[本文へ] 消費生活・消費者問題に関する事例や対処方法を紹介しています。

現在の位置 : トップページ > 注目情報 > 発表情報 > 「利用した覚えのない電話情報料の請求がきた」、相談急増!−ほとんどが架空の請求。支払わないこと−

[2002年12月27日:公表]

「利用した覚えのない電話情報料の請求がきた」、相談急増!
−ほとんどが架空の請求。支払わないこと−

実施の理由

 利用した覚えのないツーショットダイヤルなどの代金の支払いを突然、聞いたこともない 業者からはがきや電話、メールなどで請求されたという相談が2002年に急増した。こうした「架空」の請求が 不意に舞い込み、自分は全く身に覚えがないものの家族の誰かが利用したのかなど事実が分からないために 対応に戸惑うことや業者に急な支払いを迫られ不安になって支払ってしまうおそれもある。 相談は、02年1月に590件(前月は38件)と大きく伸び、その後5月1,313件、11月1,143件と急伸した。 請求の内容は、「ツーショットダイヤル」「電話によるアダルト情報」 など電話関連の情報代金関係が85%で、 その他商品等を明記しないものもある。

 請求される金額はほとんど2万円程度であり、相談者の中で実際に支払った人はごく稀だが存在する。 支払った理由は、「家族の誰かが利用したと思って支払った」「支払わないと自宅に取り立てに行くと記されていたので 恐くなり支払った。取り立てに行く際には、交通費・人件費などを加算するとも書いてあった」「すぐに支払うようにと 急かされ、あわてて支払ってしまった」などだが、その後家族の誰も利用していないことが分かったなどの理由で 消費生活センターに返金についての相談を寄せてくるケースもある。

 一旦支払った金を取り戻すことはなかなか困難であり、消費者としては架空の請求かも しれないが念のため取り敢えず家族同士で確認を行うことが大切であり、あわてて支払うことは避けたい。



結果・現状

消費者へのアドバイスとして、

1.利用した覚えのない電話情報などの代金請求は無視する。支払わない。

  • 架空かもしれないが念のため取り敢えず家族同士で確認を行う。
  • 決してあわてて支払ったりしない。
  • たとえ脅すような文言があったとしても、不安がらず落ち着いて毅然とした態度をもって冷静に対応するように努める。

2.今以上に電話番号などの個人的な情報を知られないように

  • 業者に、新たに個人情報を知られると次は別の手段を使っての請求のおそれがあります。今以上の個人情報は業者に言わないこと。

3.証拠を保管しておくように

  • 請求のはがきや封書、関係の文書などは捨てないで必ず保管しておくこと。後で証拠として使うことがあります。

4.支払前に、最寄りの消費生活センターに相談するように。脅されるなど恐い思いをしたら、 すぐに警察に通報する。

なお、関連記事として「悪質な電話関係の『利用した覚えのない請求』 が横行しています」があります。




本件連絡先 消費者情報部
ご相談は、お住まいの自治体の消費生活センター等にお問い合わせください。

※[PDF形式]で作成した文書を開くにはAdobe Readerが必要となります。PDF形式の閲覧方法について


発表情報トップページへ

ページトップへ