[本文へ] 消費生活・消費者問題に関する事例や対処方法を紹介しています。

現在の位置 : トップページ > 注目情報 > 発表情報 > 今月の原因究明テスト実施状況(2004年8月分)

[2004年10月6日:公表]

今月の原因究明テスト実施状況(2004年8月分)

 2004(平成16)年8月の原因究明テストの受入件数は4件であった。受け入れの4件は、すべて消費生活センターおよび行政機関から依頼のものであった。商品分類別の内訳は、食料品1件、被服品1件、保健衛生品1件、車両・乗り物1件である。今年度の受入件数の累計は25件となった。

 テストを実施し回答した件数は5件であった。実施・回答した5件は、国民生活センター各部から依頼のもの2件、消費生活センターおよび行政機関から依頼のもの3件であった。商品分類別の内訳は食料品1件、住居品3件、保健衛生品1件である。今年度の実施件数の累計は19件となった。


テスト受入状況

テスト受入件数(( )内は年度累計件数)
商品分類 食料品 住居品 光熱水品 被服品 保健衛生品 教養娯楽品 車両・乗り物 土地・建物・設備
国民生活センター 0 (0) 0 (2) 0 (0) 0 (0) 0 (2) 0 (0) 0 (0) 0 (0) 0 (4)
消費生活センターおよび行政機関 1 (3) 0 (7) 0 (0) 1 (1) 1 (5) 0 (1) 1 (3) 0 (1) 4 (21)
その他 0 (0) 0 (0) 0 (0) 0 (0) 0 (0) 0 (0) 0 (0) 0 (0) 0 (0)
1 (3) 0 (9) 0 (0) 1 (1) 1 (7) 0 (1) 1 (3) 0 (1) 4 (25)

テスト受入商品等

商品名:缶詰(ツナ)
件数:1件

【苦情の内容】

ツナ缶詰(イージーオープン缶)のタブが取れ、缶詰が開けられない状態になった。

商品名:紳士下着
件数:1件

【苦情の内容】

300回洗濯しても破れないというシルクのトランクスを通信販売で購入した。10〜15回の洗濯で小さな穴が開くようになった。

商品名:ヘアクリーム
件数:1件

【苦情の内容】

通信販売で、毛髪に塗って光に当てると除々に発色しはじめ、1〜3日で自然な黒髪に仕上がるというヘアクリームを購入した。1本なくなるまで使用し続けたが効果が認められない。

商品名:自動車盗難防止装置
件数:1件

【苦情の内容】

駐車場に車を止めていたら、ダッシュボードの上に取り付けていた自動車盗難防止装置が溶け、フロントガラスにひびが入り、天井がすすけてしまった。



テスト実施状況

テスト実施件数(( )内は年度累計件数)
商品分類 食料品 住居品 光熱水品 被服品 保健衛生品 教養娯楽品 車両・乗り物 土地・建物・設備
国民生活センター 0 (0) 1 (1) 0 (0) 0 (0) 1 (2) 0 (0) 0 (0) 0 (0) 2 (3)
消費生活センターおよび行政機関 1 (3) 2 (3) 0 (0) 0 (0) 0 (3) 0 (1) 0 (5) 0 (1) 3 (16)
その他 0 (0) 0 (0) 0 (0) 0 (0) 0 (0) 0 (0) 0 (0) 0 (0) 0 (0)
1 (3) 3 (4) 0 (0) 0 (0) 1 (5) 0 (1) 0 (5) 0 (1) 5 (19)

テスト結果の概要

受入月:2004年7月
商品名:缶詰

【経緯及びテスト依頼内容】

購入して1ヶ月ほど台所の床に置いていたアスパラガスの缶詰が突然破裂し、天井に突き刺さった。また、破裂したときには、腐敗臭があたりに立ちこめていた。苦情品は事業者の手元に渡っているため、苦情同型品で破裂した原因を調べてほしい。

【テスト結果の概要】

苦情同型品では缶の破裂の原因となる二酸化炭素を発生する菌の増殖や、水素を発生するスズの溶出は、特になかった。破裂した苦情品については、「破裂したときには、腐敗臭があたりに立ちこめていた」という相談者の申し出からすると、細菌が中身を腐敗させ、その際に発生する二酸化炭素などによる内圧上昇で破裂した可能性がある。ただし、細菌の混入が、製造、流通、保存のどの段階で生じたものかは不明である。

受入月:2004年4月
商品名:包丁

【経緯及びテスト依頼内容】

包丁をパッケージから取り出そうとして指を切った。このパッケージの危険性について調べてほしい。

【テスト結果の概要】

苦情品は、刃がパッケージの開封する方向を向いており、パッケージの開封面から刃までの距離は2cm以下であった。モニターテストの結果では、開封面を固定しているセロハンテープを指や爪で切ったり、はがしたりする人が多かったが、その際に刃の方向に力を入れてしまう可能性が考えられ、誤って指が刃に触れてしまうことも十分考えられた。また、参考品の包装等について調べた結果、苦情品の包装形態については、構造等の改善の余地があると考えられる。

受入月:2004年7月
商品名:椅子

【経緯及びテスト依頼内容】

購入して2ヶ月しか使用していないのに、椅子の脚が外れて座っていた娘が腰を打った。同時期に購入した3脚の椅子のつなぎ目にもゆるみがあり使用に不安がある。残りの椅子の強度に問題がないか調べてほしい。

【テスト結果の概要】

隙間やぐらつきが生じていた左前脚と座枠接合部は人力で容易に取り外し可能な状態であった。この部分の接着剤は大部分が寸法上密着しないほぞ先端とほぞ穴底面に付着していたことが、隙間やぐらつきが生じた要因の一つであった可能性も考えられる。万一の座面脱落などの危険性を勘案すると、苦情品は脚部の接合強度をより上げることについて検討する必要があるものと考えられる。

受入月:2004年6月
商品名:ホットカーペット

【経緯及びテスト依頼内容】

幼児をホットカーペット(ダニ退治設定状態)の上に敷いた布団に寝かせていたら、熱射病になった事例がある。ホットカーペットの上に敷いた布団内部の温度が熱射病になる温度かどうか調べてほしい。

【テスト結果の概要】

ダニ退治のモードによるモニターテストの結果では、背中の下の温度が38.2℃〜39.0℃でモニターが不快を訴えた。幼児は身体的に未発達であり、体温の変化に対する感覚が鈍い。そのため、ダニ退治のモードで電源を入れたホットカーペットの上に布団を敷いて幼児を寝かせると、高温環境下に曝され、体温調節機構が不調となり、熱中症(熱射病)に至る可能性が考えられる。

受入月:2004年4月
商品名:まつ毛パーマ液

【経緯及びテスト依頼内容】

エステサロンや美容院のまつ毛パーマで、眼に障害を負った事例がある。業者が販売しているまつ毛パーマ液が眼に入ると影響が大きいとされる頭髪用パーマ液と同じようなものか調べてほしい。

【テスト結果の概要】

調査したまつ毛パーマ液は、有効成分の種類や含有量など、頭髪用パーマ液と大きな差はなかった。



発表情報トップページへ

ページトップへ