独立行政法人国民生活センター

検索メニュー

×閉じる

現在の位置:トップページ > 注目情報 > 発表情報 > 卓上型食器洗い乾燥機−様々な洗浄機構のものを中心に−

ここから本文
[2005年10月6日:公表]

卓上型食器洗い乾燥機−様々な洗浄機構のものを中心に−

目的

 最近の食器洗い乾燥機は様々な洗浄機構を持つ商品が出回ってきた。そこで、最近出回っている食器洗い乾燥機について、省エネ性、蒸気によるやけどの危険性などを調べるとともに、使用水量や消費電力、使い勝手などから、適正な表示がされているかどうかを調べることとする。なお、食器洗い乾燥機の基本的な洗浄性能についてもあわせて調べ、消費者に情報提供する。

結果

  • 念入りに洗うコースの運転1回当たりの平均費用は、手洗いの平均費用よりも高かった
  • 高級漆器は表面が剥がれ、プラスチック製食器は変形することがあった
  • 表示や説明に不備な点があった
  • 手洗いでの使用水量や費用で、メーカー表示値とテストでの実測値とに2倍以上の差が生じた
  • 台所用洗剤や食塩を使用する洗浄は、専用洗剤で洗浄するよりも汚れが落ちにくかった
  • 洗浄性能には、食器や食材の種類によってムラが生じた

消費者へのアドバイス

1)実使用にあたっての注意点

  • 節水の観点からすれば、手洗いよりも食器洗い乾燥機のほうが有効。しかし、念入りに洗うコースの運転1回当たりの平均費用は、手洗いの平均費用よりも高い
  • 高級漆器やプラスチック製食器(取扱説明書で使用を避けたほうが良いとされている食器類)は、食器洗い乾燥機では洗浄しない
  • グラタンの焼けつきや口紅など、従来から落ちにくいとされていた汚れの洗浄にはあまり期待しない
  • 食器洗い乾燥機での洗浄と手洗いとを使い分けるなどの工夫をする
  • 食器の入れ方は適正に、また、食器洗い乾燥機に合ったサイズや形状の食器を使用する

2)購入を検討する場合の注意点

  • 自宅のキッチンスペースを考慮した上で商品選択する
  • よく使用する食器の種類や食器点数を考慮する
  • 分岐水栓の購入費用や取付工事費用が別途必要になる
  • 定格15A以上の単独コンセントを確保する

業界への要望

  • 手洗いの使用水量や費用についての表示は、より適正な数値を記述するよう望む
  • 警告表示などの重要な表示は、食器洗い乾燥機本体の適所に記載することを望む
  • 待機電力の省電力化を望む
  • 汚れ落ちについての表示を明確にするよう望む
  • 洗浄性能のさらなる向上を望む

要望先

社団法人 日本電機工業会


本件連絡先 商品テスト部
電話 042−758−3165

※[PDF形式]で作成した文書を開くにはAdobe Readerが必要となります。案内ページ