[本文へ] 消費生活・消費者問題に関する事例や対処方法を紹介しています。

現在の位置 : トップページ > 注目情報 > 発表情報 > ダイエットなどをうたった「健康食品」−センナ茎を使った茶類を中心に−

[2005年9月7日:公表]

ダイエットなどをうたった「健康食品」−センナ茎を使った茶類を中心に−

目的

 ダイエットなどをうたいセンナ茎を原材料に使用した「健康食品」20銘柄について、センナの成分で下剤としての作用があるセンノシドの含量を中心に、微生物、異物混入などの衛生面や残留農薬の値、表示についても調べた。



結果

  • 20銘柄中18銘柄で下剤成分であるセンノシドが検出され、摂り方によっては14銘柄で下剤としての生理作用を及ぼす可能性のある量のセンノシドを摂ることが分かった
  • 「専ら医薬品として使用される原材料」である葉軸が茶類の3銘柄から検出された
  • 茶類は形態鑑別が困難なほど細かく砕けているものが多く、また「専ら医薬品として使用される原材料」である葉軸が検出された銘柄のセンノシド量が多いわけではなかったことから、下剤としての生理作用の有無はセンノシド量を測定しないと分からなかった
  • 前回テストの商品と比べた際、単位量当たりのセンノシド量は全体としては低かったが、形態鑑別が不可能な錠剤では前回テストの商品と同程度多い量のセンノシドが含まれていたものもあった
  • やかんで煮出したり、ティーバッグを浸ける時間を長くしたものを飲むと、センノシドを多く摂る可能性があることが分かった
  • 品質管理上、不衛生な環境で製造されたと考えられるものがあった
  • 農薬(総BHC、総DDT)の残留は基準値以下であった
  • 「ダイエット」効果に関する表示が多数見られた。また、18銘柄から下剤成分であるセンノシドが検出されているにもかかわらず、体調に関する表示は少なかった


消費者へのアドバイス

  • センナ茎は食品として使用可能な部位であるが、今回テストしたセンナ茎を使用した「健康食品」には下剤成分であるセンノシドがほとんどの銘柄に含まれていた。使用する際には少量から試して様子をみる
  • 茶類は、やかんで煮出したり、ティーバッグを浸けておく時間を長くすると、下剤成分であるセンノシドを多く摂る可能性があるので注意する
  • 開封後の保存や、入れた後のお茶の保存には冷蔵庫に入れる等十分注意する
  • 「ダイエット」等の効果に関する表示が多く見られたが、今回のような「健康食品」の効果に関する表示は、科学的根拠に基づき公的に認められているものとは異なる


業界への要望

  • 「専ら医薬品として使用される原材料」である葉軸が混入しているものが見られたので、改善を要望する
  • 摂り方によっては、下剤として生理作用を及ぼす可能性のあるような量のセンノシドを摂ることがあるので、注意表示を十分にするように改善を要望する
  • より衛生的な環境での製造を、また殺菌処理などの表示の改善を要望する
  • 「ダイエット」効果を強調した表示が見られたので根拠なく表示しないよう改善を要望する


行政への要望

  • 形態鑑別によってセンナの使用部位が確認できなかったものの中にも、下剤としての生理作用を及ぼす量のセンノシドを含むものがあったので、1日の摂取目安量の設定について、センノシド量を考慮し、十分な安全率を見込むよう指導を要望する
  • 「専ら医薬品として使用される原材料」である葉軸が検出された銘柄があったので指導の徹底を要望する
  • 「ダイエット」等の効果を強調した表示が見られたので、改善の指導を要望する


要望先

厚生労働省 医薬食品局 食品安全部基準審査課 新開発食品保健対策室
厚生労働省 医薬食品局 監視指導・麻薬対策課
公正取引委員会事務総局 取引部 景品表示監視室
財団法人 日本健康・栄養食品協会




本件連絡先 商品テスト部
電話 042−758−3165

※[PDF形式]で作成した文書を開くにはAdobe Readerが必要となります。案内ページ


発表情報トップページへ

ページトップへ