独立行政法人国民生活センター

検索メニュー

×閉じる

現在の位置:トップページ > 注目情報 > 発表情報 > 電球形蛍光ランプの比較テスト結果 −従来の電球と比べ特徴を調べる−

ここから本文
[1999年6月4日:公表]

電球形蛍光ランプの比較テスト結果−従来の電球と比べ特徴を調べる−

実施の理由

 地球温暖化が叫ばれる今日にあって、電球形蛍光ランプの「省エネルギー性」は注目される。そこで、電球形蛍光ランプについて耐久性(明るさの低下)、消費電力、演色性等の性能を調べ、銘柄間で比較した。また、従来型の電球(白熱電球)を参考品としてテストすることで電球形蛍光ランプの特徴を明らかにし、消費者が購入する際に参考となる情報の提供を目的とした。

結果・現状

 うたい文句となっている長寿命、省消費電力に関しては、白熱電球に比べ経済的であることがわかった。しかし、短時間で点滅を繰り返すような使用条件では寿命が著しく縮むためにその性能が発揮されないこともわかった。

 性能面では、照らされたものの見え方は白熱電球に比べ、明るく、鮮やかであるという傾向が見られた。

問題点

 短時間点灯で点滅を繰り返した場合の寿命の縮みかたが激しいこと、点灯時に明るくなるまでの時間が白熱電球に比べて長いこと、初期全光束が表示に比べ著しく低いものがあったことなどが問題点として挙げられる。

今後の予定

 記者発表により、消費者に白熱電球との違いや使用上の注意などを伝える。また、業界団体に対しテスト結果を説明し、内部回路の耐久性や点灯時の全光束の明るくなるまでの時間の短縮などを要望する。

業界の意見 −たしかな目 1999年9月号より− ※1999年8月6日追加

「松下電子工業」

「松下電子工業」より

(1)短時間点滅について
 当社製品はこのテストでは芳しくない結果でした。
 インバータ回路への点滅対策はすでに行っており、対策後の市場クレームはございません。ただし、消灯時間が短いと今回のような結果となります。
 今後のテスト条件としては省エネ、省資源の観点から、消灯時間を長くとるテスト方法もご検討いただきたく存じます。
(2)ランプ効率について
 消費電力、ランニングコストに加え、ランプ効率lm/Wも省エネ条件となるのではないでしょうか。ご検討いただければ幸いです。
(3)試験条件について
 当社白熱電球の寿命時間が定格に対し70%前後と低い結果でした。白熱電球は電源・電圧の上昇は寿命に大きく影響いたしますので、電圧変動には厳重な管理が必要であり、この点にもご配慮くださいますようお願いします。

松下電子工業(株) 照明社民生照明事業部 品質保証部 山本 力夫

「松下電子工業」への商品テスト部の見解

(1)について
 今回のテストでは長時間点灯と短時間点灯での性能の違いが明確になるようにそれぞれの点灯時間を決めました。そのため短時間点灯では5分点灯1分消灯としました。ご意見のように消灯時間は短めでありました。次回のテストの際には今回のご意見も参考にさせていただきます。
(2)について
 今回のテストでは全光束初期値(lm)と消費電力(W)を個別に評価しましたので、ランプ効率(lm/W)での評価は省略しました。ランプ効率につきましては、内容等を調査し、次回のテストで評価項目に加えるかどうかを検討したいと思います。
(3)白熱電球のテスト条件について
 今回の長期間テストにおける長時間点灯の測定では、安定化電源を使用し、電圧変動を抑えるようにしており、その影響は小さかったと考えます。
 しかし、白熱電球の寿命に影響を与える他の条件に関しましては今後とも十分調査し、配慮したいと考えます。

「日立ライティング機器」

「日立ライティング機器」より

 安全表示については、今後の商品にも見やすく、目立つように心がけます。

日立ライティング機器(株) 設計部 設計部長 小川 壮一郎

「東芝ライテック」

「東芝ライテック」より

 「C」評価をいただきました「ランプ本体の注意表示」については、早急に改善します。

東芝ライテック(株) 技術統括部品質保証部 品質保証部長 大熊 俊彦


本件連絡先 商品テスト部
電話 042-758-3165

※[PDF形式]で作成した文書を開くにはAdobe Readerが必要となります。PDF形式の閲覧方法について