[本文へ] 消費生活・消費者問題に関する事例や対処方法を紹介しています。

現在の位置 : トップページ > 注目情報 > 発表情報 > 今月の原因究明テスト実施状況(2006年4月分)

[2006年6月7日:公表]

今月の原因究明テスト実施状況(2006年4月分)

 2006(平成18)年4月の原因究明テストの受入件数は3件であった。受け入れの3件は、国民生活センター各部から依頼のもの1件、消費生活センター及び行政機関から依頼のもの2件であった。商品分類別の内訳は、食料品1件、住居品2件である。

 テストを実施し回答した件数は6件であった。実施・回答した6件は、すべて消費生活センター及び行政機関から依頼のものであった。商品分類別の内訳は食料品1件、住居品2件、被服品1件、車両・乗り物2件である。


テスト受入状況

テスト受入件数(( )内は年度累計件数)
商品分類 食料品 住居品 光熱水品 被服品 保健衛生品 教養娯楽品 車両・乗り物 土地・建物・設備
国民生活センター 1 (1) 0 (0) 0 (0) 0 (0) 0 (0) 0 (0) 0 (0) 0 (0) 1 (1)
消費生活センターおよび行政機関 0 (0) 2 (2) 0 (0) 0 (0) 0 (0) 0 (0) 0 (0) 0 (0) 2 (2)
その他 0 (0) 0 (0) 0 (0) 0 (0) 0 (0) 0 (0) 0 (0) 0 (0) 0 (0)
1 (1) 2 (2) 0 (0) 0 (0) 0 (0) 0 (0) 0 (0) 0 (0) 3 (3)

テスト受入商品等

商品名:カップめん

苦情の申出内容

インスタントのカップめんに熱湯を注いで運ぶ際、容器が変形し内容物がこぼれて右手をやけどした。容器が他の容器に比べて変形しやすいか調べてほしい。

商品名:電気カーペット

苦情の申出内容

木目調の電気カーペットの上に座布団を置いていたら焦げ臭くなり、電気カーペットと座布団が焦げた。焦げた原因を調べてほしい。

商品名:電球形蛍光ランプ

苦情の申出内容

100円ショップで購入した電球形蛍光ランプが取り付けて3〜4日後に突然破裂した。危険なので原因を調べてほしい。



テスト実施状況

テスト実施件数(( )内は年度累計件数)
商品分類 食料品 住居品 光熱水品 被服品 保健衛生品 教養娯楽品 車両・乗り物 土地・建物・設備
国民生活センター 0 (0) 0 (0) 0 (0) 0 (0) 0 (0) 0 (0) 0 (0) 0 (0) 0 (0)
消費生活センターおよび行政機関 1 (1) 2 (2) 0 (0) 1 (1) 0 (0) 0 (0) 2 (2) 0 (0) 6 (6)
その他 0 (0) 0 (0) 0 (0) 0 (0) 0 (0) 0 (0) 0 (0) 0 (0) 0 (0)
1 (1) 2 (2) 0 (0) 1 (1) 0 (0) 0 (0) 2 (2) 0 (0) 6 (6)

テスト結果の概要

受入月:2006年2月

商品名:牛肉

経緯及びテスト依頼内容

トレーサビリティを導入している店で非常に安価な肉が和牛と表示されているが、黒毛和種かどうか調べてほしい。

テスト結果の概要

実際にサンプリングした検体についてテストした結果、黒毛和種である確率が高いことが分かった。

受入月:2006年2月

商品名:冷蔵庫用脱臭剤

経緯及びテスト依頼内容

冷蔵庫用の脱臭剤を使用していたところ、使用期間表示が5〜6か月のところ、約2か月で取り換えが必要な状態になってしまう。使用期間の表示が適正か調べてほしい。

テスト結果の概要

苦情品は、設置する場所や個体間のばらつきは若干あったものの、10週間(約2か月)でゲル状の薬剤の重量が約1/3減少した。その減少は、時間経過に比例して変化していた。今回のテストに用いた冷蔵庫(1機種)等の試験条件では、記載されていた使用期間中は充分なゲル残量を維持できると推測される。以上のことから、「約2か月で取り換えが必要な状態になってしまう」状況は確認できず、記載された使用期間の表示には問題ないと考えられる。

受入月:2005年12月

商品名:水洗トイレ用芳香洗浄剤

経緯及びテスト依頼内容

外出から帰宅したら、トイレの手洗い部分に置いていた水洗トイレ用芳香洗浄剤の蓋がタンクの穴をふさぎ、階下の部屋まで水浸しになった。商品に問題がないか調べてほしい。

テスト結果の概要

手洗い部が深く、流水量が多い旧年式の隅付タンクで、芳香洗浄剤が浮いたり転倒しやすい条件でテストを実施した結果、蓋と下容器を固定しない場合に蓋が外れて排水口をふさぎ、水溢れに至ることがあった。以上のことから、容器を固定しない状態又は固定が不十分な状態で使用していたことが事故の原因であると思われる。容器のはめ合わせは固く、このような状態で消費者が使用する可能性があった。

受入月:2006年3月

商品名:Tシャツ

経緯及びテスト依頼内容

外国製の高価なTシャツがクリーニングで黒色が色泣きした。染色堅ろう度に問題がないか調べてほしい。

テスト結果の概要

苦情同型品の染色堅ろう度を調べた結果、汗による汚染についてはJIS基準に満たなかった。また、色泣き試験では、黒色部分の染料が移動し、苦情品のように青色のにじみ出る状態が確認できた。手洗いや全自動洗濯機の手洗いに相当するコースで苦情同型品を洗濯した結果、苦情品のような色泣きが生じた。以上のことから、苦情品は黒色部分の未固着の染料が除去されていなかった可能性があり、染色堅ろう度がやや劣っていたものと考えられる。

受入月:2006年3月

商品名:普通自動車

経緯及びテスト依頼内容

購入当初から右に車が流れる。足回り等調整してもらったが改善されない。危険なので調べてほしい。

テスト結果の概要

モニターによる走行テストで、車両が右に寄る傾向が確認された。この傾向は、路面が右下がり、左下がりのいずれの条件でも確認されていることから、道路の傾きなどの環境ではなく、苦情品に起因すると考えられる。しかし、走行中に車両が右に寄る傾向の明確な原因は特定できなかった。

受入月:2005年12月

商品名:自転車のフレーム

経緯及びテスト依頼内容

走行中、突然前フォークが破損し自転車ごと転倒した。軽傷で済んだが危険なので前フォークが破損した原因を調べてほしい。

テスト結果の概要

苦情品前ホークの破断面は複雑な形状で、観察が極めて困難なため破壊形式を判断できなかった。同型品による強度テストを実施した結果、上下振動及び繰り返し荷重に対する耐久性はJIS基準値の2倍の回数でも破損せず、十分であった。また、前ホークのエネルギー吸収ではホークコラムに亀裂が生じたものの、ホークコラムがドライカーボン製である点やエネルギー吸収量が規定値以上であったことを勘案すると、直ちに強度不足とはいえなかった。以上のことから、破断した明確な原因は特定できなかった。



発表情報トップページへ

ページトップへ