[本文へ] 消費生活・消費者問題に関する事例や対処方法を紹介しています。

現在の位置 : トップページ > 注目情報 > 発表情報 > 消費生活相談にみる2005年の10大項目

[2005年12月7日:公表]

消費生活相談にみる2005年の10大項目

実施の理由

 「全国消費生活情報ネットワーク・システム(PIO−NET)」で収集している消費生活相談のうち、平成17年(2005年1月〜10月)に相談件数が多かったものや、相談件数が急増したもの、社会的に注目を集めたもの10項目について取りまとめ、1年間を振り返るとともに、消費者啓発の一助とする。

 なお、この「消費生活相談にみる10大項目」は平成4年以降毎年とりまとめており、今回で14回目である。



結果・現状

 2005年の10大項目は、次の通りである。

 1.悪質訪販リフォーム、高齢者・判断不十分者をはじめ被害深刻
 2.個人情報保護法全面施行、相談受付はじまる
 3.生命保険(告知義務違反、不払問題)に関する相談相次ぐ
 4.キャッシュカードを狙ったスキミング・盗撮事件などが多発
 5.増加する銀行窓口販売トラブル
 6.多重債務に関する相談、依然深刻
 7.アスベスト問題への関心高まる
 8.薬効・効能をうたった健康食品、相談急増
 9.製造物責任(PL)法施行から満10年
 10.架空請求相談は鎮静化、消費生活相談総数は依然高水準



本件連絡先 総務企画部企画調整課
電話 03-3443-6284

※[PDF形式]で作成した文書を開くにはAdobe Readerが必要となります。PDF形式の閲覧方法について


発表情報トップページへ

ページトップへ