[本文へ] 消費生活・消費者問題に関する事例や対処方法を紹介しています。

現在の位置 : トップページ > 注目情報 > 発表情報 > どの程度高温? スチーム式クリーナー

[2000年11月6日:公表]

どの程度高温? スチーム式クリーナー

実施の理由

 スチーム式クリーナーは噴出する高温のスチームを利用して洗浄やダニの駆除、殺菌や滅菌などができるとうたっている商品である。しかし昨年度には「高温の蒸気が出ると説明されスチーム式クリーナーを購入したが、使用してみると温度が低いと思うのでテストしてほしい」という2件の依頼が当センターに寄せられたためテストを実施したところ「いずれもうたわれていた温度との乖離が大きい」という結果であった。

 そこで今回は一般消費者が購入可能なスチーム式クリーナーを用いて、実際に噴出するスチーム温度や洗浄性能等の温度に関係する項目に絞った調査を行い、スチーム式クリーナーの実態を明らかにし、消費者へ情報提供することとした。



結果・現状

 価格帯の異なるスチーム式クリーナー4銘柄を用いてテストを行った。

 テストの結果、4銘柄とも噴出口の直近における温度は約100℃であった。また油汚れや畳への使用を想定したテストを行ったところ、油汚れには一定の効果が見られたが、畳に使用した場合には畳の内部の温度はほとんど変化せず、畳表(いぐさ)裏面でも40℃程度であったため、うたわれているようなダニ駆除の効果は期待できないと思われた。



問題点

 4銘柄ともスチーム温度の表示は100℃を超えていたが(幅をもった表示を含む)、中にはカタログと取扱説明書に記載されている温度が一致していない銘柄や、どの部分における温度を示すのか不明瞭な銘柄もあり、その表示内容は消費者の誤解を招きやすいものであった。

 スチーム温度に関する表示は、消費者が使用する際に直接関係のある噴出口での温度を正確に表示する必要があると考えられる。



今後の予定

 噴出するスチームの温度は理論上100℃を超えることはなく、実使用の際には温度が低下していることを消費者に伝え、その使用性についても考慮するようアドバイスする。

 関連業者には、温度に関する表示内容を具体的にし、実際に噴出するスチームの温度を正確に表示するよう改善を要望する。また効能・効果について表示する場合についても、自社で実使用にあったテストを実施し、その効果を確認してから表示するよう要望する。




本件連絡先 商品テスト部
電話 042-758-3165

※[PDF形式]で作成した文書を開くにはAdobe Readerが必要となります。PDF形式の閲覧方法について


発表情報トップページへ

ページトップへ