[本文へ] 消費生活・消費者問題に関する事例や対処方法を紹介しています。

現在の位置 : トップページ > 注目情報 > 発表情報 > 今月の苦情処理テスト等実施状況(2001年5月分)

[2001年7月6日:公表]

今月の苦情処理テスト等実施状況(2001年5月分)

 平成13年5月の苦情処理テスト等の受入件数は4件であり、テストを実施し回答した件数は、前月までの受入分を含めて5件であった。受け入れの4件は、国民生活センターで受け付けた相談の中からの依頼のもの1件、消費生活センターおよび行政機関からの依頼のもの3件である。商品分類別の内訳では、保健衛生品1件、教養娯楽品3件である。今年度の受入件数の累計は11件となった。

 実施した5件は、国民生活センターで受け付けた相談の中からの依頼のもの2件、消費生活センターおよび行政機関からの依頼のもの3件である。商品分類別の内訳では、住居品3件、被服品1件、車両・乗り物1件である。今年度の実施件数の累計は7件となった。


商品テスト受入件数

テスト受入件数(()内は年度累計件数)
商品分類 食料品 住居品 光熱水品 被服品 保健衛生品 教養娯楽品 車両・乗り物 土地・建物・設備
国民生活センター (0) (0) (0) (1) 1 (1) (0) (0) (0) 1 (2)
消費生活センター
および行政機関
(0) (2) (0) (0) (0) 3 (4) (3) (0) 3 (9)
その他 (0) (0) (0) (0) (0) (0) (0) (0) (0)
(0) (2) (0) (1) 1 (1) 3 (4) (3) (0) 4 (11)

テスト受入商品等

商品名:吸入器

苦情の申出内容

 部品の折損と蒸気発生部に正体不明の付着物がある

商品名:植木ばさみ

苦情の申出内容

 両刃を閉じても刃の先端部が飛び出ている

商品名:喫煙用ライター

苦情の申出内容

 車両の火災の原因となったのではないか

商品名:家庭用テレビゲーム機

苦情の申出内容

 ゲーム機のコントローラー付近が燃えた



商品テスト実施件数

テスト実施件数(()内は年度累計件数)
商品分類 食料品 住居品 光熱水品 被服品 保健衛生品 教養娯楽品 車両・乗り物 土地・建物・設備
国民生活センター (0) 1 (1) (0) 1 (1) (0) (0) (0) (0) 2 (2)
消費生活センター
および行政機関
(0) 2 (2) (0) (0) (1) (0) 1 (2) (0) 3 (5)
その他 (0) (0) (0) (0) (0) (0) (0) (0) (0)
(0) 3 (3) (0) 1 (1) (1) (0) 1 (2) (0) 5 (7)

テスト結果の概要

商品名:扇風機

経緯及びテスト依頼内容

 購入して間もなく、扇風機を転倒させ羽根が破損した。あまりにも簡単に破損したので、品質に問題がないか調べてほしい。

テスト結果の概要

 苦情品に新品の羽根とガードを装備してテストした結果、苦情品は参考品と比べ、転倒しやすい構造であると言える。また、転倒した時に羽根が破損する場合があるため、構造上問題があると言える。

商品名:浄水器

経緯及びテスト依頼内容

 新築時に流し台に設置した浄水器のフィルターを交換後、4日目で水の異臭がひどくなった。メーカーでは原因が糸状菌による二次汚染と言うが、浄水器のフィルターにカビが生えているかどうか調べてほしい。

テスト結果の概要

 苦情発生後、数ヵ月放置された浄水器のフィルターからは、カビが検出されたが、カビから異臭の発生は確認できなかった。しかし、フィルターに残っていた異臭とよく似たカビ臭を発生する細菌が検出されたので、この浄水器の異臭の原因はこの細菌の繁殖による可能性が高い。

商品名:石油ファンヒーター

経緯及びテスト依頼内容

 約5年間使用している石油ファンヒーターに点火し、約30分経過したところ温風吹出口から炎が30センチくらい吹き出した。すぐに火を消したので拡大被害はなかったが、ファンヒーターは使用不能となった。フィルター等のほこりは定期的に掃除をしている。炎が吹き出した異常燃焼の原因を調べてほしい。

テスト結果の概要

 種々の燃焼試験を行ったが異常燃焼は再現されず、燃料消費量や電力消費量にも異常は認められなかった。また、給油部やバーナー、点火プラグなどにも燃焼に支障をきたすような汚れや亀裂は見当たらなかった。使用されていた灯油の品質についてもJISの基準値を満足していた。温風吹出口から炎が吹き出した原因を特定することはできなかった。

商品名:軽自動車

経緯及びテスト依頼内容

 新車で購入した軽自動車。朝、約1時間40分ほど走行したところ、インストルメントパネル付近から発火しているのに気付いた。急いで停車し上着ではたいて消火を試み、さらに近くで粉末消火器を借りて消火した。車両に問題はなかったのか調べてほしい。

テスト結果の概要

 当該車両の焼損範囲は、インストルメントパネル周辺のみであった。電気系統の複数のハーネス類が焼損していたが顕著なショート痕は認められず、ハーネス自体に異常発熱があったとは考えられない。また、オーディオ装置の近傍は最も焼損が激しかったが、オーディオ内部から異常な高熱が発生した形跡は認められなかった。車両側には発火原因と考えられる個所は見当たらなかった。

商品名:ふくさ

経緯及びテスト依頼内容

 ふくさを購入したら包装状態が悪く、白い汚れが付いていた。カビかどうか調べてほしい。

テスト結果の概要

 苦情品を実体顕微鏡により観察した結果、汚れ部分には、木の繊維質と思われる破片が点在していることが確認された。苦情品の汚れの原因がカビである可能性は、極めて低いと考えられる。



発表情報トップページへ

ページトップへ