[本文へ] 消費生活・消費者問題に関する事例や対処方法を紹介しています。

現在の位置 : トップページ > 注目情報 > 発表情報 > 今月の原因究明テスト実施状況(2006年1月分)

[2006年3月3日:公表]

今月の原因究明テスト実施状況(2006年1月分)

 2006(平成18)年1月の原因究明テストの受入件数は6件であった。受け入れの6件は、国民生活センター各部から依頼のもの1件、消費生活センターおよび行政機関から依頼のもの5件であった。商品分類別の内訳は住居品3件、教養娯楽品1件、車両・乗り物2件である。今年度の受入件数の累計は40件となった。

 テストを実施し回答した件数は2件であった。実施・回答した2件は、消費生活センターおよび行政機関から依頼のもの2件であった。商品分類別の内訳は住居品1件、教養娯楽品1件である。今年度の実施件数の累計は37件となった。


テスト受入状況

テスト受入件数(( )内は年度累計件数)
商品分類 食料品 住居品 光熱水品 被服品 保健衛生品 教養娯楽品 車両・乗り物 土地・建物・設備
国民生活センター 0 (1) 1 (3) 0 (0) 0 (0) 0 (1) 0 (0) 0 (1) 0 (0) 1 (6)
消費生活センターおよび行政機関 0 (1) 2 (13) 0 (0) 0 (0) 0 (0) 1 (10) 2 (8) 0 (2) 5 (34)
その他 0 (0) 0 (0) 0 (0) 0 (0) 0 (0) 0 (0) 0 (0) 0 (0) 0 (0)
0 (2) 3 (16) 0 (0) 0 (0) 0 (1) 1 (10) 2 (9) 0 (2) 6 (40)

テスト受入商品等

商品名:冷蔵庫用脱臭剤

苦情の申出内容

冷蔵庫用の脱臭剤を使っていたところ、使用期間表示が5〜6ケ月のところ、約2ケ月で取り換えが必要な状態になってしまう。

商品名:丸椅子

苦情の申出内容

丸椅子の座面を支えている箇所が折れて壊れた。

商品名:クリーニングの包装用袋

苦情の申出内容

衣類をクリーニングに出し、保管後着用しようとしたら黄変していた。

商品名:幼児用三輪車

苦情の申出内容

幼児用三輪車の座席の後側に付いている伸縮する押し手棒が使用中に急に短くなり危険であった。

商品名:普通自動車

苦情の申出内容

走行中、突然左前輪の支持部分が外れた。

商品名:自動車用撥水型ウインドウオッシャ液

苦情の申出内容

自動車用撥水型ウインドウオッシャ液を購入し、夜間雨の日に初めて使用したら対向車のライトでガラスが真っ白になり事故を起こした。



テスト実施状況

テスト実施件数(( )内は年度累計件数)
商品分類 食料品 住居品 光熱水品 被服品 保健衛生品 教養娯楽品 車両・乗り物 土地・建物・設備
国民生活センター 0 (2) 0 (2) 0 (0) 0 (0) 0 (1) 0 (2) 0 (1) 0 (0) 0 (8)
消費生活センターおよび行政機関 0 (1) 1 (12) 0 (0) 0 (0) 0 (1) 1 (7) 0 (6) 0 (2) 2 (29)
その他 0 (0) 0 (0) 0 (0) 0 (0) 0 (0) 0 (0) 0 (0) 0 (0) 0 (0)
0 (3) 1 (14) 0 (0) 0 (0) 0 (2) 1 (9) 0 (7) 0 (2) 2 (37)

テスト結果の概要

受入月:2005年9月

商品名:電動丸のこ

経緯及びテスト依頼内容

電動丸のこを使用中、ブレードガード(刃をガードするもの)が割れたことにより隙間ができ左手親指を巻き込まれ損傷した。ブレードガードが割れた原因を調べてほしい。

テスト結果の概要

外観調査では、ブレードガードの内壁面にはブレードとの接触で生じた“ブレードで削れた跡”が残っていた。ブレードガードがブレードに接触することは、通常使用では起こりえない。接触するのは(1)ブレードガードに横方向から何かが接触(2)アームが傾斜してブレードガードがサブフェンスに接触等の状況が考えられる。この状況は相談者の申し出と一致しなかったため、ブレードガードが破損した原因は不明であった。

受入月:2005年11月

商品名:携帯電話充電用アダプタ(自動車用)

経緯及びテスト依頼内容

自動車用の携帯電話充電用アダプタの携帯に差し込む部分を操作する押しボタンの根元が数回の使用で折れた。代替品も同様の個所が10ヶ月の使用で破損した。押しボタンが折れた原因を調べてほしい。

テスト結果の概要

苦情品を調査した結果、押しボタンを押してコネクタのツメを引っ込める操作を行ったとき、押しボタンとコネクタの間に約0.5mmの隙間が残り、押しボタンをさらに押し込むことが可能で、その場合、押しボタンの根元(苦情品の破断部)に強く力がかかるものと考えられる。破断部を見ると、外側から大きな力が加わった痕があり、最終的に外側から大きな力が加わったことが破損の原因と考えられる。苦情品は既に製造・販売が終了しており、メーカー在庫もないため、同型品を入手することができず、破断部の強度を調べることができなかった。



発表情報トップページへ

ページトップへ