[本文へ] 消費生活・消費者問題に関する事例や対処方法を紹介しています。

現在の位置 : トップページ > 注目情報 > 発表情報 > 今月の苦情処理テスト等実施状況(2002年2月分)

[2002年4月5日:公表]

今月の苦情処理テスト等実施状況(2002年2月分)

 平成14年2月の苦情処理テスト等の受入件数は2件であり、テストを実施し回答した件数は、前月までの受入分を含めて2件であった。受け入れの2件は、すべて消費生活センターおよび行政機関からの依頼のものである。商品分類別の内訳は、住居品1件、車両・乗り物1件である。今年度の受入件数の累計は45件となった。

 実施した2件は、すべて消費生活センターおよび行政機関からの依頼のものである。商品分類別の内訳では、保健衛生品1件、車両・乗り物1件である。今年度の実施件数の累計は42件となった。


商品テスト受入件数

テスト受入件数(( )内は年度累計件数)
商品分類 食料品 住居品 光熱水品 被服品 保健衛生品 教養娯楽品 車両・乗り物 土地・建物・設備
国民生活センター (0) (1) (0) (1) (1) (0) (1) (0) (4)
消費生活センター
および行政機関
(5) 1 (11) (0) (0) (4) (7) 1 (14) (0) 2 (41)
その他 (0) (0) (0) (0) (0) (0) (0) (0) (0)
(5) 1 (12) (0) (1) (5) (7) 1 (15) (0) 2 (45)

テスト受入商品等

商品名:片手鍋

苦情の申出内容

 1年近く使っているが、洗っている時に鍋の取っ手が取れた

商品名:小型自動車

苦情の申出内容

 タイヤの位置交換をした際に、ハブボルトが折れた



商品テスト実施件数

テスト実施件数(( )内は年度累計件数)
商品分類 食料品 住居品 光熱水品 被服品 保健衛生品 教養娯楽品 車両・乗り物 土地・建物・設備
国民生活センター (0) (2) (0) (1) (1) (0) (1) (0) (5)
消費生活センター
および行政機関
(3) (13) (0) (0) 1 ( 5) (7) 1 ( 9) ( 0) 2 (37)
その他 (0) (0) (0) (0) (0) (0) (0) (0) (0)
(3) (15) (0) (1) 1 ( 6) (7) 1 (10) (0) 2 (42)

テスト結果の概要

商品名:耳栓

経緯及びテスト依頼内容

 薬局で購入した耳栓を使用したところ、耳の中で引っかかり取れなくなり、耳鼻科へ行ったが一部しか取れなかった。取扱説明書には耳栓を奥まで入れないようにとあったが、そんなに入れた覚えもない。使い方なども含めて支障を招くようなことがないか調べてほしい。

テスト結果の概要

 苦情品と類似した2銘柄を比較したところ、苦情品は体積が少なく、ボール状にして耳穴に押し付けると耳の内部に入り込んでしまう傾向にあった。また、引張強さも小さいので、つまんで取り外そうとした際にちぎれてしまうことがあった。今回の事故は通常の使用において起りうると考えられ、苦情品は耳の内部まで耳栓が入り込むことのないよう、体積を増やす等改善の余地がある。

商品名:小型自動車

経緯及びテスト依頼内容

 自宅マンションの駐車場に止めていた小型自動車が夜中に出火し、消防署が来て消火した。1年8ヶ月前に新車で購入した車である。消防署は当初、放火を疑ったが特定できず、メーカーで調査した結果でも、エンジンルームの左前の損傷が激しいが、燃料漏れの形跡がなく、出火要因と成り得る痕跡が発見できず、出火原因は特定できないという。車から出火した原因を調べてほしい。

テスト結果の概要

 エンジンルーム左側の焼損が激しく、バッテリー左側(マイナス端子側)の焼損が最も激しいことから、出火場所はエンジンルーム左側のバッテリー付近と推定される。駐車してから火災の発生に至るまで約7時間と比較的長い時間が経過していることから、特に電気関連部品について出火に至るような溶融痕がないか等、詳細に調べたが、出火要因と成り得る痕跡は確認できなかった。



発表情報トップページへ

ページトップへ