独立行政法人国民生活センター

検索メニュー

×閉じる

現在の位置:トップページ > 注目情報 > 発表情報 > 今月の原因究明テスト実施状況(2005年12月分)

ここから本文
[2006年2月3日:公表]

今月の原因究明テスト実施状況(2005年12月分)

 2005(平成17)年12月の原因究明テストの受入件数は2件であった。受け入れの2件は、すべて消費生活センターおよび行政機関から依頼のものであった。商品分類別の内訳は、住居品1件、車両・乗り物1件である。今年度の受入件数の累計は34件となった。

 テストを実施し回答した件数は5件であった。実施・回答した5件は、すべて消費生活センターおよび行政機関から依頼のものであった。商品分類別の内訳は住居品3件、教養娯楽品1件、車両・乗り物1件である。今年度の実施件数の累計は35件となった。

テスト受入状況

テスト受入件数(( )内は年度累計件数)
商品分類 食料品 住居品 光熱水品 被服品 保健衛生品 教養娯楽品 車両・乗り物 土地・建物・設備
国民生活センター 0 (1) 0 (2) 0 (0) 0 (0) 0 (1) 0 (0) 0 (1) 0 (0) 0 (5)
消費生活センターおよび行政機関 0 (1) 1 (11) 0 (0) 0 (0) 0 (0) 0 (9) 1 (6) 0 (2) 2 (29)
その他 0 (0) 0 (0) 0 (0) 0 (0) 0 (0) 0 (0) 0 (0) 0 (0) 0 (0)
0 (2) 1 (13) 0 (0) 0 (0) 0 (1) 0 (9) 1 (7) 0 (2) 2 (34)

テスト受入商品等

商品名:水洗トイレ用芳香洗浄剤

【苦情の内容】

外出から帰宅したら、トイレの手洗い部分に置いていた水洗トイレ用芳香洗浄剤の蓋がタンクの穴をふさぎ階下の部屋まで水浸しになった。

商品名:自転車のフレーム

【苦情の内容】

走行中、突然前輪フォークが破損し自転車ごと転倒し軽傷を負った。

テスト実施状況

テスト実施件数(( )内は年度累計件数)
商品分類 食料品 住居品 光熱水品 被服品 保健衛生品 教養娯楽品 車両・乗り物 土地・建物・設備
国民生活センター 0 (2) 0 (2) 0 (0) 0 (0) 0 (1) 0 (2) 0 (1) 0 (0) 0 (8)
消費生活センターおよび行政機関 0 (1) 3 (11) 0 (0) 0 (0) 0 (1) 1 (6) 1 (6) 0 (2) 5 (27)
その他 0 (0) 0 (0) 0 (0) 0 (0) 0 (0) 0 (0) 0 (0) 0 (0) 0 (0)
0 (3) 3 (13) 0 (0) 0 (0) 0 (2) 1 (8) 1 (7) 0 (2) 5 (35)

テスト結果の概要

受入月:2005年10月
商品名:石油コンロ

【経緯及びテスト依頼内容】

石油コンロのしんが下がらなくなり消火できない。故障を修理しても頻繁に同じ現象が起きるので原因を調べてほしい。

【テスト結果の概要】

苦情品のしん調節機構はしんを下げていったときに引っ掛かることが確認され、その原因がしん調節機構にあるものと推定された。また、しん調節つまみと内部の円筒との連動が円滑でない原因としては、ギヤの歯の摩滅や変形、異物の固着などが考えられるが、特定することはできなかった。

受入月:2005年10月
商品名:

【経緯及びテスト依頼内容】

ビルトインタイプの食器洗い乾燥機が使用中突然停止し、見ると床下まで水漏れしていた。水漏れした原因を調べてほしい。

【テスト結果の概要】

通常運転では水漏れは発生せず、蓋が完全に閉まらない状態では運転が開始されなかった。水槽と蓋との間に隙間が生じていることが検知されない程度の小さい異物が挟まった状態では水漏れが発生したが、センサーは作動せず、運転を続けた。相談者の水漏れ事故発生時には、食器洗い乾燥機の水槽と蓋との間に何らかの異物が挟まっていた可能性などが考えられるが、原因を特定することはできなかった。

受入月:2005年10月
商品名:コンセント付き食器戸棚

【経緯及びテスト依頼内容】

1年前にコンセント(2口)付き食器戸棚を購入し、電気ポットと炊飯器を使用していた。数日前に、電気ポットのプラグを抜いたらコンセントの差し込みが焦げていた。コンセントには安全装置が付いていたが作動しなかった。差し込み口が焦げた原因を調べてほしい。

【テスト結果の概要】

コンセントの焼損した差し込み口の刃受けの間隔が広くなっており、焼損が大きなほうでは特に広くなっていた。コンセントの刃受けと電気ポットのプラグの栓刃との接触が不完全となり、この部分の電気抵抗が大きくなったため、ブレーカーが作動しない程度の電流で焼損したと考えられる。

受入月:2005年8月
商品名:目覚まし時計

【経緯及びテスト依頼内容】

コンセントに差し込むタイプの目覚まし時計が熱くなる。熱くなることによって危険がないか調べてほしい。

【テスト結果の概要】

苦情品は危険性のある温度まで発熱しているとは言えなかった。苦情品が熱く感じられた原因は、内部のトランスが通電時に温度上昇していることによるものである。特に、底面が他の部位よりも温度が高くなっていた原因は、本体ケースが変形したことに伴い、トランスが本体ケース底面の内側と接近したことによるものである。なお、本体ケースは時計内部の熱のみによって変形したとは考えにくく、何らかの外部からの熱の影響が加わった可能性が考えられる。

受入月:2005年10月
商品名:自転車用空気ポンプ

【経緯及びテスト依頼内容】

自転車用空気ポンプをオートバイのタイヤの空気入れに使用中、台座から本体パイプ部分が外れ、固定ペダルを押えていた左足親指に突き刺さり切断した。台座から本体パイプ部分が外れた原因を調べてほしい。

【テスト結果の概要】

事故原因は、苦情品のシリンダー本体と台座の接合部の取り付け強度が不足していたことが考えられる。強度不足の原因として、ねじ部の固定力に着目すると、苦情品はシリンダー本体の外径が台座の内径より小さいためひっかかりがなく固定力がほとんど得られない状態であったと考えられる。なお、接着剤については痕跡がほとんど確認できず、強度も不明であった。また、テスト結果から、繰り返し使用することで取り付け強度が徐々に弱くなっていったことも考えられる。