[本文へ] 消費生活・消費者問題に関する事例や対処方法を紹介しています。

現在の位置 : トップページ > 注目情報 > 発表情報 > 今月の苦情処理テスト等実施状況(1999年11月分)

[2000年1月6日:公表]

今月の苦情処理テスト等実施状況(1999年11月分)

 平成11年11月中の苦情処理テスト等の受入件数は3件であり、テストを実施し回答した件数は、前月までの受入分を含めて3件であった。受け入れの3件は、消費生活センターおよび行政機関からのもの2件、国民生活センターで受け付けた相談の中からの依頼のもの1件である。商品分類別の内訳では、住居品2件、車両・乗り物1件である。今年度の受入件数の累計は40件となった。

 実施した3件は、すべて消費生活センターおよび行政機関からのものである。商品分類別の内訳では、保健衛生品1件、車両・乗り物2件である。今年度の実施件数の累計は39件となった。


商品テスト受入件数

テスト受入件数(()内は年度累計件数)
商品分類 食料品 住居品 光熱水品 被服品 保健衛生品 教養娯楽品 車両・乗り物 土地・建物・設備
国民生活センター (2) 1 (3) (0) (0) (0) (0) (0) (0) 1 (5)
消費生活センター
および行政機関
(1) 1 (8) (1) (3) (1) (4) 1 (16) (1) 2 (35)
その他 (0) (0) (0) (0) (0) (0) (0) (0) (0)
(3) 2 (11) (1) (3) (1) (4) 1 (16) (1) 3 (40)

テスト受入商品等

商品名:スチーム式クリーナー

苦情の申出内容

 スチームの吹出温度が低い

商品名:郵便受箱

苦情の申出内容

 角に肩をぶつけて怪我をした

商品名:自動車用タイヤ

苦情の申出内容

 タイヤにコブができた



商品テスト実施件数

テスト実施件数(()内は年度累計件数)
商品分類 食料品 住居品 光熱水品 被服品 保健衛生品 教養娯楽品 車両・乗り物 土地・建物・設備
国民生活センター (2) (3) (0) (0) (0) (1) (0) (0) (6)
消費生活センター
および行政機関
(1) (8) (1) (3) 1 (1) (3) 2 (15) (1) 3 (33)
その他 (0) (0) (0) (0) (0) (0) (0) (0) (0)
(3) (11) (1) (3) 1 (1) (4) 2 (15) (1) 3 (39)

テスト結果の概要

商品名:コンタクトケア用品

経緯及びテスト依頼内容

 ソフトコンタクトレンズを購入し、消毒して中和剤の入った容器に保存して使用していたが、レンズを取り出すと破れていることが3度あった。消毒と保存時に使用する容器に原因があるのではないかと思うので調べてほしい。

テスト結果の概要

 外観観察を行ったところバスケット右蓋に引っ掛かる可能性のあるバリが確認されたが、レンズを擦りつけてみても破れることはなかった。また取扱説明書どおりに洗浄・保存操作をしてみてもレンズが破れることはなく、問題があるとは考え難い。このことから今回の事故は購入時からレンズに傷がついていたか、取扱上のミス等が考えられるが、どちらであるのかは特定できなかった。

商品名:自動車用タイヤ

経緯及びテスト依頼内容

 車検時にタイヤ側面のコブを指摘され、その約2ヶ月後にタイヤの空気が抜けていることに気がついた。コブの部分には亀裂が入っており「タイヤをぶつけたのではないか」と言われたが、タイヤの欠陥ではないだろうか。コブの発生とパンクの原因を調べてほしい。

テスト結果の概要

 外観調査の結果、タイヤには打痕や擦過傷があり、裂傷は内部に貫通していた。裂傷内部ではカーカスの配列等に不具合は見られなかったが、カーカスのコード切れが確認された。このことから今回の事故は、タイヤが大きな衝撃を受けたためにカーカスのコードが切れ、空気圧によりコブが発生し損傷が拡大して裂傷となり、そこから空気が漏洩してパンクに至ったものと考えられる。

商品名:電動四輪車

経緯及びテスト依頼内容

 電動四輪車で坂道を下っていたところ、急に加速して異常な速度となり、坂下にある家のブロック塀に衝突し死亡した。このような場所で運転操作ができないほどの速度まで加速した原因を調べてほしい。

テスト結果の概要

 JISの「電動車いす」を参考に当該車両による走行テストを行った。その結果、下り坂では平坦路走行時に比べてやや速度が加速されたが、動作上の異常は認められず事故原因を特定することはできなかった。しかし、下り坂における最高速度を小さくすることや、クラッチが解除された状態でも車両を制動できる機構を加える等、事故を防止するための改善がなされることが望ましい。



発表情報トップページへ

ページトップへ