[本文へ] 消費生活・消費者問題に関する事例や対処方法を紹介しています。

現在の位置 : トップページ > 注目情報 > 発表情報 > 海外で利用できる携帯電話のトラブル−国際ローミングサービスを中心に−

[2006年1月10日:公表]

海外で利用できる携帯電話のトラブル
−国際ローミングサービスを中心に−

実施の理由

 携帯電話の契約件数は平成17年11月末現在で約8967万件(社団法人電気通信事業者協会調べ)となっており、人口の約7割が所持していることになる。携帯電話の付加機能やサービスは年々多様化し、最近では海外でも使えるようになってきている。

 「国際ローミングサービス」(※)は1997年頃より開始されたが、この新しいサービスに関しては、消費者は内容を十分に理解できていない状況にあり、PIO-NET(全国消費生活情報ネットワーク・システム)には、海外で携帯電話を盗まれ不正利用され、通話料が数百万円と高額になってしまった、海外で利用可能と聞き契約をしたが、利用できなかったというような苦情が寄せられている。

 海外で通話できない機種であっても、携帯電話をカメラ代わりに海外に持って行く人や、出国までの連絡用として持って行くこともある。また、電話会社によっては、販売する多くの機種が海外対応となっている現状もある。海外で電話として利用するつもりがなくても、紛失や盗難で思わぬトラブルになる危険性は増大している。

 携帯電話の苦情のなかで、国際ローミングサービスなど海外に関連した携帯電話の相談件数は年々増加傾向にある。今後もこのような携帯電話が増えていくことが考えられることから、トラブルの未然防止のために情報提供を行うこととする。

※国際ローミングサービス…海外の提携事業者の設備を利用して、契約している携帯電話会社のサービスを受けられるようにするサービス。



相談件数

 PIO-NET(全国消費生活情報ネットワーク・システム)に寄せられた国際ローミングサービスなどの海外に関連した携帯電話の相談件数は、2001年度から2005年度までの5年間で合計349件である。2005年度は11月末日現在86件で、2004年度の同時期(42件)と比較すると、約2倍の相談が寄せられている。



消費者へのアドバイス

(1) 説明書などをよく確認し、不明な点は説明を求める
(2) 海外で紛失・盗難にあったときにも早急に利用停止の連絡する
(3) 不正利用防止のため、暗証番号を設定する
(4) 海外で利用する必要がなければ、最初から国際ローミングを申し込まない



本件連絡先 相談調査部
ご相談は、お住まいの自治体の消費生活センター等にお問い合わせください。

※[PDF形式]で作成した文書を開くにはAdobe Readerが必要となります。PDF形式の閲覧方法について


発表情報トップページへ

ページトップへ