[本文へ] 消費生活・消費者問題に関する事例や対処方法を紹介しています。

現在の位置 : トップページ > 注目情報 > 発表情報 > 今月の原因究明テスト実施状況(2006年8月分)

[2006年10月6日:公表]

今月の原因究明テスト実施状況(2006年8月分)

 2006(平成18)年8月の原因究明テストの受入件数は5件であった。受け入れの5件は、国民生活センター各部から依頼のもの2件、消費生活センター及び行政機関から依頼のもの3件であった。商品分類別の内訳は、住居品1件、保健衛生品1件、教養娯楽品2件、車両・乗り物1件である。今年度の受入件数の累計は23件となった。

 テストを実施し回答した件数は4件であった。実施・回答した4件は、国民生活センター各部から依頼のもの1件、消費生活センター及び行政機関から依頼のもの3件であった。商品分類別の内訳は食料品2件、住居品2件である。今年度の実施件数の累計は19件となった。


テスト受入状況

テスト受入件数(( )内は年度累計件数)
商品分類 食料品 住居品 光熱水品 被服品 保健衛生品 教養娯楽品 車両・乗り物 土地・建物・設備
国民生活センター 0 (1) 0 (1) 0 (0) 0 (0) 1 (1) 1 (2) 0 (0) 0 (0) 2 (5)
消費生活センターおよび行政機関 0 (2) 1 (8) 0 (0) 0 (0) 0 (2) 1 (2) 1 (4) 0 (0) 3 (18)
その他 0 (0) 0 (0) 0 (0) 0 (0) 0 (0) 0 (0) 0 (0) 0 (0) 0 (0)
0 (3) 1 (9) 0 (0) 0 (0) 1 (3) 2 (4) 1 (4) 0 (0) 5 (23)

テスト受入商品等

商品名:片手鍋

経緯及びテスト依頼内容

片手鍋を使用していたところ、大きな音とともに鍋底外側の表面材が剥がれた。怪我はなかったが、危険なので調べてほしい。

商品名:スプレー缶入酸素

経緯及びテスト依頼内容

スプレー缶入酸素を購入し、海外の高山で使用したが効果がなかった。酸素が表示通りに入っているか調べてほしい。

商品名:健康器具

経緯及びテスト依頼内容

1年位前に購入した自転車型の健康器具をこぐと、テレビの画面が乱れる。テレビの画面が乱れる原因を調べてほしい。。

商品名:首用ストレッチ器具

経緯及びテスト依頼内容

首用ストレッチ器具(首に巻いて空気を注入すると、商品がふくらみ首筋を伸ばすという器具)を使用したところ、首が伸びるより先に首が絞まり失神しそうになった。商品に問題がないか調べてほしい。

商品名:電動自転車

経緯及びテスト依頼内容

電動自転車のバッテリー充電後に、充電器のバッテリー接続用プラグを抜いたら火を噴きマットが焦げた。火を噴いた原因を調べてほしい。



テスト実施状況

テスト実施件数(( )内は年度累計件数)
商品分類 食料品 住居品 光熱水品 被服品 保健衛生品 教養娯楽品 車両・乗り物 土地・建物・設備
国民生活センター 1 (1) 0 (0) 0 (0) 0 (0) 0 (0) 0 (0) 0 (0) 0 (0) 1 (1)
消費生活センターおよび行政機関 1 (3) 2 (8) 0 (0) 0 (3) 0 (0) 0 (1) 0 (3) 0 (0) 3 (18)
その他 0 (0) 0 (0) 0 (0) 0 (0) 0 (0) 0 (0) 0 (0) 0 (0) 0 (0)
2 (4) 2 (8) 0 (0) 0 (3) 0 (0) 0 (1) 0 (3) 0 (0) 4 (19)

テスト結果の概要

受入月:2006年4月
商品名:カップめん

経緯及びテスト依頼内容

インスタントのカップめんに熱湯を注いで運ぶ際、容器が変形し内容物がこぼれて右手をやけどした。容器が他の容器に比べて変形しやすいか調べてほしい。

テスト結果の概要

容器の変形しやすさの測定やモニターテストから、苦情同型品は著しく変形しやすいと言えるほどではなかった。

受入月:2006年5月
商品名:ベビーフード

経緯及びテスト依頼内容

瓶詰めのさつまいものベビーフードに酸味があり、さつまいもだけとは思えないが食べても大丈夫か。酸味の原因を調べてほしい。

テスト結果の概要

苦情同型品から推察した苦情品の酸味の原因として、苦情同型品においてクエン酸が検出されたためだと考えられる。さつまいもの品種による成分の違いについての文献等がないため厳密には分からないが、通常のさつまいもには含有しないと考えられるクエン酸やリコピンが検出されたこと、また、食味テストでトマトの風味を感じる人が多かったことから、原材料に表示していないトマトが混入していた可能性も考えられる。

受入月:2006年2月
商品名:遠赤外線暖房器

経緯及びテスト依頼内容

初めての使用で遠赤外線暖房器のカバーの中心部が焦げた。焦げた原因を調べてほしい。

テスト結果の概要

苦情発生時の使用状況下において、何らかの原因によってヒータ部分付近から起毛加工のネットカバーの融点以上の熱が発生し、この熱によって焦げた可能性が高いことがうかがえた。しかし、繰り返し行った様々なテストの何れにおいても、苦情品のヒータからは、ネットの焦げるような温度に達するような熱は発生せず、原因は特定できなかった。

受入月:2006年4月
商品名:電気カーペット

経緯及びテスト依頼内容

木目調の電気カーペットの上に座布団を置いていたら焦げ臭くなり、電気カーペットと座布団が焦げた。焦げた原因を調べてほしい。

テスト結果の概要

苦情品表面の変色部は内部も変色しており、発熱体からの熱の影響を受けたと考えられる。また、クッション材の加熱試験の結果、クッション材は200℃前後で茶色く変色したため、苦情品の発熱体周辺は200℃程度まで上昇したと考えられる。しかし、苦情同型品による高熱時を考慮した試験の結果、表面及び内部に変色は再現されず、原因は特定できなかった。



発表情報トップページへ

ページトップへ