[本文へ] 消費生活・消費者問題に関する事例や対処方法を紹介しています。

現在の位置 : トップページ > 注目情報 > 発表情報 > 今月の苦情処理テスト等実施状況(2001年9月分)

[2001年11月6日:公表]

今月の苦情処理テスト等実施状況(2001年9月分)

 平成13年9月の苦情処理テスト等の受入件数は5件であり、テストを実施し回答した件数は、前月までの受入分を含めて5件であった。受け入れは、すべて消費生活センターおよび行政機関からの依頼のものである。商品分類別の内訳では、食料品1件、保健衛生品2件、教養娯楽品1件、車両・乗り物1件である。今年度の受入件数の累計は32件となった。

 実施した5件は、国民生活センターで受け付けた相談の中からの依頼のもの1件、消費生活センターおよび行政機関からの依頼のもの4件である。商品分類別の内訳では、住居品1件、保健衛生品1件、教養娯楽品3件である。今年度の実施件数の累計は24件となった。


商品テスト受入件数

テスト受入件数(()内は年度累計件数)
商品分類 食料品 住居品 光熱水品 被服品 保健衛生品 教養娯楽品 車両・乗り物 土地・建物・設備
国民生活センター (0) (1) (0) (1) (1) (0) (0) (0) (3)
消費生活センター
および行政機関
1 (3) (7) (0) (0) 2 (3) 1 (7) 1 (9) (0) 5 (29)
その他 (0) (0) (0) (0) (0) (0) (0) (0) (0)
1 (3) (8) (0) (1) 2 (4) 1 (7) 1 (9) (0) 5 (32)

テスト受入商品等

商品名:ラムネ

苦情の申出内容

 開封時にビー玉が飛び出した

商品名:オードトワレ

苦情の申出内容

 車の中に入れていた香水のビンが割れた

商品名:ヘアスプレー

苦情の申出内容

 大きな音をたてて破裂し洗濯機が変形した

商品名:携帯電話機

苦情の申出内容

 ライターの上に置いてあった携帯電話機が発火した

商品名:自転車

苦情の申出内容

 前輪ハブのスポーク固定板が破損した



商品テスト実施件数

テスト実施件数(()内は年度累計件数)
商品分類 食料品 住居品 光熱水品 被服品 保健衛生品 教養娯楽品 車両・乗り物 土地・建物・設備
国民生活センター (0) (2) (0) (1) 1 (1) (0) (0) (0) 1 (4)
消費生活センター
および行政機関
(0) 1 (8) (0) (0) (1) 3 (6) (5) (0) 4 (20)
その他 (0) (0) (0) (0) (0) (0) (0) (0) (0)
(0) 1 (10) (0) (1) 1 (2) 3 (6) (5) (0) 5 (24)

テスト結果の概要

商品名:家庭用テレビゲーム機

経緯及びテスト依頼内容

 10分ほど中座し部屋に戻ったところ、家庭用テレビゲーム機のコントローラー付近が燃えていた。ゲーム機が原因である可能性があるとされたが、メーカーが詳細に調べたところ『コントローラー内部でショートしても1Aの電流しか流れなく、スパークしても基板は難燃材なので着火しない。』との結論であった。コントローラーが短絡した場合に発火するかどうか調べてほしい。

テスト結果の概要

 同型品を用いて再現テストを行った。コントローラー内の電子回路の中で、電圧・電流が大きく、回路が短絡した場合に最も発熱が予想される個所を人為的にビニル被服導線で短絡し、2時間放置したが、室温が28℃の場合にコントローラー表面の最も高温になる個所でも44℃であり、発煙や発火には至らなかった。また、使用されているプラスチックの変形等も認められなかった。

商品名:吸入器

経緯及びテスト依頼内容

 2年前より使用しているスチーム式吸入器の蒸気発生部に正体不明の付着物があり、製品のプラスチック部分の色と大変よく似ている。人体に影響を与えるものかどうか調べてほしい。また、通常の使用をしていたのに吸入口のツメが折れてしまった。折損の原因を調べてほしい。

テスト結果の概要

 付着物は、水垢、タンクの開閉の際に削れた樹脂(PPO)の混在物の可能性がある。PPOは構造上ノズルから蒸気に出る可能性はない。蒸気中の過マンガン酸カリウム消費量は飲料水等の基準を満たしており、有機物の総量から見た限りでは吸入しても問題ないと思われる。ツメの折損は、使用を重ねて亀裂が生じ、その後大きな力が作用した時点で破断が起きたと考えられる。

商品名:コーヒーメーカー

経緯及びテスト依頼内容

 冷蔵庫の上に置いてあったコーヒーメーカーから発火し、冷蔵庫の天板が焦げて故障した。コーヒーメーカーから発火した原因を調べてほしい。

テスト結果の概要

 焼損部の状況などから、ヒーターによる異常過熱が原因として考えられる。その要因として、(1)サーモスタットの品質不良による温度制御の不具合、(2)サーモスタットと測温部との接触不良による温度制御の不具合、(3)ドリップ終了後、電源を入れたまま長時間放置することによるヒーター周辺部の温度上昇などが考えられるが、苦情品を見る限りでは要因の特定までには至らなかった。

商品名:フラワースタンド

経緯及びテスト依頼内容

 居間に置いていたフラワースタンドを移動しようと、スタンドの中心棒の上部(飾先端部の下部)を左手で握り、右手を飾り台に添えて持ち上げようとしたところ、鋭利な飾先端部が抜け、そのまま左眼に刺さり失明した。先端部が簡単に外れるものか調べてほしい。

テスト結果の概要

 先端部の耐荷重はネジの締め付けトルクや締め付け方向により異なり、中心棒にネジを締め付けて固定するだけでは、繰り返しの使用により締め付け力が徐々に弱まることも考えられる。また、実際の使用に際しても、先端部を持って移動することもあり得ることから、締め付け方で耐荷重が変わったり、使用過程で緩みが発生するようなことがない構造への改善が望まれる。

商品名:喫煙用ライター

経緯及びテスト依頼内容

 バッグに入れて車の助手席に置いてあったライターを使おうとしたら、ガスが抜けていた。ガスの抜けた原因を調べてほしい。

テスト結果の概要

 燃料そうのかん合部に樹脂の白色化や接着部に亀裂、燃料そうの中間壁端部に複数の細かい亀裂が生じていた。同型品により55℃で4時間の耐熱試験を行ったところ、同様な亀裂が生じ、ガス漏れも確認された。苦情品は周囲の温度上昇によってかん合部の変形(熱膨張など)や燃料そう内部の圧力上昇が生じ、燃料そうのかん合部付近に亀裂が生じてガス漏れに至ったと考えられる。



発表情報トップページへ

ページトップへ