[本文へ] 消費生活・消費者問題に関する事例や対処方法を紹介しています。

現在の位置 : トップページ > 注目情報 > 発表情報 > 利用した覚えのない国際電話料金請求トラブル−“画像型”大幅減、“音声型”減少 なお要注意−

[2003年12月5日:公表]

利用した覚えのない国際電話料金請求トラブル
−“画像型”大幅減、“音声型”減少 なお要注意−

実施の理由

 国際電話に係る相談は「利用した覚えのない国際電話料金を請求された」という相談が大半を占める。このトラブルには大きく“音声型”(国際電話を利用した音声による情報提供を行うサービスで、電話番号の区切りを変えること等により、国際電話であることを分からなくするトラブル)と“画像型”(消費者がホームページを閲覧中に接続プログラムをダウンロードすることによって発生するトラブル)の2種類が存在する。

 特に“画像型”はインターネットの普及などを背景にトラブルが急増しており、国際電話会社に対策を要請していたところであるが、国際電話会社は2002年12月頃から特定対地への取り扱いを休止した。この結果「利用した覚えのない国際電話料金を請求された」という相談は激減した。しかし、その内訳をみると“画像型”は激減しているが、“音声型”はそれほど減少しておらず、2003年4月にはその比率が逆転している。

 そこで、消費者被害の未然防止及び拡大防止のため、国際電話会社に“音声型”に関する対策や“画像型”への継続的な注視を望むとともに、消費者自身もトラブルの未然防止のために注意すべき点を情報提供することとした。



国際電話会社に期待される対策

 1)“音声型”について
雑誌などに掲載されている広告上の表現の問題もあり、消費者には「国際電話を利用している」という認識が乏しいためにトラブルとなるケースが多い。消費者被害を未然に防ぐために音声ガイダンスの挿入等の効果的な対策の実施が望まれる。
 2)“画像型”について
特定対地への利用休止は対象地域が変わるだけで“いたちごっこ”になってしまう危険性も依然として残るため、今後も継続的に対象地域を監視する必要があり、新しい国や地域でトラブルが発生した場合、速やかに利用休止の対象とすることが望まれる。
 3)その他
すでに実施している会社が多いが、引き続き以下の対策等を実施することが望まれる。
・国際電話通話料が一定額を超えた場合、消費者への通知や請求書のサイクルを早めに行うこと
・国際電話トラブルについての注意喚起に努めること


消費者へのアドバイス

 1)“音声型”について
雑誌などを見て電話をかける際には、その電話番号がどういうものなのか、きちんと確認すること。確認できなければ利用しないといった姿勢が望まれる。
 2)“画像型”について
インターネットへの接続方法をダイヤルアップ接続としている消費者は不審なソフトをダウンロードしないよう注意すること。
 3)その他
普段から国際電話を利用しないのであれば、国際電話の利用休止制度を利用することで国際電話トラブルを未然に防ぐことができる。



本件連絡先 相談部
ご相談は、お住まいの自治体の消費生活センター等にお問い合わせください。

※[PDF形式]で作成した文書を開くにはAdobe Readerが必要となります。PDF形式の閲覧方法について


発表情報トップページへ

ページトップへ