[本文へ] 消費生活・消費者問題に関する事例や対処方法を紹介しています。

現在の位置 : トップページ > 注目情報 > 発表情報 > 今月の苦情処理テスト等実施状況(1998年8月分)

[1998年10月6日:公表]

今月の苦情処理テスト等実施状況(1998年8月分)

 平成10年8月中の苦情処理テスト等の受入件数は4件であり、テストを実施し回答した件数は、前月までの受入分を含めて6件であった。受入れの4件は、国民生活センターで受付けた相談の中からテストするものが3件、消費生活センターおよび行政機関からの依頼が1件である。商品分類別の内訳では、住居品1件、光熱水品1件、車両・乗り物2件である。今年度の受入件数の累計は25件となった。

 実施した6件は、すべて消費生活センターおよび行政機関からの依頼のものである。商品分類別の内訳では、住居品1件、被服品1件、保健衛生品が2件、車両・乗り物が2件である。今年度の実施件数の累計は23件となった。


商品テスト受入件数

テスト受入件数(()内は年度累計件数)
商品分類 食料品 住居品 光熱水品 被服品 保健衛生品 教養娯楽品 車両・乗り物 土地・建物・設備
国民生活センター (0) 1 (1) (1) (0) (0) (0) 2 (3) (0) 3 (5)
消費生活センター
および行政機関
(1) (3) 1 (1) (2) (4) (3) (6) (0) 1 (20)
その他 (0) (0) (0) (0) (0) (0) (0) (0) (0)
(1) 1 (4) 1 (2) (2) (4) (3) 2 (9) (0) 4 (25)

テスト受入商品等

商品名:ガソリン

苦情の申出内容

 不純物等品質に問題ないか

商品名:チャイルドシート

苦情の申出内容

 誤装着したときの事故時の危険性

商品名:小型乗用車

苦情の申出内容

 急発進

商品名:ガスバーナー

苦情の申出内容

 バーナー火口の反対側から炎が出て火傷



商品テスト実施件数

テスト実施件数(()内は年度累計件数)
商品分類 食料品 住居品 光熱水品 被服品 保健衛生品 教養娯楽品 車両・乗り物 土地・建物・設備
国民生活センター (0) (0) (1) (0) (0) (0) (2) (0) (3)
消費生活センター
および行政機関
(2) 1 (3) (0) 1 (2) 2 (4) (1) 2 (8) (0) 6 (20)
その他 (0) (0) (0) (0) (0) (0) (0) (0) (0)
(2) 1 (3) (1) 1 (2) 2 (4) (1) 2 (10) (0) 6 (23)

テスト結果の概要

商品名:吸入器

経緯及びテスト依頼内容

 喘息で入院した女性が退院後、吸入器を使用していたが体調を崩し死亡した。体調を崩したのは吸入器が原因ではないかと思う。吸入器の本体に亀裂が入り給水カップが変形・白濁していた。亀裂と変形・白濁の原因を調べてほしい。

テスト結果の概要

 同型品の新品で通常状態での使用を300回繰り返したが苦情品のように給水カップが変形・白濁することはなかった。また本体についても亀裂の再現はしなかった。なお、給水カップが白濁した原因については、切片で各種のテストをした結果等から、高温の水蒸気が底部にあたったためであると考えられる。

商品名:自動車用部品

経緯及びテスト依頼内容

 新古車で購入した普通乗用車。平成10年3月にタイヤ専門店でアルミホイールを購入し装着してもらったが、2週間後走行中に異常音がしたので降りてみるとハブボルトが2本折れていた。ディーラーは締め付け方に問題があるのではないかといっているが、販売店は強度に問題があるという。ハブボルト折損の原因を調べてほしい。

テスト結果の概要

 ねじ周辺にやや強い衝撃によるものと思われる割れと周辺に沿って進行した跡が認められた。また、ねじ溝周辺に沿って、円心方向に細かい割れが入っていたほか、平坦部で多数のビーチマークが観察された。以上のことからねじ周辺の割れはナットの強い締め付け等により生じた後、ハブボルトにかかった繰り返し応力により疲労破壊が進行し破断したものと推定される。

商品名:婦人洋服

経緯及びテスト依頼内容

 半年ほどタンスに保管した洋服の3点が部分的に変色した。洋服は扉の内側にある鏡に接触して吊るしてあった。保管中、ほとんど開閉せず、タンスのある部屋では石油ストーブを1日4時間程度毎日使用していた。洋服の変色した原因を調べてほしい。

テスト結果の概要

 外観調査から空気に触れやすかった部分に変色が生じていたことから、何らかのガスに触れて、長時間晒されたかあるいは高濃度ガスに晒されたため、変色しやすい素材だけが変色に至ったものと考えられる。ガスの種類については変色部の抽出液からは塩化物が確認され、再現試験では酸化窒素ガスの可能性が高かったが、特定はできなかった。

商品名:普通乗用車

経緯及びテスト依頼内容

 中古で購入した普通乗用車を運転し自動車のタイヤが橋の欄干あたりにあたった時、左後輪タイヤの根元から折れた。購入時からひびが入っていたのではないか。原因を調べてほしい。

テスト結果の概要

 破損したハブキャリアの破面を観察した結果、徐々に破断した時に見られるような痕跡は観察されず、一挙に破断したと推定され相談者が申し出ている「購入時から折れた部位にひびが入っていたのではないか」とは考えにくい。

商品名:電気丸ノコ

経緯及びテスト依頼内容

 電気丸ノコをスタンドに取り付けて1回あたり20〜30分で5〜6回使用した。3回目の頃からスイッチが入らないことがしばしば生じた。電気丸ノコのスイッチの不具合の原因を調べてほしい。

テスト結果の概要

 同型品での再現テストの結果、短時間(約3時間)でスイッチ操作ができなくなった。分解して調べたところ細かな木の切粉がスイッチ操作部に入っていることが確認できた。直接結線するとモーターが正常に動いたことから原因は木の切粉が入り込んだことであると考えられる。電気丸ノコは木の切粉など埃の多い所で頻繁に使うことが通常なので、適切な防塵処置が必要であると考えられる。

商品名:コンドーム

経緯及びテスト依頼内容

 コンドームを使用後、見ると先端部分が破れていて液はなくなっていた。妊娠が心配される。苦情品の強度および品質について調べてほしい。

テスト結果の概要

 苦情品の同包品および同型品についてJISによる強度試験および水漏れ試験を行った結果、JIS規格に適合し水漏れも見つからなかった。したがって、同包品および同型品は強度および品質等に問題はなかった。事故の原因については単品不良、装着が不適当、サイズが小さすぎるなどが考えられるが特定することはできなかった。



発表情報トップページへ

ページトップへ