[本文へ] 消費生活・消費者問題に関する事例や対処方法を紹介しています。

現在の位置 : トップページ > 注目情報 > 発表情報 > 自動車のドアに挟む事故−ドアに関する事故の分析とスライドドアのテスト

[2006年1月10日:公表]

自動車のドアに挟む事故−ドアに関する事故の分析とスライドドアのテスト

目的

 国民生活センター危害情報システムには、2000年度以降2005年10月末までに、自動車のドアや窓等で身体を挟んだ事故は826件寄せられている。この中で、圧倒的多数を占めているのがドアにより挟んだというもの755件である。一方、最近は乗車定員が多く子供がいる家族向けに人気が高いミニバンを中心に、スライドドアを装備する車種が増えている。そこで、病院情報からドアでの事故についての分析を行うとともに、重篤な事例もみられるスライドドアに挟まれたときの衝撃力や、最近装備する車種が多くなっているパワースライドドアに挟まれたときの衝撃力、挟み込み防止機能の有効性などを調べた。



結果

(病院情報から)

  • ドアでの事故(755件)のうち、10歳未満が344件で最も多く全体の45.6%を占めていた。
  • 危害を受けた部位は、「腕・手」が711件で最も多く(94.2%)、その中でも「手指」が圧倒的に多く658件であった。ただし、0歳時のみは脚部の事故のほうが多かった。
  • スライドドアと特定できたものは40件で、ドア全体よりもけがの程度が重篤となる傾向がみられた。

(テスト結果から)

  • スライドドアに挟まれたときの衝撃力は、ヒンジドアに挟まれたときの2倍以上と大きく、重篤なけがを負う危険性があった。
  • 坂道でのスライドドアの開閉にはかなりの力が必要で、誤って手を放したときスライドドアに挟まれる衝撃力は非常に大きく、重篤なけがを負う危険性があった。
  • パワースライドドアに挟まれると、人が閉めたときより小さい衝撃力で挟み込み防止機能が作動したが、挟まれ方によっては作動しないことがあった。
  • リモコンによるスライドドアの開閉は便利であるが、車の周辺の状況が確認できないほど離れた位置から操作することも可能なため注意が必要であった。
  • 夜間、後続車にスライドドアが開いていることを知らせる反射板の装備状況はまちまちで、左右のドアとも装着されていない銘柄がみられた。


消費者へのアドバイス

(病院情報から)

  • 子どもの事故が多いが、これは保護者の不注意で起こることも多いようなので、特に小さい子どもを自動車に乗せてドアを閉めるときは子どもが手や足などをドア部分に出していないかを確認すること。子どもがいたずらしてドアの開閉を行うことが考えられるなら、車内からドアを開けられないチャイルドロックをかけるとよい。
  • 大半が軽症とはいえ、年齢が上がるにつれ危害程度が重くなり、治療に時間がかかるようになる。特にけがの多い手指の爪を中心とした部分は細かい組織で治療も難しく、後遺症があると日常生活に影響も考えられる。ドアの開閉動作はあわてず、気をつけて行うこと。
  • 風の力や坂道などで予期せずにドアが閉まることで危害を受けているケースもある。強風や坂道などでドアに力がかかる状態で無理してドアの開閉を行わないこと。
  • 万一けがをした場合、出血しているなら患部をハンカチなどで軽く押さえ止血する。輪ゴムやヒモなどできつく縛ったりしないこと。内出血を起こしている場合は冷やすこと。いずれも大きなけがであれば病院を受診すること。

(テスト結果から)

  • スライドドアに挟まれたときの衝撃力は、ヒンジドアに比べ2倍以上と非常に大きく、重篤な事故も発生しているので操作するときには注意が必要。
  • 坂道でのスライドドアの開閉にはかなりの力が必要で、誤って手を放しスライドドアに挟まれると重篤な事故となるので、操作は慎重に行うこと。
  • パワースライドドアを操作するときには周辺の状況を確認してから行うこと。
  • スライドドアが開いていることを示す反射板が装備されていないこともあるため、乗車している人はもちろんのこと、車両で走行している人は十分に注意する必要がある。


業界への要望

  • パワースライドドアの挟み込み防止機能は、作動するときの衝撃力が大きいものや、状況によっては作動しないこともあったので、より安全なものとなるよう改善を要望する。
  • リモコン操作ではかなり遠くからパワースライドドアの開閉ができたが、安全の観点から改善を要望する。


要望先

社団法人 日本自動車工業会



情報提供先

内閣府 国民生活局 消費者調整課
経済産業省 商務情報政策局 消費経済政策課
経済産業省 製造産業局 自動車課
国土交通省 自動車交通局 技術安全部 審査課



業界の意見 −たしかな目 2006年4月号より−

「日本自動車工業会」より

 当業界にご要望いただいた事項およびテスト結果については、貴重な情報として全社に周知致しました。各社においては従来から安全なクルマの開発に取り組んでいますが、今回のご要望事項とテスト結果についても車両開発の参考として活用させて頂きます。

 また、当業界では自動車のドアに挟む事故について、これまでもパンフレット「セーフティカーライフ」や啓発広告を通して注意喚起を行ってきております。

 スライドドアの正しい取扱い方については、取り扱説明書などで解説させていただいているところであります。

 今回、貴センターのテスト結果を踏まえ、新たにスライドドアに対する正しい知識と取扱い方法について、当会が運営するホームページ「安全運転講座」上に掲載する予定です。

 このように、業界としては、消費者に対しスライドドアの正しい知識と使用方法を訴求する活動を今後も継続し、前向きに取組むことにより自動車のドアに挟む事故の未然防止に努めたいと思います。

(社)日本自動車工業会 理事・事務局長 田中勲




本件連絡先
情報分析部
商品テスト部(テスト内容) 電話 042-758-3165

※[PDF形式]で作成した文書を開くにはAdobe Readerが必要となります。PDF形式の閲覧方法について


発表情報トップページへ

ページトップへ