独立行政法人国民生活センター

検索メニュー

×閉じる

現在の位置:トップページ > 注目情報 > 発表情報 > ポータブルMDプレーヤーの比較テスト結果

ここから本文
[2000年7月6日:公表]

ポータブルMDプレーヤーの比較テスト結果

実施の理由

 小型で高音質のポータブルミニディスク(MD)プレーヤーだが、最近は小型、軽量、長時間連続再生などを特徴とした商品が次々と販売されている。しかし、PIO-NETには部品の耐久性に関する苦情や落下等の衝撃により故障した等の苦情相談もみられ、小型、軽量化の影響で本体の強度が低下していないか懸念される。そこで、小型・軽量をうたった再生専用ポータブルMDプレーヤー6社6銘柄について、音のよさ、使いやすさ、充電時間、再生時間、耐振動性、耐衝撃性、耐久性等についてテストし、消費者へ情報提供する。

結果・現状

 音のよさでは、銘柄間の差は小さいが、中にはノイズが気になるものもあった。携帯のしやすさでは銘柄間に差はみられず、使いやすさの差はリモコンの使いやすさと表示部の見やすさによった。充電池による再生時間はカタログ表示より短い銘柄が多く、中には10%以上も短いものもあった。日常持ち歩くような状況で起きる振動では音飛び等の不具合は起きなかったが、落下衝撃に弱い(故障や不具合が発生)銘柄が多かった。

問題点

 充電池での再生時間がカタログ表示よりも短いものが多く、正確な表示が望まれる。日常的に起きる程度の落下衝撃で故障や不具合が発生したものが多く、改善が望まれる。充電池はメーカーや商品の種類によらず共通で使えるよう、充電池と充電池使用商品ともに充電池の互換性に配慮が望まれる。

今後の予定

 上記3点につき業界へ改善を要望する。

業界の意見 −たしかな目 2000年10月号より− ※2000年9月6日追加

「ケンウッド」

「ケンウッド」より

  1. (1)リモコンに関して
     DMC−L5に使用されているリモコンは、「リモコン全般」に対するユーザーの不満を解消することを前提に開発を進行いたしましたが、弊社調査における「ユーザーの不満点」は主に以下のとおりでした。
    1. (1)ボタンが多く、目で確認しないと操作できない。
    2. (2)ほとんど使わない操作キーがある。
    3. (3)大きく重いため、装着しても外れやすい。
     弊社におきましてはこれらの問題点を解決するため、
    1. PLAY(再生)、STOP(停止)、SKIP UP(曲飛ばし)、SKIP DOWN(曲戻し)の頻繁に使う操作キーに関しては、手探りでも操作のできる円形のシーソーキーを採用いたしました。
    2. 時々しか使用しない、もしくは一度設定してしまったらほとんど操作しない操作に関しては裏モードでの操作(モードキーを使用)といたしました。
    3. リモコンのサイズ・重量に最も影響する表示内容に関しても、ユーザーの生の声に基づいたほんとうに必要な情報のみを表示させることで、小型化ならびに業界最軽量8.2g(発売時)を実現することができました。
     この結果、購入者を対象といたしました、愛用者カード(アンケートはがき)におきましては、高い評価をいただくことができ、リモコンに対する不満点を少なからず解消できたのではないかと思っております。
  2. (2)音質に関して
     ポータブルMDの最大の需要層は、15〜22歳の比較的若い層(弊社調査より)であり、弊社におきましては、こうしたユーザー層が好むソフト・音質に合わせ「若々しく、エネルギー感のある」音作りをしております。ご指摘にありました「高音部分がノイジーに感じられる」といった点は、この部分と思われますが、愛用者カードではよい評価をいただいております。

(株)ケンウッド ホームオーディオ企画部 国内市場セクション セクションマネージャー 宇賀 直哉

「ケンウッド」への商品テスト部の見解

  1. (1)リモコンに関して
    2、3について
     実際の使用時においては、再生早送り・再生巻き戻し操作、リピート設定などの使用頻度は少なくないと考えます。そこで、モニターテストでこの操作を実際に行った結果、御社の銘柄は他銘柄と比べ操作がやや煩雑であったため評価が低いという結果になりました。
     またリモコン表示のわかりやすさについては、他銘柄と比べ表示される内容が少なく、把握できる情報が少ないためわかりにくいという理由で評価が低い結果となりました。
  2. (2)音質に関して
     御社の銘柄は、試聴モニターから高音部について、「詰まっている」「こもる」など、高音に関してあまり満足していない旨の意見があがっていたことから、「高域の音があまりよくない」と表現しました。また「ノイズ」に関しては、無音時や音が小さい時にノイズが感じられたため、「ノイズが気になる」と表現しました。
     したがって、ご指摘の「高音部分がノイジーに感じられる」という評価はしておりません。
     なお音質および使用性に関しては、他銘柄と比較するという方法を採用しています。そのため、御社のユーザーアンケート結果の「満足度」とは異なったと考えられます。

本件連絡先 商品テスト部
電話 042-758-3165

※[PDF形式]で作成した文書を開くにはAdobe Readerが必要となります。PDF形式の閲覧方法について