[本文へ] 消費生活・消費者問題に関する事例や対処方法を紹介しています。

現在の位置 : トップページ > 注目情報 > 発表情報 > 今月の原因究明テスト実施状況(2005年4月分)

[2005年6月3日:公表]

今月の原因究明テスト実施状況(2005年4月分)

 2005(平成17)年4月の原因究明テストの受入件数は3件であった。受け入れの3件は、国民生活センター各部から依頼のもの1件、消費生活センターおよび行政機関から依頼のもの2件であった。商品分類別の内訳は、食料品1件、住居品2件である。

 テストを実施し回答した件数は4件であった。実施・回答した4件は、国民生活センター各部から依頼のもの1件、消費生活センターおよび行政機関から依頼のもの3件であった。商品分類別の内訳は食料品1件、住居品1件、保健衛生品1件、車両・乗り物1件である。


テスト受入状況

テスト受入件数(( )内は年度累計件数)
商品分類 食料品 住居品 光熱水品 被服品 保健衛生品 教養娯楽品 車両・乗り物 土地・建物・設備
国民生活センター 0 (0) 1 (1) 0 (0) 0 (0) 0 (0) 0 (0) 0 (0) 0 (0) 1 (1)
消費生活センターおよび行政機関 1 (1) 1 (1) 0 (0) 0 (0) 0 (0) 0 (0) 0 (0) 0 (0) 2 (2)
その他 0 (0) 0 (0) 0 (0) 0 (0) 0 (0) 0 (0) 0 (0) 0 (0) 0 (0)
1 (1) 2 (2) 0 (0) 0 (0) 0 (0) 0 (0) 0 (0) 0 (0) 3 (3)

テスト受入商品等

商品名:押入れシート

【苦情の内容】

押入れに貼り付けて「光触媒」でカビ等を防止するという高額なシートを使用している。光のない押入れで、光触媒の性能が発揮されるのか。

商品名:瓶入りしょうが

【苦情の内容】

おろししょうがの瓶容器のふたを購入したその日に開けようとした際、瓶が割れ右手親指つけ根内側を切り4針縫った。

商品名:ほ乳瓶

【苦情の内容】

1歳児にほ乳瓶でミルクを与えていたところ、目を離している間にミルクを飲み終わり、ほ乳瓶の底がこなごなになっていた。



テスト実施状況

テスト実施件数(( )内は年度累計件数)
商品分類 食料品 住居品 光熱水品 被服品 保健衛生品 教養娯楽品 車両・乗り物 土地・建物・設備
国民生活センター 1 (1) 0 (0) 0 (0) 0 (0) 0 (0) 0 (0) 0 (0) 0 (0) 1 (1)
消費生活センターおよび行政機関 0 (0) 1 (1) 0 (0) 0 (0) 1 (1) 0 (0) 1 (1) 0 (0) 3 (3)
その他 0 (0) 0 (0) 0 (0) 0 (0) 0 (0) 0 (0) 0 (0) 0 (0) 0 (0)
1 (1) 1 (1) 0 (0) 0 (0) 1 (1) 0 (0) 1 (1) 0 (0) 4 (4)

テスト結果の概要

受入月:2005年2月
商品名:豆乳

【経緯及びテスト依頼内容】

豆乳を湯呑に入れて電子レンジで温め、スプーンを入れた途端、豆乳が噴き上がり顔に大火傷を負った。電子レンジによる豆乳の加熱の危険性について調べてほしい。

【テスト結果の概要】

苦情同型品を電子レンジで温めたところ、2回目の温め終了後にスプーンを入れると豆乳が噴き上がり、事故と同様に危険な状態が確認できた。参考品の豆乳や牛乳でも同様で、苦情同型品に限った現象でないことがわかった。豆乳などの飲料物を電子レンジで加熱すると「突沸」することがあるため注意表示が望まれる。消費者も飲料物などを電子レンジで加熱するときは、沸騰させる加熱は行わない等注意する。

受入月:2005年2月
商品名:ステンレス製片手雪平鍋

【経緯及びテスト依頼内容】

ステンレス製片手雪平鍋が10回の使用で、木製取っ手の裏がこげ、ぐらぐらしてきた。危険がないか調べてほしい。

【テスト結果の概要】

苦情同型品の取っ手は、取り付け高さが低く炭化しやすい状況にあり、調理物、火力などによっては、苦情品と同様にビスが脱落する可能性がある。また、炭化まで至らなくても、取っ手付け根部分が炎や熱の影響で外径が細くなると、ビスが浮き上がりがたつきを生じ、強度が大きく低下し、取っ手が取れる可能性が高いと考えられる。

受入月:2005年3月
商品名:お試しセットの美容液

【経緯及びテスト依頼内容】

お試しセットの化粧品を購入し、中の美容液を1年半後に開封し使用したところ、顔がかぶれた。ごくわずかしか残っていないがクレゾール臭がするので、クレゾールが含まれているかどうか調べてほしい。

【テスト結果の概要】

HPLC分析の結果、苦情品には、m-クレゾールとp-クレゾールが含まれていた。苦情同型品からはクレゾールは検出されなかった。苦情品の吸光スペクトルを測定した結果、市販のクレゾール石けん液のものによく似ていた。クレゾールの濃厚な液は、皮膚に付着すると、炎症やひどい場合には局所的な壊死を引き起こす。これは、相談者の症状とよく一致する。以上より、混入過程は不明であるが、苦情品にはクレゾール石けん液が混入していた可能性が極めて高い。

受入月:2005年3月
商品名:軽自動車

【経緯及びテスト依頼内容】

走行中に車のボンネットから出火し、エンジンルーム内を焼損した。焼損した原因を調べてほしい。

【テスト結果の概要】

クーリングファン構成部品などが焼損していたが、クーリングファンに通電すると動作することなどから原因は特定できなかった。



発表情報トップページへ

ページトップへ