[本文へ] 消費生活・消費者問題に関する事例や対処方法を紹介しています。

現在の位置 : トップページ > 注目情報 > 発表情報 > 今月の苦情処理テスト等実施状況(2001年7月分)

[2001年9月6日:公表]

今月の苦情処理テスト等実施状況(2001年7月分)

 平成13年7月の苦情処理テスト等の受入件数は5件であり、テストを実施し回答した件数は、前月までの受入分を含めて5件であった。受け入れは、国民生活センターで受け付けた相談の中からの依頼のもの1件、消費生活センターおよび行政機関からの依頼のもの4件である。商品分類別の内訳では、住居品1件、保健衛生品1件、教養娯楽品1件、車両・乗り物2件である。今年度の受入件数の累計は24件となった。

 実施した5件は、すべて消費生活センターおよび行政機関からの依頼のものである。商品分類別の内訳では、住居品1件、教養娯楽品2件、車両・乗り物2件である。今年度の実施件数の累計は16件となった。


商品テスト受入件数

テスト受入件数(()内は年度累計件数)
商品分類 食料品 住居品 光熱水品 被服品 保健衛生品 教養娯楽品 車両・乗り物 土地・建物・設備
国民生活センター (0) 1 (1) (0) (1) (1) (0) (0) (0) 1 (3)
消費生活センター
および行政機関
(1) (6) (0) (0) 1 (1) 1 (6) 2 (7) (0) 4 (21)
その他 (0) (0) (0) (0) (0) (0) (0) (0) (0)
(1) 1 (7) (0) (1) 1 (2) 1 (6) 2 (7) (0) 5 (24)

テスト受入商品等

商品名:白熱灯スタンド

苦情の申出内容

 転倒して床が焦げた

商品名:紙おむつ

苦情の申出内容

 繊維の中に小さいが黒い異物がある

商品名:喫煙用ライター

苦情の申出内容

 ライターのガスが抜けた、容器に亀裂もある

商品名:自動車用アクセサリーランプ

苦情の申出内容

 車のヒューズがとんだり、本体が焼損した

商品名:小型乗用車

苦情の申出内容

 突然右前輪が外れ、他車と接触し損害を与えた



商品テスト実施件数

テスト実施件数(()内は年度累計件数)
商品分類 食料品 住居品 光熱水品 被服品 保健衛生品 教養娯楽品 車両・乗り物 土地・建物・設備
国民生活センター (0) (1) (0) (1) (0) (0) (0) (0) (2)
消費生活センター
および行政機関
(0) 1 (6) (0) (0) (1) 2 (3) 2 (4) (0) 5 (14)
その他 (0) (0) (0) (0) (0) (0) (0) (0) (0)
(0) 1 (7) (0) (1) (1) 2 (3) 2 (4) (0) 5 (16)

テスト結果の概要

商品名:照明器具

経緯及びテスト依頼内容

 蛍光ランプの管端部が短期間(2〜3日)の使用で黒化した。再現テストをしてほしい。

テスト結果の概要

 苦情品の照明器具に、同社製及び他社製を含めた計4銘柄の蛍光ランプを順次装着し約5日間の点灯試験を実施した。全光点灯の試験では、いずれの蛍光ランプにも黒化は発生しなかったが、調光点灯の試験では、相談者の申し出と同様に、同社製の蛍光ランプ及び他の1銘柄の蛍光ランプに黒化が発生した。

商品名:玩具のバット

経緯及びテスト依頼内容

 男の子が玩具のバットを振って遊んでいたら、バットが折れて飛んでいき居室のガラスが割れた。バットが折れた原因を調べてほしい。

テスト結果の概要

 苦情品のバットは、内部に電池や電子回路を内蔵する玩具で、外殻はプラスチック製であった。グリップエンドから約10cmのビス留め付近で折損しており、バットを振った際に応力が集中しやすい個所であることと、断面には一部に白色化が見られたことから、この個所に何らかの亀裂等が生じ、その後、徐々に進行して最終的な破断に至ったものと思われる。

商品名:喫煙用ライター

経緯及びテスト依頼内容

 車両火災の原因を調査したところ、車両側に出火原因と考えられる個所は見当たらなかった。しかし、火元と見られる場所(インストルメントパネル下方の小物トレー)に喫煙用ライターが置いてあったことが判明した。このライターを出火前の約30分前に使用していた。この喫煙用ライターに不良の箇所がないか調べてほしい。

テスト結果の概要

 当該ライターは、点火スイッチを押した際に途中の位置で引っ掛かりがあり、指を離してもスイッチが正常な位置に戻らない状態であった。樹脂製のケース等の変形、圧電装置付近の異物等によるものと考えられるが、車両火災の前からこの状態であったかどうかについては、当該ライターが火災によって変形していることや異物が入った時期が不明であり、判断できなかった。

商品名:自動車用ホイールナット

経緯及びテスト依頼内容

 市販のホイールナットを取り付けたが、走行中に左後輪のホイールが外れ、車を破損し自身もけがをする事故となった。メーカーにクレームを持ち込んだところ、報告書により回答があったが、内容に疑問があり、メーカー側の対応は納得できない。このホイールナットに問題はないかテストしてほしい。

テスト結果の概要

 この車両は、スペーサーの装着によりハブボルトのネジ部の露出が短くなっていたと思われる。そのため噛み合い長さが不足し、ホイールナットが走行中の荷重に耐え切れずにネジ山から破断し、ホイールが外れて事故に至ったと思われる。脱着することの多い場所には鋼製のナットが望ましい。また、必要な噛み合い長さを取扱説明書に明記する必要がある。

商品名:自動車用タイヤ

経緯及びテスト依頼内容

 平成12年11月に普通乗用車のタイヤを4本とも新品に交換した。平成13年4月に一般道を走行中、脇道に曲がる際に左後輪がバーストした。主に土日に使用している車両で、タイヤを交換してからの走行距離は1万5千kmほどで、舗装路しか走行していない。まだ新しいタイヤがバーストした原因を調べてほしい。

テスト結果の概要

 当該タイヤには、長さ約8cmの裂傷が見られ、その近傍には部分的な擦過傷が認められた。裂傷はタイヤ内面まで貫通していた。調査の結果、走行中にタイヤのショルダー付近が路上の鋭利な異物と接触し、ゴム層及びカーカス(タイヤの骨格を成す化学繊維)が破壊され、その個所を起点としてカーカスに沿って大きな裂傷が発生し、瞬時に内部空気が放出したものと推測される。



発表情報トップページへ

ページトップへ