[本文へ] 消費生活・消費者問題に関する事例や対処方法を紹介しています。

現在の位置 : トップページ > 注目情報 > 発表情報 > 今月の苦情処理テスト等実施状況(1998年12月分)

[1999年2月4日:公表]

今月の苦情処理テスト等実施状況(1998年12月分)

 平成10年12月中の苦情処理テスト等の受入件数は6件であり、テストを実施し回答した件数は、前月までの受入分を含めて5件であった。受け入れの6件は、すべて消費生活センターおよび行政機関からの依頼である。商品分類別の内訳では、被服品1件、保健衛生品1件、教養娯楽品3件、車両・乗り物1件である。今年度の受入件数の累計は45件となった。

 実施した5件は、国民生活センターで受け付けたものが1件、消費生活センターおよび行政機関からの依頼のものが4件である。商品分類別の内訳では、被服品1件、光熱水品1件、車両・乗り物が2件、土地・建物・設備1件である。今年度の実施件数の累計は42件となった。


商品テスト受入件数

テスト受入件数(()内は年度累計件数)
商品分類 食料品 住居品 光熱水品 被服品 保健衛生品 教養娯楽品 車両・乗り物 土地・建物・設備
国民生活センター (1) (1) (2) (0) (0) (0) (3) (1) (8)
消費生活センター
および行政機関
(1) (4) (3) 1 (6) 1 (5) 3 (7) 1 (11) (0) 6 (37)
その他 (0) (0) (0) (0) (0) (0) (0) (0) (0)
(2) (5) (5) 1 (6) 1 (5) 3 (7) 1 (14) (1) 6 (45)

テスト受入商品等

商品名:ジャケット

苦情の申出内容

 夜光るとうたっているが光らない

商品名:化粧クリーム

苦情の申出内容

 ステロイド剤が入っていないか

商品名:携帯電話

苦情の申出内容

 液晶にひびが入った

商品名:電話機

苦情の申出内容

 水漏れで通話不能

商品名:園芸用土

苦情の申出内容

 注射針の混入

商品名:シートベルト

苦情の申出内容

 はずれやすい



商品テスト実施件数

テスト実施件数(()内は年度累計件数)
商品分類 食料品 住居品 光熱水品 被服品 保健衛生品 教養娯楽品 車両・乗り物 土地・建物・設備
国民生活センター (1) (1) (2) (0) (0) (0) (4) 1 (1) 1 (9)
消費生活センター
および行政機関
(2) (5) 1 (2) 1 (3) (4) (4) 2 (13) (0) 4 (33)
その他 (0) (0) (0) (0) (0) (0) (0) (0) (0)
(3) (6) 1 (4) 1 (3) (4) (4) 2 (17) 1 (1) 5 (42)

テスト結果の概要

商品名:タイヤチェーン

経緯及びテスト依頼内容

 購入したばかりのイタリア製タイヤチェーンを初めて装着して走行したところ、右後部で異常音がした。点検したところ、チェーンがタイヤの内側にもぐり込み激しく絡んでブレーキおよびサスペンション付近が損傷していた。輸入元は装着方法が間違っていたあるいはRVに一般車両用のチェーンを使用したことが原因ではないかというが納得できない。原因を調べてほしい。

テスト結果の概要

 誤装着、急発進、スピードの出しすぎ、強度不足など可能性はいくつか考えられたが事故時の状況、装着方法が不明であったことなどから原因の特定はできなかった。ただし、締めつけ部品がきれた状態で走行した場合はチェーンがずれて車体と接触する可能性があることが確認できた。また表示ではRVへの装着を禁止する記載はなく、不適切なチェーンを装着したとはいえない。

商品名:給湯器付強制循環ガス風呂釜

経緯及びテスト依頼内容

 設置してから2年間使用し、一時期使用を中断した。使用を再開したところ8ヶ月は使用ができたがその後点火しなくなった。修理を依頼したところ、リレーケースごと交換した。通算3年弱の使用で故障することは納得できない。原因を調べてほしい。

テスト結果の概要

 分解調査を行った結果、基板上のコンデンサーに過熱の跡が見られたことから原因はコンデンサのショートによるものと考えられる。ショートの原因は数年間使用出来たことと異常電圧が印加した形跡等が認められないことから絶縁性の経年劣化によるものと思われる。劣化の原因を特定することはできなかった。

商品名:手芸用ロウ

経緯及びテスト依頼内容

 ロウで花を造るため、材料の手芸用ロウを鍋に入れ蓋をしてコンロで10分間温めて溶かした。様子を確認しようと蓋をあけたところ、鍋のロウが燃え上がり顔や手に中度傷の火傷を負い、さらに台所の一部が燃えた。発火に至るまでの経緯を調べてほしい。

テスト結果の概要

 苦情品の融点引火点発火点は一般的なロウの範囲に含まれるものであったが燃焼試験では発火する可能性を確認することができた。蓋をして加熱をしたため蓋をあけた際にすでに蒸気が充満していて引火したか、既に発火点に達していたことも考えられる。ロウの引火点等は植物油より低く加熱には注意が必要である。表示が一切なかったが、連絡先、注意表示等が必要であると思われる。

商品名:軽乗用車

経緯及びテスト依頼内容

 3車線の普通道右端を走行中、音も感覚もなく左によっていき直角に近い回り方をして真ん中の車線を走っていた後続車とぶつかった。ナックルアーム、タイロッドエンドエンドのねじ部が折れていたが、メーカーではぶつかったことが原因で折れたといわれた。納得がいかないので調べてほしい。

テスト結果の概要

 タイロッドエンドのねじ部は破面に疲労破断に見られるビーチマークが観察されたため疲労破断と判断される。ナックルアームはビーチマークなどなく脆性破断(一発破断)と判断される。走行中のタイロッドエンドの疲労破断等の結果、前輪が制御不能となり車が左に寄っていき後続車に衝突されナックルアームが脆性的に破断したと推定される。

商品名:バッグ

経緯及びテスト依頼内容

 輸入雑貨店で購入した1万円の布製のハンドバッグを10ヶ月程度使用した頃から臭いがきつくなり、使用できなくなった。購入店から陰干しをするように、また脱臭剤を入れるようにいわれたので実施したが、臭いがとれず布が縮んでしまった。接着剤のカビではないかといわれたが、悪臭の原因を調べてほしい。

テスト結果の概要

 臭いの原因はバッグの表地の裏側に使用されている接着芯の接着樹脂(酢酸ビニル系と推定される)が劣化したことにより、分解生成物が生じ臭いが発生したものと思われる。劣化の原因は樹脂自体の経時劣化の他に保管環境や使用状況、また、これらの要因が複合して劣化に至ったとも考えられるが、バッグの履歴が不明であるため劣化原因の特定は困難であった。



発表情報トップページへ

ページトップへ