[本文へ] 消費生活・消費者問題に関する事例や対処方法を紹介しています。

現在の位置 : トップページ > 注目情報 > 発表情報 > 今月の苦情処理テスト等実施状況(2000年2月分)

[2000年4月6日:公表]

今月の苦情処理テスト等実施状況(2000年2月分)

 平成12年2月中の苦情処理テスト等の受入件数は1件であり、テストを実施し回答した件数は前月までの受入分を含めて3件であった。受け入れの1件は、国民生活センターで受け付けた相談の中からテストするものである。商品分類別の内訳では、教養娯楽品1件である。今年度の受入件数の累計は48件となった。

 実施した3件は、すべて消費生活センターおよび行政機関からの依頼のものである。商品分類別の内訳では、住居品2件、車両・乗り物1件である。今年度の実施件数の累計は49件となった。


商品テスト受入件数

テスト受入件数(()内は年度累計件数)
商品分類 食料品 住居品 光熱水品 被服品 保健衛生品 教養娯楽品 車両・乗り物 土地・建物・設備
国民生活センター (2) (3) (0) (0) (0) 1 (1) (0) (0) 1 (6)
消費生活センター
および行政機関
(1) (12) (1) (4) (1) (5) (17) (1) (42)
その他 (0) (0) (0) (0) (0) (0) (0) (0) (0)
(3) (15) (1) (4) (1) 1 (6) (17) (1) 1 (48)

テスト受入商品等

商品名:携帯電話機

苦情の申出内容

 連続待受時間がカタログに比べて短い



商品テスト実施件数

テスト実施件数(()内は年度累計件数)
商品分類 食料品 住居品 光熱水品 被服品 保健衛生品 教養娯楽品 車両・乗り物 土地・建物・設備
国民生活センター (2) (4) (0) (0) (0) (1) (0) (0) (7)
消費生活センター
および行政機関
(1) 2 (12) (1) (4) (1) (4) 1 (18) (1) 3 (42)
その他 (0) (0) (0) (0) (0) (0) (0) (0) (0)
(3) 2 (16) (1) (4) (1) (5) 1 (18) (1) 3 (49)

テスト結果の概要

商品名:スチーム式クリーナー

経緯及びテスト依頼内容

 「180℃の高温スチームで殺菌し、ダニも死滅する」と説明されてスチーム式クリーナーを購入したが、噴出する蒸気の温度が説明された温度よりも低いと思うので調べてほしい。

テスト結果の概要

 取扱説明書には「147℃のスチームの力を利用した製品」とあるが、スチーム吹出口から噴射されるスチーム温度を測定したところ、平均温度は85℃〜100℃で最高温度でも101℃であった。この結果、表示されている温度のスチームが吹出口から噴出していないことがわかった。よって記載されている温度は誤認を与える可能性のある表示といえる。

商品名:小型乗用車

経緯及びテスト依頼内容

 セレクトレバーをバック[R]に入れ、車を駐車スペースに入れた後にパーキングブレーキをかけてレバーをパーキング[P]に入れた。エンジンがかかっている状態で、助手席側から靴を取ろうとした際、急にエンジンが吹き上がりバックへ急発進し、車止めとフェンスを倒して乗り上げて停止した。急発進した原因を調べてほしい。

テスト結果の概要

 アクセルペダルからスロットルバルブまでの各関連機器の調査を行った結果、動作状態に引っかかり等の不具合はなく、エンジン回転数にも問題はなかった。またセレクトレバーの位置表示灯と車の挙動は一致しており、オートマチックトランスミッションオイルにも異常がなかったことから、今回の調査では当該車両に特に不具合な点は認められなかった。

商品名:魔法びん

経緯及びテスト依頼内容

 半年前に購入した魔法びんに沸騰したお湯を満水容量まで入れておいたところ、1時間後くらいに突然大きな音がして中びんが破裂した。魔法びんの中びんの品質に問題がないか調べてほしい。

テスト結果の概要

 同型品の中びんの外観調査及び耐熱・耐衝撃性試験では、中びんの破損につながるような品質上の問題は認められなかった。また苦情品の中びんの口ゴムに強く締付けられていたと考えられる締付け跡が認められたが、同型品の締上げねじを購入時よりも約1回転締上げて実施した試験では中びんの亀裂・破損は起こらなかった。よって当該苦情品が破損に至った原因は不明である。



発表情報トップページへ

ページトップへ