[本文へ] 消費生活・消費者問題に関する事例や対処方法を紹介しています。

現在の位置 : トップページ > 注目情報 > 発表情報 > 今月の苦情処理テスト等実施状況(2002年1月分)

[2002年3月6日:公表]

今月の苦情処理テスト等実施状況(2002年1月分)

 平成14年1月の苦情処理テスト等の受入件数は1件であり、テストを実施し回答した件数は、前月までの受入分を含めて7件であった。受け入れの1件は、消費生活センターおよび行政機関からの依頼のものである。商品分類は、車両・乗り物である。今年度の受入件数の累計は43件となった。

 実施した7件は、国民生活センターで受け付けた相談の中からの依頼のもの1件、消費生活センターおよび行政機関からの依頼のもの6件である。商品分類別の内訳では、食料品1件、住居品3件、保健衛生品1件、車両・乗り物2件である。今年度の実施件数の累計は40件となった。


商品テスト受入件数

テスト受入件数(( )内は年度累計件数)
商品分類 食料品 住居品 光熱水品 被服品 保健衛生品 教養娯楽品 車両・乗り物 土地・建物・設備
国民生活センター (0) (1) (0) (1) (1) (0) (1) (0) (4)
消費生活センター
および行政機関
(5) (10) (0) (0) (4) (7) 1 (13) (0) 1 (39)
その他 (0) (0) (0) (0) (0) (0) (0) (0) (0)
(5) (11) (0) (1) (5) (7) 1 (14) (0) 1 (43)

テスト受入商品等

商品名:水抜き剤

苦情の申出内容

 燃料タンクに水抜き剤を投入したところエンジンが故障した



商品テスト実施件数

テスト実施件数(( )内は年度累計件数)
商品分類 食料品 住居品 光熱水品 被服品 保健衛生品 教養娯楽品 車両・乗り物 土地・建物・設備
国民生活センター (0) (2) (0) (1) (1) (0) 1 ( 1) (0) 1 ( 5)
消費生活センター
および行政機関
1 ( 3) 3 (13) (0) (0) 1 ( 4) (7) 1 ( 8) (0) 6 (35)
その他 (0) (0) (0) (0) (0) (0) (0) (0) (0)
1 ( 3) 3 (15) (0) (1) 1 ( 5) (7) 2 ( 9) (0) 7 (40)

テスト結果の概要

商品名:自転車

経緯及びテスト依頼内容

 中学1年生の娘が使用していた自転車。朝、通学途中に突然前輪のスポークが外れて走行不能になってしまった。販売店を通じてメーカーに問い合わせたところ、スポークの変形具合から回転中に車輪に異物が入ったものであるとのことであった。しかし、原因となるようなことは心当たりがないので納得できない。スポークが外れた原因を調べてほしい。

テスト結果の概要

 破損した5本のスポークがほぼ同じ形状に変形し、それらと隣接するスポークにも変形が認められたことから、走行中、車輪に異物を挟み込んだ可能性が考えられる。しかし、前ホークの右内側に塗装の剥がれが認められたが、スポーク、前ホーク、前どろよけ、タイヤ及びリムのいずれにも擦過傷が認められず、異物の挟み込みがスポーク破損の原因と特定することはできなかった。

商品名:アイロン台

経緯及びテスト依頼内容

 アイロン台の上でアイロンを掛けていたところ、3度の火傷をした。アイロン台の裏側の温度を調べてほしい。

テスト結果の概要

 アイロンのスチーム設定を最大量にしてモニターテストで実際にワイシャツのアイロン掛けをした時のベース裏側の最高表面温度は50〜69℃、ベースから1.5cm及び3cm離れた位置では33〜51℃及び30〜34℃であった。また、アイロンを連続して掛け続けるとさらに温度は上昇した。なお、スチーム量が多いとベースから離れた位置の温度が高めになる傾向がみられた。

商品名:ラムネ

経緯及びテスト依頼内容

 ラムネを開けようと思い、外側のシールを外したところ、突然ビー玉が飛び出して顔に触れそうになった。危険と思われるので、どうしてビー玉が飛び出したのか調べてほしい。

テスト結果の概要

 苦情品のキャップの損傷部分には打痕及び亀裂が見られ、破断面にはその付近から破断が進行したと思われる波状の縞模様が観察された。各種試験の結果から、苦情品に何らかの外力が加わったことによりキャップが損傷し、ラムネ瓶の内圧にキャップが耐えられなくなったため、シールを剥がした際にビー玉が外へ飛び出したものと考えられる。

商品名:ヘアスプレー

経緯及びテスト依頼内容

 半年前に購入し洗面所に置いてあったヘアスプレーが大きな音をたてて破裂し、洗濯機が変形した。破裂したヘアスプレー容器内部に異常がなかったか調べてほしい。

テスト結果の概要

 スプレー缶の破裂は何らかの原因で缶の内圧が高くなり、巻き締め部分がそれに耐えられず底部が外れて生じたものと考えられる。内圧の上昇原因を調べるために、スプレー缶が加熱されたかどうか、スプレー缶内で内容物と缶材料との化学変化の可能性がないかなどを調査したが、缶内部の異常が原因で内圧が高くなった可能性は低く、原因は特定できなかった。

商品名:扇風機

経緯及びテスト依頼内容

 方向を変えようと手で後ガードを手前に引いたところ、扇風機の後のフレームが変形したため指が入って、6針縫うケガを負った。フレームを手前に引いただけで簡単に変形してしまわないかを調べてほしい。

テスト結果の概要

 後ガードの格子間に指が入り込むことを想定し、格子間にテストフィンガーを押し込むのに要する力などを調べたが、力が最も小さかった個所でも、電気用品安全法の基準を満足する値であった。また、同型品、参考品との比較においても、格子が広がる力は同等であったことから、苦情品が他に比べて格子が広がりやすいとは言えない。

商品名:電子レンジ用調理鍋

経緯及びテスト依頼内容

 電子レンジ専用の過熱調理鍋を使用後レンジから取り出そうとしたら、熱くなっているのに持ちにくく、縁のシリコンゴム(外周部のパッキン)が外れてしまった。この器具が持ちにくくシリコンゴムが外れやすくないか調べてほしい。

テスト結果の概要

 モニターテストの結果から、特に高温になっている場合、付属のミトンをした片手での電子レンジからの出し入れは、「ミトンと本体とが滑る」、「ミトンが硬い」などの理由から出し入れしにくい商品であると言える。また、外周部のパッキンの外れやすい要因については、パッキンの柔らかさや本体とのはめ合い寸法の小ささ、ミトンとの引っかかりやすさなどが考えられる。

商品名:普通自動車

経緯及びテスト依頼内容

 4年前(平成9年)に購入した普通自動車の左前輪ナックルが、一般道路を走行中に折損した。欠陥車ではないか。ナックルが折損した原因を調べてほしい。

テスト結果の概要

 折損した左前輪のナックルの破断面を調査した結果、破断の起点は、ナックルのL字形部位の左肩角部で、瞬間的に破断に至ったものと推定される。何らかの原因でハンドルがとられ、縁石などに乗り上げた衝撃でナックルが瞬時に折損し、折損したことにより路面とナックル下端のボールジョイントが接触して車輌が停止した可能性が高いと思われるが、断定は困難であった。



発表情報トップページへ

ページトップへ