独立行政法人国民生活センター

検索メニュー

×閉じる

現在の位置:トップページ > 注目情報 > 発表情報 > 今月の苦情処理テスト等実施状況(2001年6月分)

ここから本文
[2001年8月7日:公表]

今月の苦情処理テスト等実施状況(2001年6月分)

 平成13年6月の苦情処理テスト等の受入件数は8件であり、テストを実施し回答した件数は、前月までの受入分を含めて4件であった。受け入れは、すべて消費生活センターおよび行政機関からの依頼のものである。商品分類別の内訳では、食料品1件、住居品4件、教養娯楽品1件、車両・乗り物2件である。今年度の受入件数の累計は19件となった。

 実施した4件は、すべて消費生活センターおよび行政機関からの依頼のものである。商品分類別の内訳では、住居品3件、教養娯楽品1件である。今年度の実施件数の累計は11件となった。

商品テスト受入件数

テスト受入件数(()内は年度累計件数)
商品分類 食料品 住居品 光熱水品 被服品 保健衛生品 教養娯楽品 車両・乗り物 土地・建物・設備
国民生活センター (0) (0) (0) (1) (1) (0) (0) (0) (2)
消費生活センター
および行政機関
1 (1) 4 (6) (0) (0) (0) 1 (5) 2 (5) (0) 8 (17)
その他 (0) (0) (0) (0) (0) (0) (0) (0) (0)
1 (1) 4 (6) (0) (1) (1) 1 (5) 2 (5) (0) 8 (19)

テスト受入商品等

商品名:低温殺菌牛乳

苦情の申出内容

 日付の表示期限内なのに牛乳が固まった

商品名:コーヒーメーカー

苦情の申出内容

 発火して、置いてあった冷蔵庫の天板が焦げた

商品名:ベビーベッド

苦情の申出内容

 扉の隙間付近で1歳児の左手小指の第一関節を切断した

商品名:じゅうたん

苦情の申出内容

 臭いがひどく、気分が悪くなった

商品名:風呂湯用の保温器

苦情の申出内容

 電子レンジで再加熱したら中の液体が漏れ出てきた

商品名:フラワースタンド

苦情の申出内容

 移動させる時、上端の飾りが抜けて眼に刺さり失明した

商品名:自動車用タイヤ

苦情の申出内容

 走行中、突然バーストした

商品名:自動車用ホイールナット

苦情の申出内容

 市販のホイールナットが外れて、車輪が外れ車を破損した

商品テスト実施件数

テスト実施件数(()内は年度累計件数)
商品分類 食料品 住居品 光熱水品 被服品 保健衛生品 教養娯楽品 車両・乗り物 土地・建物・設備
国民生活センター (0) (1) (0) (1) (0) (0) (0) (0) (2)
消費生活センター
および行政機関
(0) 3 (5) (0) (0) (1) 1 (1) (2) (0) 4 (9)
その他 (0) (0) (0) (0) (0) (0) (0) (0) (0)
(0) 3 (6) (0) (1) (1) 1 (1) (2) (0) 4 (11)

テスト結果の概要

商品名:電気湯沸かしポット

経緯及びテスト依頼内容

 押す部分(プッシュボタン)が加熱し、沸騰が止まらず蒸気穴から熱湯が飛び出した。危険な商品と思うので調べてほしい。

テスト結果の概要

 苦情品のプッシュボタン表面温度は、同型品及び参考品に比べて高めであったが、JIS規格の基準値は超えていなかった。原因としては、ポンプ部の弁に何らかの要因で僅かに隙間が開き、沸騰行程時の蒸気がポンプ部に侵入することによって、プッシュボタンの表面温度が高くなるものと推定される。また、湯の吹き出し(飛び出し)については通常の使用は再現しなかった。

商品名:ガラス製密閉容器

経緯及びテスト依頼内容

 プラスチック製のふたがついたガラス容器(電子レンジ使用可)を購入した。初めての使用の際にふたを閉めようとしたところ容器が割れ、手を5針縫うけがを負った。メーカーからは、タワシで洗ったような傷があると説明されたが、自分の洗い方から考えると納得がいかない。容器が破損した原因を調べてほしい。

テスト結果の概要

 破断面及び表面観察の結果、破断起点は容器口部の外面側にあり、破断面は曲げ応力による破断を示すものであった。また、容器口部及び容器表面には、同型品には見られない傷が多数確認された。苦情品は、容器のふたを閉めようとした際に応力が加わり、容器口部の傷が起点となってき裂が進展し破損に至ったものと思われる。しかし、傷の生成時期や原因については不明である。

商品名:水筒

経緯及びテスト依頼内容

 水筒を洗う際、蓋を外し本体内部をスポンジを持って洗おうとしたら縁で小指の外側を1.5〜2cmほど切った。メーカーに申し出たところ「検査して出荷しているので危険なことはない」と言われたが不満。縁が危険かどうか調べてほしい。

テスト結果の概要

 エッジテスターによる試験では試験用テープが切れることはなかったが、モニターテストでは、縁部の内側の面取りがされておらず、けがを負う可能性を指摘した人が25名中11名いた。また、容器に手を入れようとすると、皮膚が接触しやすく、今回の事故は、水(お湯)仕事で皮膚が軟らかくなっていたことや洗う際に縁と小指の外側が強く接触したために起こったものと推定される。

商品名:植木ばさみ

経緯及びテスト依頼内容

 庭木の手入れ用の長刃刈込はさみを使用していた。刈り込みが終わり右手に持っていたところ、左手小指が刃先に接触し切り傷を負った。使用しない(刃を閉じた)状態では、刃先の先端が飛び出している。刃先は非常に鋭利である。構造に問題はないか調べてほしい。

テスト結果の概要

 苦情品は、刃を閉じた状態で刃先が高さ約2mm、長さ約10mm飛び出していた。飛び出した刃先は鋭利であり、指が接触すれば切り傷を負う可能性は十分にある。植木ばさみは、通常は刃先が飛び出さないように作られる(調整される)ものであり、刃を閉じた状態で鋭利な刃先が大きく飛び出してしまうような当該苦情品の形状には改善の余地があると言える。