独立行政法人国民生活センター

検索メニュー

×閉じる

現在の位置:トップページ > 注目情報 > 発表情報 > 今月の苦情処理テスト等実施状況(2001年8月分)

ここから本文
[2001年10月5日:公表]

今月の苦情処理テスト等実施状況(2001年8月分)

 平成13年8月の苦情処理テスト等の受入件数は3件であり、テストを実施し回答した件数は、前月までの受入分を含めて3件であった。受け入れは、すべて消費生活センターおよび行政機関からの依頼のものである。商品分類別の内訳では、食料品1件、住居品1件、車両・乗り物1件である。今年度の受入件数の累計は27件となった。

 実施した3件は、国民生活センターで受け付けた相談の中からの依頼のもの1件、消費生活センターおよび行政機関からの依頼のもの2件である。商品分類別の内訳では、住居品2件、車両・乗り物1件である。今年度の実施件数の累計は19件となった。

商品テスト受入件数

テスト受入件数(()内は年度累計件数)
商品分類 食料品 住居品 光熱水品 被服品 保健衛生品 教養娯楽品 車両・乗り物 土地・建物・設備
国民生活センター (0) (1) (0) (1) (1) (0) (0) (0) (3)
消費生活センター
および行政機関
1 (2) 1 (7) (0) (0) (1) (6) 1 (8) (0) 3 (24)
その他 (0) (0) (0) (0) (0) (0) (0) (0) (0)
1 (2) 1 (8) (0) (1) (2) (6) 1 (8) (0) 3 (27)

テスト受入商品等

商品名:リキュール

苦情の申出内容

 眠れなくなった、生理的作用のある成分が入ってないか

商品名:アイロン台

苦情の申出内容

 アイロン台の下の右ひざに低温やけどをした

商品名:自転車

苦情の申出内容

 走行中、前輪のスポークが数本外れた

商品テスト実施件数

テスト実施件数(()内は年度累計件数)
商品分類 食料品 住居品 光熱水品 被服品 保健衛生品 教養娯楽品 車両・乗り物 土地・建物・設備
国民生活センター (0) 1 (2) (0) (1) (0) (0) (0) (0) 1 (3)
消費生活センター
および行政機関
(0) 1 (7) (0) (0) (1) (3) 1 (5) (0) 2 (16)
その他 (0) (0) (0) (0) (0) (0) (0) (0) (0)
(0) 2 (9) (0) (1) (1) (3) 1 (5) (0) 3 (19)

テスト結果の概要

商品名:チャイルドシート

経緯及びテスト依頼内容

 友人から新生児用チャイルドシートをもらった。このチャイルドシートには取っ手が付いておりベビーキャリーとしても使えるが、子供を入れて使用している際、取っ手ストッパーリングが外れてしまった。メーカーに苦情を申し入れて話し合いをし、商品を改善することになったが、その改善策では疑問が残る。本当に改善されているか調べてほしい。

テスト結果の概要

 強度試験の結果、旧型品のストッパーリングは分離・脱落したのに対し、固定リングを強化した新型品は分離・脱落しなかった。また、取扱説明書に加え注意表示を追加して注意喚起している点も消費者への配慮と考えられる。しかし、「ベビーキャリー」を謳う商品としては、想定されるハンドル取付部の強度が不足しており、基本的な点では改善されたとは言えない。

商品名:ベビーベッド

経緯及びテスト依頼内容

 1歳の子供がベビーベッドの前枠開閉部で左手の小指を第一関節より切断した。前枠部分の構造に問題がないか調べてほしい。

テスト結果の概要

 事故品の前枠開閉部(上枠)のヒンジ部付近を中心に構造を調べたところ、上枠が全開の状態では当該個所にほとんど隙間は生じないため、この状態で指が入り込むことは考えにくい。しかし、上枠を開閉する途中では、隙間が最大約3mm程度となることから、何らかの要因で上枠が動いた時に指が入り込み、更に上枠が下がることによって指が挟まれ、事故に至ったことが推察される。

商品名:白熱灯スタンド

経緯及びテスト依頼内容

 8歳の息子の枕元に置いていた白熱灯スタンドが転倒し、シェード(傘)が外れて電球が触れていた床が炭化していた。安定性に問題がないか調べてほしい。

テスト結果の概要

 苦情品は38W型電球にシェード(傘)の金具のリングを開いて電球に挟み込む構造のものであった。今回の事故は、何らかの理由でスタンドが転倒した際に、シェードが電球から外れ、点灯していた電球が長時間床(フローリング)に接触していたために起こったものと推定される。転倒試験の結果、約20度で転倒し、電気用品安全法(転倒角度10度)の技術基準を満たしていた。