独立行政法人国民生活センター

検索メニュー

×閉じる

現在の位置:トップページ > 注目情報 > 発表情報 > 今月の苦情処理テスト等実施状況(1999年3月分)

ここから本文
[1999年4月27日:公表]

今月の苦情処理テスト等実施状況(1999年3月分)

 平成11年3月中の苦情処理テスト等の受入件数は3件であり、テストを実施し回答した件数は、前月までの受入分を含めて6件であった。受け入れの3件は、すべて消費生活センターおよび行政機関からの依頼である。商品分類別の内訳では、住居品2件、被服品1件である。今年度の受入件数の累計は58件となった。

 実施した6件は、国民生活センターで受付けた相談の中からの依頼のもの1件、消費生活センターおよび行政機関からの依頼のもの5件である。商品分類別の内訳では、食料品1件、住居品1件、教養娯楽品1件、車両・乗り物2件、土地・建物・設備1件である。今年度の実施件数の累計は57件となった。

商品テスト受入件数

テスト受入件数(()内は年度累計件数)
商品分類 食料品 住居品 光熱水品 被服品 保健衛生品 教養娯楽品 車両・乗り物 土地・建物・設備
国民生活センター (1) (2) (2) (0) (0) (1) (4) (1) (11)
消費生活センター
および行政機関
(3) 2 (8) (3) 1 (7) (5) (7) (13) (1) 3 (47)
その他 (0) (0) (0) (0) (0) (0) (0) (0) (0)
(4) 2 (10) (5) 1 (7) (5) (8) (17) (2) 3 (58)

テスト受入商品等

商品名:子供用ハイチェア

苦情の申出内容

 股ベルトのスナップが続けて壊れた

商品名:電球型蛍光灯

苦情の申出内容

 発煙

商品名:エアロビクス用靴

苦情の申出内容

 靴底がすべる

商品テスト実施件数

テスト実施件数(()内は年度累計件数)
商品分類 食料品 住居品 光熱水品 被服品 保健衛生品 教養娯楽品 車両・乗り物 土地・建物・設備
国民生活センター (1) (1) (2) (0) (0) (0) 1 (5) (1) 1 (10)
消費生活センター
および行政機関
1 (3) 1 (7) (3) (6) (5) 1 (7) 1 (15) 1 (1) 5 (47)
その他 (0) (0) (0) (0) (0) (0) (0) (0) (0)
1 (4) 1 (8) (5) (6) (5) 1 (7) 2 (20) 1 (2) 6 (57)

テスト結果の概要

商品名:携帯電話

経緯及びテスト依頼内容

 携帯電話機のディスプレイ部の液晶画面に油滴のようなシミが出来たが、自動車用洗浄剤を使用して洗浄中であったので洗浄剤が原因ではないかと思う。メーカーには外圧による破損であるといわれたが納得がいかない。

テスト結果の概要

 電話機内部には洗浄剤が侵入した形跡はなく、液晶画面部分のひび割れ破損の原因は自動車用洗浄剤ではないと考えられる。苦情品の破損状態から落下等の外力が加わった可能性が高いと思われたが、同型品を用いて破損テストを行ったところ、外殻が破損しても内部液晶画面の破損は見られなかったため破損の原因については不明である。

商品名:車載用収納ボックス

経緯及びテスト依頼内容

 車載用収納ボックスに約20kgの荷物を入れルーフ上のキャリアに載せネットで押さえて高速道路を走行中、蓋が飛び後続車にぶつかった。確認したところ、蓋の止め具の片方が一緒になくなっていた。原因について調べてほしい。

テスト結果の概要

 蝶番と止め具を4通りの固定状態(誤使用状態を含む)にして実走行を行ったが、ふたの飛び、浮き上がり、ずれ等確認することができず事故原因を特定することはできなかった。なお、本商品が何らかの理由で蓋の固定状態が正常でなかったとしても、ネットで固定すれば蓋が簡単に飛ぶ可能性は考えにくいので車のルーフに積んで使用しても問題のない商品といえる。

商品名:小型乗用車

経緯及びテスト依頼内容

 雨天時に40km/時で走行中交差点を左折するためブレーキを踏み減速したが、鉄板敷きの路面上だったためかABSが作動して思うように減速できず、曲れず直進した。販売店ではこの車の特性であると言われたが、ABSを装着した他車ではこのような現象は生じなかった。欠陥車ではないかと思われるので調べてほしい。

テスト結果の概要

 ABSの作動はテスト車両間で大きな違いはなく、苦情車のABSが作動しやすいということはなかった。苦情車は急制動停止距離がやや長くなり、支障なく曲れた人の割合も低かった。しかし、苦情品の同型車を調べた場合はこの現象は見られず、苦情品で制動距離が延びた原因は主にタイヤの摩耗によるものと思われる。

商品名:ガス瞬間湯沸し器

経緯及びテスト依頼内容

 台所で2年間使用していたガス瞬間湯沸器が夜中に誰もいないのに突然スイッチが入り、お湯が出っ放しになった。誰もいない時にこのようなことが起きたら危険である。原因を調べてほしい。

テスト結果の概要

 手元操作ボタン部分の分解調査をしたところ、はんだ付けのリード線が外れていたり腐食がみられたが、端子間のショートや水分によるショートで湯沸器が作動することはなく、苦情の状態と同様の状態は発生しなかった。また、接点部分についても変形やショートの痕跡はなく原因については不明である。

商品名:健康茶

経緯及びテスト依頼内容

 通販で健康茶を2点購入したが飲むたびに下痢をした。緩下成分のセンノシドが入っていないか調べてほしい。

テスト結果の概要

 2点のうち1点はセンノシドが検出されなかったが、もう1点の粉末茶からセンノシドが検出された。添付スプーン小盛1杯(苦情同型品に表示された通常飲用法)で1回あたりの薬用量の7割となる。苦情者の利用方法は不明であるがこのセンノシドが下痢の原因となった可能性がある。

商品名:炊飯ジャー

経緯及びテスト依頼内容

 4年前に蓋を取り外して洗えるという炊飯ジャーを使用していたところ蓋の内部に水が溜まった。腹痛が度々あったことから滞留水の衛生面と水の侵入箇所を調べてほしい。

テスト結果の概要

 当該品の蓋の内部の滞留水の衛生面については、長時間放置した場合には細菌が発生する可能性があるが、炊飯中の熱によって細菌が死滅するため、滞留水が腹痛の原因となる可能性は低い。