[本文へ] 消費生活・消費者問題に関する事例や対処方法を紹介しています。

現在の位置 : トップページ > 注目情報 > 発表情報 > 有料老人ホームをめぐる消費者問題に関する調査研究−有料老人ホームの暮らしが快適であるために−

[2006年3月3日:公表]

有料老人ホームをめぐる消費者問題に関する調査研究
−有料老人ホームの暮らしが快適であるために−

実施の理由

1.有料老人ホーム対象調査:有料老人ホームに暮らす人たちの暮らしの実態と問題点を消費者の視点から明らかにし、権利擁護のありかたを探ろうとした。

2.都道府県等対象調査:有料老人ホームに関わる都道府県等行政の現状を明らかにし、消費者の権利擁護のありかたを探ろうとした。



検討内容

 社会福祉政策の研究者、法律家、高齢者施設の専門家による「有料老人ホームをめぐる消費者問題に関する研究会」(座長 高橋紘士 立教大学コミュニティ福祉学部教授)を設置し、実態調査の項目や有料老人ホーム市場の現況、消費者契約の問題点等について検討し、研究会として提言をまとめた。



報告書の入手方法

報告書:226頁 1,000円(本体 953円)
報告書の入手方法等は、調査報告書一覧(出版物の紹介)で案内しています。




本件連絡先 相談調査部調査室
ご相談は、お住まいの自治体の消費生活センター等にお問い合わせください。

※[PDF形式]で作成した文書を開くにはAdobe Readerが必要となります。PDF形式の閲覧方法について


発表情報トップページへ

ページトップへ