[本文へ] 消費生活・消費者問題に関する事例や対処方法を紹介しています。

現在の位置 : トップページ > 注目情報 > 発表情報 > 今月の原因究明テスト実施状況(2006年7月分)

[2006年9月6日:公表]

今月の原因究明テスト実施状況(2006年7月分)

 2006(平成18)年7月の原因究明テストの受入件数は7件であった。受け入れの7件は、国民生活センター各部から依頼のもの1件、消費生活センター及び行政機関から依頼のもの6件であった。商品分類別の内訳は、住居品3件、保健衛生品1件、教養娯楽品1件、車両・乗り物2件である。今年度の受入件数の累計は18件となった。

 テストを実施し回答した件数は3件であった。実施・回答した3件は、すべて消費生活センター及び行政機関から依頼のものであった。商品分類別の内訳は食料品1件、被服品1件、教養娯楽品1件である。今年度の実施件数の累計は15件となった。


テスト受入状況

テスト受入件数(( )内は年度累計件数)
商品分類 食料品 住居品 光熱水品 被服品 保健衛生品 教養娯楽品 車両・乗り物 土地・建物・設備
国民生活センター 0 (1) 0 (1) 0 (0) 0 (0) 0 (0) 1 (1) 0 (0) 0 (0) 1 (3)
消費生活センターおよび行政機関 0 (2) 3 (7) 0 (0) 0 (0) 1 (2) 0 (1) 2 (3) 0 (0) 6 (15)
その他 0 (0) 0 (0) 0 (0) 0 (0) 0 (0) 0 (0) 0 (0) 0 (0) 0 (0)
0 (3) 3 (8) 0 (0) 0 (0) 1 (2) 1 (2) 2 (3) 0 (0) 7 (18)

テスト受入商品等

商品名:塗箸

経緯及びテスト依頼内容

100円ショップで購入した塗箸を1週間使用していたところ、右手指と右唇が赤く腫れた。箸の塗装に問題がないか調べてほしい。

商品名:洗濯用合成洗剤

経緯及びテスト依頼内容

新しい洗剤を使い始めたら、乾いた洗濯物から白い粉が落ちるようになり、子供がかぶれるようになった。白い粉が何であるのかを調べてほしい。

商品名:催涙スプレー

経緯及びテスト依頼内容

キーホルダー型催涙スプレーを取り付けたバッグを持ち、散歩に行こうとしたところ、傍にいた人が咳き込み、喉の痛みを訴え、病院に搬送された。自然に漏れるなど商品に問題がないか調べてほしい。

商品名:ヘアードライヤー

経緯及びテスト依頼内容

ヘアードライヤーのスイッチを入れた途端、本体とコードの付け根から発火し、腹部をやけどした。発火した原因を調べてほしい。

商品名:シュレッダー

経緯及びテスト依頼内容

使用していたシュレッダーに2歳8か月の女児が指を挟んで9本切断した。指を挟んだ原因を調べてほしい。

商品名:自動車用油圧式ガレージジャッキ

経緯及びテスト依頼内容

油圧ジャッキを使用してタイヤ交換したところ、突然車体が右に倒れ、車体の一部が破損した。使用していたジャッキに問題がないかどうか調べてほしい。

商品名:折りたたみ自転車

経緯及びテスト依頼内容

走行中に突然チェーンが外れて転倒した。販売店が点検したが、再度走行中に外れた。危険なので、外れやすい原因を調べてほしい。



テスト実施状況

テスト実施件数(( )内は年度累計件数)
商品分類 食料品 住居品 光熱水品 被服品 保健衛生品 教養娯楽品 車両・乗り物 土地・建物・設備
国民生活センター 0 (0) 0 (0) 0 (0) 0 (0) 0 (0) 0 (0) 0 (0) 0 (0) 0 (0)
消費生活センターおよび行政機関 1 (2) 0 (6) 0 (0) 1 (3) 0 (0) 1 (1) 0 (3) 0 (0) 3 (15)
その他 0 (0) 0 (0) 0 (0) 0 (0) 0 (0) 0 (0) 0 (0) 0 (0) 0 (0)
1 (2) 0 (6) 0 (0) 1 (3) 0 (0) 1 (1) 0 (3) 0 (0) 3 (15)

テスト結果の概要

受入月:2006年6月
商品名:大豆イソフラボンを含有する食品

経緯及びテスト依頼内容

表示されている大豆イソフラボン量が適正か調べてほしい。

テスト結果の概要

商品に含まれていた大豆イソフラボン量は表示量の0.08〜21.27%であり、適正な大豆イソフラボン量が表示されているとは言えなかった。

受入月:2006年3月
商品名:買い物袋

経緯及びテスト依頼内容

スーパーで購入した買い物袋から化学的な刺激臭がし、気分が悪くなり吐き気がした。臭いの原因を調べてほしい。

テスト結果の概要

臭いの主な原因物質については、ナフタレン系の化合物及びペンタデカンとヘキサデカンである可能性が考えられた。ナフタレン系の化合物は繊維を染色する際に使用され、これが除去しきれていなかったものと考えられる。その他、比較的多く発生が確認されたフタル酸ジブチル、フタル酸ジ-2-エチルヘキシルは、厚生労働省がシックハウスについて個別に策定した室内濃度指針値の13物質に入っており、また、ナフタレン、ペンタデカン、ヘキサデカンは総揮発性有機化合物(TVOC)を計算する際に同定すべき物質として挙げられている。よって、これらの物質により気分が悪くなった可能性も考えられる。

受入月:2006年3月
商品名:電子辞書

経緯及びテスト依頼内容

電子辞書の蓋のヒンジが2年で壊れた。強度等に問題がないか調べてほしい。

テスト結果の概要

苦情同型品について通常の繰り返し開閉試験を300回行った結果、ヒンジ部分等に異常が発生することはなかった。また、 ヒンジ部分に負荷を加える繰り返し開閉試験の結果、苦情同型品及び参考品のいずれも亀裂や折損が発生したが、繰り返し回数からみて、他の参考品に比べて苦情同型品が強度的に劣ることはなかった。苦情同型品の強度等に問題は認められず、苦情品の左側ヒンジ部分の折損原因を特定することはできなかった。



発表情報トップページへ

ページトップへ