[本文へ] 消費生活・消費者問題に関する事例や対処方法を紹介しています。

現在の位置 : トップページ > 注目情報 > 発表情報 > 知っていますか? こんな危険 人工日焼けでひどいやけども−日焼けサロンや家庭用の器具で

[2000年7月21日:公表]

知っていますか? こんな危険 人工日焼けでひどいやけども
−日焼けサロンや家庭用の器具で

実施の理由

 人工日焼けによる危害情報は55件寄せられており、98、99年度は、それぞれ年間12件になっている。事業者は人工日焼けについて安全をうたっていることから、利用者はその危険性について認識が乏しいと思われ、中には深刻な被害も少なくない。

  日焼けサロンのほか、スポーツクラブ、エステティックサロン等に併設されているタンニングマシンと、通信販売等で売られている家庭用日焼け器も併せると、日焼け機器で人工日焼けをする人はかなりになると思われる。 そこで、人工日焼けによる危害についてまとめ、注意を呼びかけることにした。



結果・現状

 性別では、女性対男性はほぼ3:1で女性が多く、年代別では、10歳代、20歳代が大半である。危害の内容は、「やけど(熱傷)」と「皮膚障害(やけどの軽い症状が多い)」が大半で、部位は「顔面」と「全身」が多い。

 やけどの症状の現われ方は、日焼け機器で照射後しばらくは特に自覚がないが、半日後、または翌日になってから、腫れ・痛み・水ぶくれなどのひどい症状が現れてくるのが特徴である。



問題点

 医学的には、日焼けは太陽光によるものでも日焼け機器によるものでも、肌や眼にダメージを与えたり、長期間経ってからの皮膚障害の誘因になるという危険性に変わりはないことが明らかにされてきた。

 しかし、日焼けサロン等の案内や家庭用日焼け器の広告などでは、「安心・安全で美しく日焼けできる」という売り込みで、「B波紫外線の多い太陽光による日焼けは有害、A波紫外線中心の日焼け機器は無害または有益」と、紫外線に関して間違った情報を提供している現状がある。さらに危害情報に寄せられた事例では、利用者に対する説明や対応、サービスに問題があるケースもみられる。

 消費者に対して、人工日焼けの人体に与える作用(リスク)を自覚して、慎重に検討するよう呼びかける。



今後の予定

事業者に以下の要望を行う。

  1. (1)人工日焼けの人体に与える作用を、消費者に十分に説明し理解させて行うこと。
  2. (2)日焼けサロン等のサービス施設では、消費者にタンニングマシンの使用方法を十分説明し、使用中の管理を徹底すること。

行政に、上記1の要望を行った旨情報提供を行う。

情報提供先

  • 厚生省生活衛生局指導課
  • 同省行政相談室・通商産業省産業政策局製品安全課
  • 公正取引委員会景品表示監視室



本件連絡先 消費者情報部
ご相談は、お住まいの自治体の消費生活センター等にお問い合わせください。

※[PDF形式]で作成した文書を開くにはAdobe Readerが必要となります。PDF形式の閲覧方法について


発表情報トップページへ

ページトップへ