[本文へ] 消費生活・消費者問題に関する事例や対処方法を紹介しています。

現在の位置 : トップページ > 注目情報 > 発表情報 > 今月の苦情処理テスト等実施状況(2001年10月分)

[2001年12月5日:公表]

今月の苦情処理テスト等実施状況(2001年10月分)

 平成13年10月の苦情処理テスト等の受入件数は4件であり、テストを実施し回答した件数は、前月までの受入分を含めて4件であった。受け入れは、すべて消費生活センターおよび行政機関からの依頼のものである。商品分類別の内訳では、住居品3件、車両・乗り物1件である。今年度の受入件数の累計は36件となった。

 実施した4件は、すべて消費生活センターおよび行政機関からの依頼のものである。商品分類別の内訳では、食料品2件、住居品1件、車両・乗り物1件である。今年度の実施件数の累計は28件となった。


商品テスト受入件数

テスト受入件数(( )内は年度累計件数)
商品分類 食料品 住居品 光熱水品 被服品 保健衛生品 教養娯楽品 車両・乗り物 土地・建物・設備
国民生活センター (0) (1) (0) (1) (1) (0) (0) (0) (3)
消費生活センター
および行政機関
(3) 3 (10) (0) (0) (3) (7) 1 (10) (0) 4 (33)
その他 (0) (0) (0) (0) (0) (0) (0) (0) (0)
(3) 3 (11) (0) (1) (4) (7) 1 (10) (0) 4 (36)

テスト受入商品等

商品名:ふとん

苦情の申出内容

 保温効果をうたったふとん、宣伝文句に疑問

商品名:扇風機

苦情の申出内容

 方向を変える時にガードが変形し、羽根で指をけが

商品名:電子レンジ用調理鍋

苦情の申出内容

 持ちにくく、外れたゴムパッキンを戻す時にやけど

商品名:普通自動車

苦情の申出内容

 バックで車庫入れ時に急発進、右手を骨折



商品テスト実施件数

テスト実施件数(( )内は年度累計件数)
商品分類 食料品 住居品 光熱水品 被服品 保健衛生品 教養娯楽品 車両・乗り物 土地・建物・設備
国民生活センター (0) (2) (0) (1) (1) (0) (0) (0) (4)
消費生活センター
および行政機関
2 ( 2) 1 ( 9) (0) (0) (1) (6) 1 ( 6) (0) 4 (24)
その他 (0) (0) (0) (0) (0) (0) (0) (0) (0)
2 ( 2) 1 (11) (0) (1) (2) (6) 1 ( 6) (0) 4 (28)

テスト結果の概要

商品名:じゅうたん

経緯及びテスト依頼内容

 通販で購入したじゅうたんの臭いがひどく、気分が悪くなった。ディルドリンなどの防虫成分が含まれていないか調べてほしい。

テスト結果の概要

 じゅうたんにはディルドリン及びDTTBは含まれていなかった。また、刺激性のあるホルムアルデヒドは検出されず、アンモニア及びアミン類はわずかに検出されたが、いずれも測定範囲以下であった。しかし、A重油と極めて似た物質が検出された。異臭の原因は石油成分である可能性が高い。

商品名:低温殺菌牛乳

経緯及びテスト依頼内容

 スーパーで購入した低温殺菌牛乳が日付表示期間内なのに固まってしまった。牛乳の衛生面に問題がないか調べてほしい。

テスト結果の概要

 牛乳は消費期限日では菌数が基準以上になる場合があった。この原因としては、輸送時(販売店までの輸送及び購入後の輸送)の温度や店頭での温度管理、あるいは苦情品個別の問題であった可能性が考えられるが特定はできなかった。

商品名:自動車用アクセサリーランプ

経緯及びテスト依頼内容

 車のシガーライタソケットに差し込み使用したところ、車のヒューズが溶断した。また、ポータブル電源に使用してみたところ、同様にヒューズが溶断した、さらに、友人の車で使用したところ、製品全体が焼損した。こうした事故の原因となる接触不良が起こりやすい製品かどうかテストしてほしい。

テスト結果の概要

 苦情品のプラグを調査したところ、(1)プラグ内部での側方端子の飛び出し、 (2)中央端子が斜めに押し込まれる、という条件がそろえば両端子の末端が内部で短絡し、車両等のヒューズが溶断する可能性があった。しかし、類似した他の銘柄を調べたところ、苦情品と同様な短絡はプラグ内部で起こらない構造であった。安全性のより一層の向上を図る上からは、プラグ端子の構造に改善の余地があると言える。

商品名:リキュール

経緯及びテスト依頼内容

 市販のリキュールを購入して飲んだところ眠れなくなった。リキュール中に生理作用があるといわれているニガヨモギの精油成分が含まれていないか調べてほしい。

テスト結果の概要

 苦情品と同型品について、ニガヨモギ由来の精油成分であるツジョンについて成分分析をした結果、いずれからも検出されなかった。相談者が眠れなくなった原因がニガヨモギ由来の精油成分である可能性は極めて低い。



発表情報トップページへ

ページトップへ