[本文へ] 消費生活・消費者問題に関する事例や対処方法を紹介しています。

現在の位置 : トップページ > 注目情報 > 発表情報 > 今月の苦情処理テスト等実施状況(1999年8月分)

[1999年10月4日:公表]

今月の苦情処理テスト等実施状況(1999年8月分)

 平成11年8月中の苦情処理テスト等の受入件数は6件であり、テストを実施し回答した件数は、前月までの受入分を含めて6件であった。受け入れの6件は、すべて消費生活センターおよび行政機関からのもの6件である。商品分類別の内訳では、住居品2件、保健衛生品1件、教養娯楽品1件、車両・乗り物2件である。今年度の受入件数の累計は31件となった。

 実施した6件は、すべて消費生活センターおよび行政機関からの依頼のもの6件である。商品分類別の内訳では、住居品1件、被服品2件、車両・乗り物2件、土地・建物・設備1件である。今年度の実施件数の累計は28件となった。


商品テスト受入件数

テスト受入件数(()内は年度累計件数)
商品分類 食料品 住居品 光熱水品 被服品 保健衛生品 教養娯楽品 車両・乗り物 土地・建物・設備
国民生活センター (2) (2) (0) (0) (0) (0) (0) (0) (4)
消費生活センター
および行政機関
(0) 2 (6) (1) (3) 1 (1) 1 (3) 2 (12) (1) 6 (27)
その他 (0) (0) (0) (0) (0) (0) (0) (0) (0)
(2) 2 (8) (1) (3) 1 (1) 1 (3) 2 (12) (1) 6 (31)

テスト受入商品等

商品名:電子オーブンレンジ

苦情の申出内容

 操作パネルの樹脂が溶けた

商品名:スチーム式掃除機

苦情の申出内容

 うたい文句どおりの温度になっていない

商品名:コンタクトケア用品

苦情の申出内容

 レンズが破れた

商品名:テレビ

苦情の申出内容

 発火した

商品名:小型乗用車

苦情の申出内容

 エンジンルームから出火した

商品名:普通乗用車

苦情の申出内容

 ウィンカーが戻らない



商品テスト実施件数

テスト実施件数(()内は年度累計件数)
商品分類 食料品 住居品 光熱水品 被服品 保健衛生品 教養娯楽品 車両・乗り物 土地・建物・設備
国民生活センター (2) (2) (0) (0) (0) (1) (0) (0) (5)
消費生活センター
および行政機関
(1) 1 (6) (1) 2 (3) (0) (1) 2 (10) 1 (1) 6 (23)
その他 (0) (0) (0) (0) (0) (0) (0) (0) (0)
(3) 1 (8) (1) 2 (3) (0) (2) 2 (10) 1 (1) 6 (28)

テスト結果の概要

商品名:3層鋼ステンレス鍋

経緯及びテスト依頼内容

 4年前に同一メーカーの片手鍋と両手鍋を2組購入し、昨年から使い始めた。半年くらい使用したところ、柄や取っ手が焦げてぐらぐらしてきた。取っ手や柄の位置に問題がないか調べてほしい。

テスト結果の概要

 火力を最大2300kcal/hにして使用した場合、取っ手取付金具の下面の温度は300℃前後になった。しかし取っ手の取り付け位置が高い同等品では温度がかなり低くなることから、取っ手が取れた要因は直火を長時間受けたことや、鍋底から取っ手までの距離が短いため樹脂部が焼損したことが考えられ、直火が直接当たらないような構造の検討も必要であると思われた。

商品名:エアロビクス用シューズ

経緯及びテスト依頼内容

 新製品のエアロビクス用シューズを購入して使用したところ、横方向に滑りやすく汗の飛び散りが多い時は怖くて思い切り動けなかった。メーカーに申し出たが対応に不信を感じたため、横方向の滑りやすさについて調べてほしい。

テスト結果の概要

 苦情品を含め、市販されているエアロビクス用シューズについて滑り性試験で調べた結果、乾いている場合の縦方向の摩擦係数には多少の差があったものの、申し出にある横方向の滑りについては他銘柄とも大きな違いはなかった。インストラクターによると滑りはレッスン場の温湿度などの影響が大きいとのことであり、滑り性試験やモニターテストからは苦情同型品が滑りやすいとの結論は得られなかった。

商品名:女性肌着

経緯及びテスト依頼内容

 2年位前に通販で購入した肌着を風呂上がりに素肌に着用し、その上にパジャマを着て一晩使用した。その翌日、後身頃のウェスト部分が熱で縮んだような感じにゴワゴワになっていることに気がついた。特に汗をかいた覚えも保温商品を併用していたこともない。一晩の着用で縮み、伸縮性が失われてしまった原因について調べてほしい。

テスト結果の概要

 温かさの程度が苦情品と同じ肌着でテストを行った。この肌着の素材はポリ塩化ビニルで、この繊維が熱や防虫剤などの化学的な影響を受けている可能性について再現テストを行ったところ、摩擦による影響は見られず、熱についても皮膚へ影響のない温度帯では収縮が見られなかった。このため、苦情品が硬化・収縮した原因を特定することは困難であった。

商品名:ドアチェーン

経緯及びテスト依頼内容

 一戸建て住宅の玄関ドア(外開き)を中から閉めようとした際に足を滑らせた。ドア枠においていた左手が滑り、左手中指がドアチェーン受け口の上端にあたり、指の先端を切断した。ドアチェーン受け口の先端の鋭利さに問題がないか、調査してほしい。

テスト結果の概要

 玩具の安全性基準であるST基準に準拠した方法でエッジ部分の鋭さについて調べたところ、苦情品には「危険な縁部」があることがわかった。今回の事例のように、勢いよく体重をかけた状態で指が当たり切断したということを考慮すると、同様の条件がそろえば人体に危害が生じることも考えられることから、苦情品は成人に対しても「危険な縁部」を有するものであったと判断できる。

商品名:自転車

経緯及びテスト依頼内容

 通学用として3年半使用していた自転車。下り坂に差し掛かった5〜6m幅の舗装道路で突然前輪がロックし、進行方向に転倒した。自転車は前輪スポークが一本中心部分から外れ、前後の泥よけは変形しタイヤに接触した状態になり車輪が動かない。前輪がロックした原因を調べてほしい。

テスト結果の概要

 切れていたスポークの断面から瞬間的に大きな力がかかったことが予想される。またフォーク内側とスポークに擦過傷が見られることやスポークが変形していることなどから、前輪ロックは回転中の前輪右側から何らかの異物が入り込んだことが原因で起こったと推定される。

商品名:普通乗用車

経緯及びテスト依頼内容

 中古車で購入し約1ヶ月後の普通乗用車。走行中に交差点で右折し、直線になる時にハンドルを左に戻そうとしたが戻らず、車両が右回転して交差点から約30メートル進んで停止した。停止後に外を見ると、左後輪が交差点内に落ちていた。左後輪が外れた原因を調べてほしい。

テスト結果の概要

 シャフトの破断面に矢はず模様や平行なひだ模様が見られるため、瞬間的な破断と考えられる。タイヤとホイールに損傷が見られ、その裏側のブレーキドラムには割れが入っており、反対側に破断の起点が見られた。このことから、左後輪のホイール部に大きな外力が加わりブレーキドラムが割れ、シャフトが破断したと考えられる。



発表情報トップページへ

ページトップへ