[本文へ] 消費生活・消費者問題に関する事例や対処方法を紹介しています。

現在の位置 : トップページ > 注目情報 > 発表情報 > 介護契約にかかわる相談の実態

[2000年11月6日:公表]

介護契約にかかわる相談の実態

実施の理由

 2000年4月、介護保険制度がスタートし、介護サービスの利用方法は、措置から契約に転換した。

 介護サービスも消費者契約法の適用対象であり、消費者と事業者間で発生している問題を消費者契約の視点から把握することは、消費者被害を未然に防ぐうえで重要である。

 そこで、「全国消費生活情報ネットワーク・システム(PIO−NET)」に入力されている「介護契約にかかわる相談」内容を整理し、消費者と事業者双方に提供することは消費者被害の予防のみならず被害救済につながる、と判断し相談の実態を公表することとした。



検討内容

  1. (1) 介護サービス相談・相談事項の分類
  2. (2) 介護契約上の問題点の検討


報告書の入手方法

報告書:84頁 定価 800円(消費税込み)
報告書の入手方法等は、調査報告書一覧(出版物の紹介)で案内しています。




本件連絡先 研修生活研究部
ご相談は、お住まいの自治体の消費生活センター等にお問い合わせください。

※[PDF形式]で作成した文書を開くにはAdobe Readerが必要となります。PDF形式の閲覧方法について


発表情報トップページへ

ページトップへ