[本文へ] 消費生活・消費者問題に関する事例や対処方法を紹介しています。

現在の位置 : トップページ > 注目情報 > 発表情報 > 今月の原因究明テスト実施状況(2005年3月分)

[2005年5月10日:公表]

今月の原因究明テスト実施状況(2005年3月分)

 2005(平成17)年3月の原因究明テストの受入件数は6件であった。受け入れの6件は、国民生活センター各部から依頼のもの1件、消費生活センターおよび行政機関から依頼のもの5件であった。商品分類別の内訳は、住居品2件、保健衛生品1件、教養娯楽品1件、車両・乗り物2件である。今年度の受入件数の累計は47件となった。

 テストを実施し回答した件数は5件であった。実施・回答した5件は、国民生活センター各部から依頼のもの1件、消費生活センターおよび行政機関から依頼のもの4件であった。商品分類別の内訳は、食料品1件、保健衛生品1件、教養娯楽品2件、車両・乗り物1件である。今年度の実施件数の累計は45件となった。


テスト受入状況

テスト受入件数(( )内は年度累計件数)
商品分類 食料品 住居品 光熱水品 被服品 保健衛生品 教養娯楽品 車両・乗り物 土地・建物・設備
国民生活センター 0 (1) 0 (4) 0 (0) 0 (0) 0 (2) 1 (3) 0 (0) 0 (0) 1 (10)
消費生活センターおよび行政機関 0 (3) 2 (11) 0 (0) 0 (1) 1 (8) 0 (4) 2 (9) 0 (1) 5 (37)
その他 0 (0) 0 (0) 0 (0) 0 (0) 0 (0) 0 (0) 0 (0) 0 (0) 0 (0)
0 (4) 2 (15) 0 (0) 0 (1) 1 (10) 1 (7) 2 (9) 0 (1) 6 (47)

テスト受入商品等

商品名:加湿器

【苦情の内容】

市販のペットボトル(500ml使用)に水を入れ、逆さに差し込むタイプのスチーム式加湿器が倒れてしまい手に火傷した。

商品名:三脚脚立

【苦情の内容】

三脚脚立に上って樹木を剪定作業中、後支柱が突然折れて落下した。

商品名:お試しセットの美容液

【苦情の内容】

お試しセットの化粧品を購入し、中の美容液を1年半後に開封し使用したところ、顔がかぶれた。

商品名:パソコンのマザーボード

【苦情の内容】

パソコンの電源が入らなくなった。当該マザーボードメーカーのコンデンサに問題があり、無償交換していることがわかった。そこで、自分のマザーボードをメーカーで調べてもらったところ、コンデンサには異常がなく、他の原因であると言われた。

商品名:軽自動車

【苦情の内容】

走行中に車のボンネットから出火し、エンジンルーム内を焼損した。

商品名:自動車用タイヤ

【苦情の内容】

自動車のタイヤが約2年の走行で破損した。



テスト実施状況

テスト実施件数(( )内は年度累計件数)
商品分類 食料品 住居品 光熱水品 被服品 保健衛生品 教養娯楽品 車両・乗り物 土地・建物・設備
国民生活センター 0 (0) 0 (4) 0 (0) 0 (0) 0 (2) 1 (1) 0 (0) 0 (0) 1 (7)
消費生活センターおよび行政機関 1 (5) 0 (9) 0 (0) 0 (1) 1 (8) 1 (4) 1 (10) 0 (1) 4 (38)
その他 0 (0) 0 (0) 0 (0) 0 (0) 0 (0) 0 (0) 0 (0) 0 (0) 0 (0)
1 (5) 0 (13) 0 (0) 0 (1) 1 (10) 2 (5) 1 (10) 0 (1) 5 (45)

テスト結果の概要

受入月:2004年7月
商品名:おにぎり

【経緯及びテスト依頼内容】

おにぎりの中身のいくらが天然であるとすれば、衛生面に問題がないか心配である。人工のいくらを使っていることも考えられるので調べてほしい。

【テスト結果の概要】

おにぎりのいくらやすじこは、天然のものと考えられる。苦情同型品と思われる銘柄について細菌テストを行ったところ、衛生面では、消費期限内においては、問題がないと考えられた。これは、製造管理に加えて、有機酸などの日持ち向上にかかわる食品添加物の使用によるものと考えられる。

受入月:2005年1月
商品名:電子ゲーム玩具

【経緯及びテスト依頼内容】

購入したゲーム機の操作ボタンが反応しないことがある。画面にドット欠けも多い。調べてほしい。

【テスト結果の概要】

苦情品及び苦情同型品1の操作ボタンのひとつは、中心から左側にずれた場所を押した時、反応しない場合があることがわかった。これは、ボタンの中心と、ボタンが押されたことを感知する部分の中心がずれているためと推測される。苦情同型品2ではこの現象は確認されなかった。ドット欠けは苦情品、苦情同型品1、2では確認されなかった。黒い点は、液晶のドット欠けによるものではなく、本体カバー裏側、本体内部に付着した微小なゴミやほこりによるものとわかった。

受入月:2004年12月
商品名:水中で水素を発生する商品

【経緯及びテスト依頼内容】

水中で水素を発生する商品を飲料水に入れると、水が水素を豊富に含み、活性酸素を消去するというが、実感できない。この商品の活性酸素消去能を調べてほしい。

【テスト結果の概要】

苦情同型品を20分間及び5時間浸漬した水について、ESR法により活性酸素のひとつであるスーパーオキシドの消去活性を測定したが、検知できるほどの消去能は認められなかった。

受入月:2004年12月
商品名:水槽の藻取り薬剤

【経緯及びテスト依頼内容】

熱帯魚の水槽の藻を取るために薬剤を入れたら、熱帯魚が死んだ。製品に含まれている除草剤の濃度を調べてほしい。

【テスト結果の概要】

水槽の藻取り薬剤に使われている除草剤はジウロン(diuron(DCMU))で、製品中に約0.6%含まれていた。 ジウロンは、農薬取締法において魚毒性「A類」に分類される農薬であった。苦情品に含まれる除草剤の成分は、使用方法に記載された所定量で希釈(25ml/トン)して使用する限りでは、0.15ppmとなり、魚毒性の観点から見て影響のない含量であると考えられた。

受入月:2005年1月
商品名:自転車

【経緯及びテスト依頼内容】

自転車で坂道を走行中、突然前車輪が湾曲し転倒。側頭部と両手を負傷した。車輪の強度に問題がないか調べてほしい。

【テスト結果の概要】

苦情品の前輪は横方向に大きく変形していた。苦情同型品のテスト結果から、前輪の構成部品であるリムの強度はJIS規格に合致していなかったものの、タイヤとリム、スポークで構成された前輪そのものの強度は、JIS規格や実走行試験では問題は見られなかった。



発表情報トップページへ

ページトップへ