体積を測定した結果、いずれも表示を上回っていた。苦情品は容器の形状上、噴射口を口から数cm程度離れた位置に置いて酸素を吸入する形になるため、口から吸入されるまでに濃度が低下することも考えられるが、相談者の苦情内容の原因は不明である。なお、苦情同型品には登山時の使用に関する表示はなかった。

受入月:2006年5月
商品名:カーマット

経緯及びテスト依頼内容

走行中にカーマットが滑って丸まり、ブレーキとアクセルの下に挟まったため、事故を起こした。カーマットには「ノンスリップ」と表示されていたが、問題がないか調べてほしい。

テスト結果の概要

苦情同型品を同型車に設置するとタイヤハウスにより浮き上がり、アクセルと干渉する可能性があることが確認された。また、苦情同型品は、足をカーマット上で動かした場合、滑ることが確認された。従って、実際の車両に使用した場合は、ペダルの踏み込みやアクセル・ブレーキ間の踏み替え、乗り降りの際など、足の移動によりカーマットが滑る可能性は十分に考えられる。

受入月:2006年7月
商品名:自動車用油圧式ガレージジャッキ

経緯及びテスト依頼内容

油圧ジャッキを使用してタイヤ交換をしていたところ、突然車体が右に倒れ、車体の一部が破損した。使用していたジャッキに問題がないかどうか調べてほしい。

テスト結果の概要

苦情品は当該車両をジャッキアップする上で十分な強度を有しており、受金(車体を支える部分)も参考品と比較すると大きく、苦情品の強度不足などが原因で当該車両が落下したとは考えられない。他の原因として、「ジャッキアップした車両のバランスが崩れ落下した」、「リリーズバルブ(緩めることで受金が降下する)の締め付けが十分でなかったため受金が降下した」などが考えられるが、原因を特定することはできなかった。